‘2013/02’ カテゴリーのアーカイブ

2月15日 大阪にて 近畿カトリック学校連盟社会科倫理部会研究会 フェアトレードは年代を超えて  ~グロカ-カルな生き方指南~

2013/02/15

雨の2月15日、愛知県立南陽高校にみえた先生からのお誘いで、中学高校の先生にフェアトレードを入り口に、生徒たちが世界を見る目をたしかなものにしていった経過をふくめてお話する機会を得ました。

2010年1月に土井ゆきこが南陽高校で1学年全生徒に講演をしたのがきっかけで、Nanyo Company部が発足し、なんと2年間に20回くらい出店など活動を展開しています。若き顧問の先生お二人の情熱があるからこそです。 今回そのきっかけをつくった先生曰わく「それは開発教育と接点を持とうと動き出した3年前には想像もしなかった深まりです」

関西からはフェアトレード・サマサマ小吹さんや、フェアトレード・ショップINEの原さんにも参加をお願いしました。

中学校・高等学校の教師のかた11名が参加、和歌山から参加の先生もみえました。

自己紹介しながら話し合いの場を持ちました。

政治や経済を超えて生き方につながることを知った、東ティモ-ルの学校と姉妹校になろうと考えている、TPPとフェアトレードはどうつながっていくのか、相反するのか、フェアトレードは保護貿易なのか? ワ-クショップの話を聞いて、世界の富の分配を大豆を使ってのワ-クショップをした時の子ども達が印象強く感じたことを思いだした。  どのように違うか数字があると分かりやすい、フェアトレード・ショップのない舞鶴ではどのようにしたらいいのか例があれば知りたい、自分がなにかできないかと今思っている、子どもたちに知らせるモノは何かあるか、寄付や援助ではなく等身大の自立をうながすことが大切、楽しそうに話す講師が印象的など話しあいのなかで質問や感想が出ました。後日アンケ-トもお知らせいただける予定です。

2月16日 新城市 「ESD(持続可能な開発のための教育)とフェアトレード」の講演 

2013/02/14

ちょっと立ち止まって、今の暮らしの歩調をゆるめて考えてみませんか? 

本当の豊かさ、人間の生活を豊かにする本当の幸せってなんでしょう?

フェアトレードは一つのヒント。公正貿易は幸せな経済の軸。

ロ-カルフ-ドは地産地消。

地域の資源を使ったこころ豊かな暮らしをするためのマインドセット(心構え、精神構造)をする機会を!

そんな機会になったらいいなと思っています。

【場所】 新城文化会館 14時~16時 

【会費】 無料

【申込み】新城市役所 環境部 環境課 市民環境講座係まで
  〒441-1392
  愛知県新城市字東入船6番地1
  電 話 0536-23-7677(直通)
  FAX 0536-23-8388
  E-mail kankyou@city.shinshiro.lg.jp

明治-昭和 新城の山あいで稼働 小水力発電 地域資源 可能性探る (中日新聞)

2013/02/14

全国でも珍しい太陽光や水力など再生可エネルギ-普及推進する条例を制定した愛知県新城市。

2013年2月7日21面に中日新聞に紹介されていました。

2012年8月15日のこのブログに紹介しましたように

 「市民(ひと)がつなぐ山の湊(みなと) 創造都市」にフェアトレード推進施策も掲げています。

新城市の福津農園の松沢政満さんは、「有機朝市」は究極のフェアトレードと述べています。

豊橋市内で毎週金曜日に経つ豊橋有機農業の会が主催する有機農産物の朝市は、30年続けている実績をもつ。

有機朝市「いのち つなぐ いちば」は、すべての命の関係性を大切にする小さい有機循環型農業。

こんな魅力的な新城市で「ESDとフェアトレード」の講演に2月16日出かけけてきます。

2月10日スロ-・シネマ・カフェの感想アンケ-ト その2

2013/02/13

*① 女学生から始まった活動として、とても頑張っていると思いました。もう少し活動のコンセプトが伝わる活動だとこれからもっと広がると思いました。
② オモシロいドキュメンタリーだと思います。目的がはっきりしていてわかりやすかったです。現地の様子が分かりやすかったです。
③ 当日参加で参加させていただきありがとうございました。スタッフの方々が良い方ばかりでした。フェアトレードに興味を持ちました。(学生 男性)

*① 私たちと同じくらいの年の女の子があんな活動をしていてすごいなと思った。
② 100%どれいのないチョコレートができればいいなと思う。
③ 今まで知らなかったフェアトレードのこととか活動を知れてよかった。もっとフェアトレード商品が増えていけばいいなと思う。世界が広がった。トニーズチョコロンリーが良かった。(10代女性)

*① 実際に行動することで見えてくる問題もあり。トライ&エラーも大事だが、生身の人間相手だけにどこまでエラーが許されるか?
② “100% Slave Free!”は一歩間違えると欺瞞では?365日監視できないのは明らか。
③ Slave Freeに、強制労働→奴隷労働という表現に変えたとき、インパクトが大きかった。単なる経済の問題ではない。自分の世界観が広がる。(40代男性)

*① カカオ農場での実情改善を入れて考えさせられました。正しく伝える、広める、興味を持ってもらうことは難しいなと思います。だから身近な人から丁寧に伝えたいと思いますし、facebookも活用しています
② メディアの力はとても大きいので、世界の流行や映画など注目を集める場所で宣伝させることは有効だと思いました。
③ 商品の背景を知ろうとする習慣を浸透させたいです。やっぱり平等な世界でありたい。(20代女性)
 
*①若い人たちに現実を知ってもらおう!未来につなげたい!もっと知らせたい!深く知り伝えたい。
②行動に移すこと継続的な行動に広がるが勇気と忍耐が必要
③私はウィルあいちでフェアトレードのチョコ、去年は被災地の方のブローチや牛網の袋とセットになったチョコを友人に配りましたが、それで終わってしまいました。もっとPRすべき、そして知れば行動が(活動に)つながっていくと思い、何ができることをしたいと考えている。まずは女性僧侶の会のネットワークに紹介しようと思います。
もっと各団体、学校とかにPRして上映すると良いかと思います(60代女性)

*①若くてもやろうと思えばやれる。多くの人にフェアトレードを知ってもらえるよう活動を続けてほしい
②面白い。確かに知っていて買うのは犯罪だ。
③チョコレート以外の商品は?(30代男性)

*①ガーナの児童労働だけでなく日本での生活についても考えさせられました。学生たちのACEでの活動はすごく良いことだと思ったのと同時に、フェアトレードについて知らない人に短期間で伝えることは難しいとも感じました。
②1人の気づきが大勢の方に影響する力をすごく実感しました。
③今回参加して、フェアトレードに対する学習意欲が強まりました。参加者の人たちとも意見交換ができて、ためになりました。ありがとうございました。(10代女性)

*① 当たり前の今の生活を当たり前とは思っていけないことを実感。自分も含め反省。学生さんにも見せてあげたいと思いました!
② 疑問を感じたらすぐに行動する。見ていて爽快でしたけど難しい。トニーさんの問題意識を持つその市政と行動力に感動しました。
③ チョコレートとコーヒー美味しいですね!人が人をかえる、人が変わる…て努力と忍耐!(50代女性)

*① あの子どもたちの村に移っていたカカオが実際にフェアトレードチョコになっているのでしょうか?もしそうなら文具や制服を提供しなくても自分で買える世帯が多いと思ったのですが…。あの収穫されたカカオのその後の行程を見たかったです。(学生の帰国後の話は長過ぎ)
② 困難に立ち向かってチョコの販売と市民を動かす力を起こすことに成功させたトニーさんに拍手喝采です。(バレンタイン一揆は無駄ではないけど、ちょっと自己満足…。学生だから仕方がないけど)もうネスレ商品は買いません。
③ コーヒー飲みながら見れたら良かったです。トニーさんのチョコが100%Slave Freeに仕切れない中で、日本で売っているFairTradeチョコが100%fairと言い切れるのかよくわかりませんでした。啓発活動を地道にしてくださっているスタッフの方々に感謝です。”I chooze FairTrade”のような車に貼るステッカーを作ってほしいです
 上映後の話し合いはいらない・・・とちょっとひきましたが、その時間も良かったです(40代女性)

*① フェアトレードを知ってもらうためには違う方法が良かったかも…自分ではできないのに偉そうな意見ですが・・・
② チョコを買うと訴えられる…考えてもみなかったことですが、今後はもっと考えていきたいです。日本でも変えるのでしょうか?
③ もっと世界で起きていることを知っていくきっかけになりました.(30代女性)
 
*① フェアトレードについて興味はあったけど、生産地の現状は知らないことが多く、現地の労働していた人や、支援している人たちの話が印象的でした
② 行動の方法にも、このような方法があることを知った
③ フェアトレード、児童労働などを知る方法として映像は、とてもわかりやすかったです(20代男性)

*① 一生懸命な女の子たちの姿が素敵でした。私も身近なところで呼びかけたい。すばらしい取り組みでした。行動するための元気をもらいました。
② 今も奴隷労働によってチョコレートがあること、ショックでした。チョコレートはとてもおいしいもので、でも原料を生産している人が苦しんだり、殺されたり、そういうものであっては決していけない。
③ ありがとうございました。私も何か動いてみたいと思えた機会でした。私も周りの身近な人と来年の今頃にみたい。(30代女性)

最後のメッセージがとても良かったです。誰もが、誰かのためにと思いやることができれば愛あふれる世界になると思いました。
難しい問題について、わかりやすく、おもしろく作られていてよかったです。(40代女性)

2月26・27日「春一番映画祭り」開催!  3月20日映画と講演「生きる力を求めて」中村久子の生涯 ウィルあいちにて開催

2013/02/13

ウィルあいちで開催される映画情報2つ

2月26・27日「春一番映画祭り」←詳しくは

 

②★★★3月20日映画と講演「生きる力を求めて」中村久子の生涯★★★

「人の命とはつくづく不思議なもの。

確かなことは自分でいきているのではない。

生かされているのだということです。

どんなところにも必ず生かされていく道がある。

すなわち人生に絶望無し。

いかなる人生にも決して絶望はないのだ。」  中村久子の言葉

【申込み】 NPO法人ホロス健康センタ- (フェアトレード・ショップ風”sにも前売り券あり)

      TEL 052-981-2846  FAX 052-981-2588

【会費】 1000円

2月11日中日新聞朝刊に「スロ-・シネマ・カフェ」が紹介されました。

2013/02/11

2月10日バレンタイン企画スロ-・シネマ・カフェ44名参加+スタッフメンバ-6名参加計50名

2013/02/10

ちょっと明るいスロ-・シネマ・カフェ、日本家屋ゆえにすきま風がはいるスロ-・シネマ・カフェ

そんな環境でスタ-トしました。環境も徐々に整えていく予定ですが、この現状を受け入れていただきながらのスロ-・シネマ・カフェ。キット次回はみなさま暖かい格好できてくださるのではないかと思います。

上映後のフェアトレード・ティ-タイム、ちょっと苦手風に思っていた方も「よかったよ」とアンケ-トにありました。やっぱり思いを共有するっていいですね。ただ見たら帰る映画館とは違い、上映後 暖かいお茶を手にして語る思い、聞く思い、それぞれ感じることでなにかほっと暖かさも感じられるのではないでしょうか。

アンケ-トより①「バレンタイン一揆」を見ての感想 ②「トニ-ズチョコロンリ-」を見ての感想 ③スロ-・シネマ・カフェ全体の感想

*①毎日のように食べているチョコレートがどのような過程を経てできているのか知ることができて、とてもよかったです。そこには映像で見たような貧しい村の人達の手が必ず加わっているのだということを改めて実感しました。女の子たちが頑張っている姿を見て、これから自分に何ができるのか考えて行動していきたいと思いました。

②フェアトレード、児童労働のないチョコレートというものを知ってから完全に児童労働がないものがいいのだと思っていました。しかし最後にあったように、もちろん完全になくせたら素晴らしいけれど、もっと大切なのは、その目的を達成するために努力し続けることが大切なのだと気づきました。

③こういう会に参加するのは初めてで少し勇気がいりましたが、参加できて色々なお話を聞くことができて、とても良かったです。(20代女性)

*①娘たちがもう少し大きくなったら一緒に観たいと思いました(3,6才姉妹)
全く知りませんでした!!。

②びっくり。もっと知りたいけど、オランダ語・・・。
③知っている、分かっている、と、行動に移すことが伴うよう、できることから少しずつ自分なりにやっていきたいと思います。(30代女性)

*①カカオについて考えされられて、いろんな人に知ってほしいと思いました。そして、自分自身ももっと勉強してよりよく人々に知ってもらう方法を考え実行できたらと思いました。
②私もトニーズチョコロンリーを食べたいと思いました。また、海外でこんな素晴らしい活動があって、驚きました。
今日、スローシネマカフェに来て本当に良かったと思いました。フェアトレードについて、カカオ、児童労働、チョコレートについて考えさせられました。そしてこのinputから何ができたらと思いました。

③上映の内容、そして様々な人と話せたことがよかったです。(10代女学生)

*①実際にチョコレートの原料ができる過程を映像を通してでも見て知ることができ、今日来て良かったなと思いました。ガーナの子供達の気持ちを聞いて、今の自分の生活にとても感謝を感じることができました。

②行動力が素晴らしいと思ったし、街中で広げて意識を高めていくことは良いなと思いました。

③児童労働やフェアトレードの知識をより深めてサークルの中でも行動にうつし、私たちも日本で何かできたらと思いました。現地の人の生の声が聞けて、すごい意識が高まったと思う。(10代女学生)

*①子供に見せたいです

②企業を動かすのは大変だけど、諦めては終わり!と感じました。

③風の家のように情報と人が集まる場所が街に一軒ずつあったら、世の中変わりますね!!(40代女性)

*①名前(一揆)を検討した方がいいのでは。

②素晴らしい活動だと思います。

③初めて参加して良かったです。(50代男性)

*①児童労働については知っていましたが、女子高生がガーナを訪れたというところが現実的で分かりやすいと思いました。

②面白い!!。また見たいです。裁判てのがいいです。トニーチョコ食べて見たいです。(60代女性)

*①実際に現地で体験したこと、感じたものを形にしようと行動した彼女たちの気持ちにうるっとしました。今もなにからしらの形で活動をしていたらいいな。刺激になりました。
②食べたいっ!!
③フェアトレードというもの自体、名前しか聞いたことがなかったので、今回少しでも体で感じることが出来て良かったと思います。ありがとうございます。)(20代女性)

*①高校生があそこまで活動していたのに感動しました。と同時に現実はキビシイなと思いました。
②買うことも同罪だと言って、製造から手掛けたのはすごいなと思いました。
③一次産業の現実を広めるのは難しいと思いました。(30代男性)

*①プロセスが大切という気づき、良かった
②面白かった(50代男性)

*①楽しみながらフェアトレードを伝えることが出来るのでいい企画だと思った。琴子さんは60人しかと言っていたけど、その60人が親しい1人に伝えたら120人になる!。このやり方で自分達も周りに伝えて行きたいと思った。職場で回覧用のカタログをぜひ作りましょう!!
②日本でここまでできるのだろうか?。難しいよね。でも日本でもメディアでもっともっと取り上げて欲しいと思う。
若い学生たちが現地での体験も含めて、企画した「バレンタイン一揆」とジャーナリスト トニーの「トニーズチョコロンリー」対照的な二本立てでよかった!(50代女性)

*①恥ずかしいですが、フェアトレード自体知らなかった。とても勉強になりました。買う側、企業側の責任の重さを痛感した。
②大企業ですら奴隷のない保障をしない出来ない姿勢にはがっかりしたのとともに、問題の大きさに心が痛かった。
③フェアトレードを人に広めたいと思う(30代男性)

*①女の子3人は本当に素晴らしい体験をされたと思います。生産

者と消費者の間にある意識の違い、そこに気付かされたのは何より大きかったです。「バレンタイン一揆」は思い通りにいかなかったと落ち込んでいた彼女ですが、とてもとても大きな一歩、意味のある行動だったと思います。
②日本では考えられない大胆な行動で驚きました。3%の割合(もっと大きいかも)が生産者を苦しめている。もっと多くの人がこの映像を見るべきだと思います。
③新聞でなふたうんの記事を見つけ、参加を決めました。大学のときにフェアトレードを知り、興味を持っていましたが、なかなか具体的な行動を起こせずに情けなく思っています。今後、少しずつ活動に関わっていければうれしいです。(30代女性)

 

2013年2月8日(金)17時3分ごろ~CBCラジオ「夕刊アッキ-!」 フェアトレード・ショップ風”sで生中継!

2013/02/08

バレンタイン・チョコセット他いろいろあり!

バレンタインのこの季節にフェアトレード・チョコの話を伝える事ができました。昨年に引き続き2回目です。

私たちはこの地球に住み、世界の人たちと同じ空気を吸っています。水も空気も循環しています。

このバレンタインデ-に「幸せ」も循環できたらいいなと思っています。

美味しいチョコの材料を作っている発展途上国の人々が、貧困ゆえに子どもが過酷な労働のもとにカカオ農場で働いています。カカオ農場だけではなくコ-ヒ-農園でも綿の農場でも「児童労働」と呼ばれる子どもたちの体も心もむしばむ状況が

2億1500万人いるといわれています。

私たちの日常の生活の中で、食べたり飲んだり服を着たりする私たちは、誰かを犠牲にしていないかこのバレンタインデ-に考えていただけたらいいなと思っています。

 フェアトレードは、農薬や化学肥料を使わず、児童労働による材料も使っていません。遺伝子組み換えも使いません。

労働にみあった賃金の支払いをすることなど、対等なパ-トナ-シップで貿易をしています。

 みなさんは、フェアトレード・タウンってごぞんじですか? 

フェアトレードの理念を推進していく町のことです。世界には現在1500以上ものFTTがあり

ロンドン・パリ・ロ-マもフェアトレード・タウンです。

地球博~COP10,そしてESD(持続可能な開発のための教育)の会議が2014年に名古屋で開催されます。

ESDを伝えるのに、フェアトレードはとてもいい材料です。

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会が今まで60回以上開催をしてきた国際理解教育、参加型のワ-クショップは、

まさにESDの伝えたいことを伝えてきたと思います。

フェアトレードの理念がひろまり、共に生きる思いがあふれる街、おかげさまで生きていると言う感謝の思いで暮らす街に、

バレンタインのチョコから考えてみませんか?

愛知県庁西庁舎10F売店にてフェアトレード・デ-試飲試食会

2013/02/08

毎月第2金曜日のお昼休憩時間に、フェアトレードの話もしながら、フェアトレード・コ-ヒ-やチョコなどの試飲試食会を開催!

県庁の職員さんたちにもフェアトレードのことを知って頂きたいと思って2012年の5月からこのフェアトレード・デ-を開催しています。

明日の2月第2土曜日は、ウィルあいち(〒461-0061名古屋市東区上竪杉町1)1Fのフェアトレード・ショップ風”s と

B1のレストラン「ウィル」でフェアトレード・デ-開催!

★フェアトレード・ショップ風”sでは、2月9日はフェアトレード・バレンタインチョコを500円以上お買い上げのかたに、翌日から3ヶ月使用出来る10%の風”s 割引券進呈!

★レストラン「ウィル」ではフェアトレード・コ-ヒ-と豆腐のティラミスのデット850円→750円です! 美味しいです!

 またこのセットを注文の方には、風”sの割引券も進呈!

名古屋市東区 民家カフェ 白壁もやい「風の家」にもフェアトレードのチョコレ-ト!

2013/02/07

昨年2012年11月にオ-プンした民家カフェ 白壁もやい「風の家」

ちょっと入りにくいかも??? でも入っていくと……

玄関をあけてどうぞ

フェアトレード・チョコはカウンタ-にあり!

コ-ヒ-・紅茶・ハ-ブティ-も、もちろんフェアトレード

天然酵母パンのト-ストにもフェアトレード・ジャム!

 

名古屋市東区白壁1-30

052-951-5757

 

定休日 毎週月曜日&第2土・日曜日

営業時間9時半~18時半(オ-ダ-ストップは18時)

印が 白壁もやい「風の家」

展示会・講座・ワ-クショップ・Slowシネマカフェなどの企画もあり

 

Search
Archive

You are currently browsing the 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 ブログアーカイブ for 2月, 2013.