3月25日 アフリカわっしょい! ウガンダ祭り 清洲にて 「なふたうん」ブ-ス出店

清洲では初めての企画だそうですが、ウガンダカフェ・ウガンダのお菓子やさん・ウガンダ料理教室、踊って、うたって、太鼓たたいて皆さんたのしかったようですよ!

フェアトレードのことを知らない人もたくさんみえたようです。ブ-ス出店の甲斐があったというものです。

★ 本日の東日本大震災への募金は4000円。毎月ネパリバザ-ロやレスキュ-ストックヤ-ドへ送金しています。

以下、今日はじめてバザ-参加の「なふたうん」メンバ-角ちゃんの感想です。

■良かったこと
1)大賑わい

・ステージ前と場所に恵まれたこともあり、
 ひっきりなしに人が訪れていました。
 ⇒やはりチョコが人気で、午前に買って、
  午後に再び買いに来られた方もいました。
 ⇒家族連れが多く、チョコ以外にも
  お菓子やかりんとうなど食べ物が人気でした。
  あと、コットンフリスピーが売れたのはびっくり。
 ⇒反面、5時間、立ちっぱなしで、
  他のブースを見る時間が全くありませんでした。
  (個性豊かなステージを楽しめたので良かったですが。)

2)FTを少しでも広めることが出来た

・来場者の8割はFTを知らない人達でした。
 FTをきちんと説明できたのは半分以下に思いますが、
 何も買わなくても、パンフレットを真剣に読んで
 下さる方もいましたし、FTマップも人気で
 壁に掲示してたマップも剥がしてお渡ししました。

■今後に向けて
1)ディスプレイの勉強をしたい

・昔、中小企業診断士の勉強したときに
 少しかじった程度なので、
 一度、きちんと勉強したいと思いました。
 奥が深そうです。

2)FT産品の背景となるストーリーを勉強したい

・あみーごさんの説明を聞きながら、少しは覚えましたが、
 今日の産品の9割以上は、自分で買ったこともないですし、
 背景となるストーリーも含め勉強したいと思いました。
 ストーリーをお話する方が印象に残ると思うからです。

■その他
1)ダンスは楽しい

・ステージはダンスが中心でした。
 自分達も手の空いたときは、手拍子をしたり、
 振り付けをマネしてみたり、身体を動かしてみましたが、
 とても気持ち良かったです。
 会場の一体感も素敵でした。
 みなさん素敵な笑顔で、自分の顔は見れませんでしたが、
 きっと同じような笑顔だったのではと思います。

2)高齢者の方の移動範囲

・来場者は、おじいちゃん、おばあちゃんも多かったです。
 ウガンダ祭りの会場からウィルあいちまで車だと10分ですが、
 風’sを紹介すると、遠くて行けないと何人かに言われました。
 そう考えると、あちこちに出店するのは大切だと思いました。
***********************************************

かくちゃん、アミ-ゴさん、Tokuさん、そしてTokuさんのお友達の方、今日一日ありがとうございました!

踊りって本当に楽しいですね! 喜納昌吉は、祭りは神とつながることだと言ってましたね。歌って、踊って、飛んで、はねて

自然のままに体を動かす気持ちよさ! ネパ-ルの山奥の人や東ティモ-ルやラダックの話など、大地と共に生きている人たちは、みんなことあるごとに踊るそうですね。 ネパリバザ-ロの完二さんが、コ-ヒ-のシリンゲ村までの8時間近くの山登りの途中、村人は休むと歌って踊るのだと話してくれました。

映画「幸福の経済学」でもラダックのみんなが民族衣装をまとい踊っていました。東ティモ-ルの人も輪になり手をつなぎ、足を前へ踏み込み大地に感謝して踊ったりするようです。そんな生活がしたい。大地の上で。

日本でも、昔の人は田植えの時、茶摘みの時など様々な場面でうたい、踊っていた。日本各地で。そんな時代がもどって来て欲しい。アフリカへは行ったことがないのですが、歌と踊りのエネルギ-は素晴らしいですね。南アフリカの他民族音楽グル-プ「アズマ」の歌と踊りを長野県の泰阜村まで見に行ったことがありましたが、圧倒されました。そんなことまで思いだしました。

コメントは受け付けていません。

Search
Archive