5月22日 第3回オーガニックコットンで「エコラップを作ろう!」

2019/05/03

 ★5月22日「エコラップを作ろう!」


ほんとうはラップは使いたくない でも使いたい時もあり。

ではエコラップ!プラスチック問題を考えているあなた!

オーガニックコットンや蜜蜂の話などのミニ講座とティータイムありのワークショップです。

4月11日の様子はこちら→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=21030

【日時】 2019年5月22日(水) 10時~11時半

【内容】 23センチのオーガニック布(フェアトレードのハンカチ)で
蜜蝋を使って何度でも使えるエコラップをつくります。 自然の抗菌作用で野菜が長持ちするそうです。

【会費】1500円(フェアトレードのお茶&お菓子つき)

【定員】5名(3名以上で開催)

【持ち物】エプロン・マイカップ

【会場】 フラワーショップ「種から根っこと葉っぱ」店の教室090-9902-0272
名古屋市中区栄5-12-32 栄サンライズビル1F店舗・401号室事務所&教室
地下鉄 名城線矢場町1番出口徒歩3分(信号交差点を右(東)細い道の方へ、突き当たりを右へ三軒目)

オーガニックフラワーやオーガニックの種も取り扱う花屋さん


【主催】フェアトレード・ショップ風”s

【申込】フェアトレードショップ風”s正文館店(ふ~ず しょうぶんかんてん)

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F奥

052-932-7373 T&F(月休み、12~18時営業)HP : http://huzu.jp/

■■■なふたうん新聞 115号■■■2019年5月1日

2019/05/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 115号      http://www.nagoya-fairtrade.net/

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2019年5月1日

5月第2土曜日はフェアトレード・デー、そして5月はフェアトレード月間で各地で企画があります。

こちらから→http://www.peopletree.co.jp/event/wftd/ の各地のイベントをご覧ください。

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)が2009年6月で発足して11年目にはいります。

なぜフェアトレード・タウンをめざしたか? は「フェアトレード・タウン」新評社や「持続可能な生き方をデザインしよう」明石書店などの共著の本にも書いてありますが、ゆっこりん自身の人生とからみあってスタートし、フェアトレード・タウンになる6つの条件を一つ一つ積み上げ、最後は他のフェアトレード団体と協力してフェアトレード名古屋ネットワークを2013年1月に立ち上げることにより、2015年9月に名古屋はフェアトレード・タウンになりました。

「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」という名前はその後も、真の意味で名古屋にフェアトレードの理念が根付くことを願って活動を続けています。

暮らしのなかで消費者として、また生活者としてどのように生きていくのか考えるキッカケになる「フェアトレード」は世界に視野をむける、また暮らしの足元に目をむけるとても大事なキーワードと思います。

学校教育の場では、英語・社会・家庭科など教科書にも登場し、2012年の「消費者教育基本法」施行により、消費者教育の面からもフェアトレードは注目され家庭科(賢い消費者)、道徳(人権を考える)、国際理解などの授業でのフェアトレード講座の依頼は続いています。

10年を経て「なふたうん」の活動も若者中心にまわり始めました。

今年は、6月15日名古屋国際センターにて

「第4回 フェアトレード・タウンを動かす!元気な若者たちのスピーチ〜SDGsの未来に、買い物で楽しく投票〜」 昨年の様子は こちら→ http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20977

が開催され、講師を招いて学びやワークショップの講座もあります。資金もなにもない「なふたうん」メンバーは相談しあって、学生向けの講座に3万円を募るファンディングをスタートさせました。

ただいま目標額の半分と少し達成しあと12000円(1口1000円何口でも)、5月10日迄募集しています。企画する若者たちに、また参加する若者たちを是非応援して頂きたく思います。

「なふたうん」の構造図紹介→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=21001←このような思いをもって活動しています。

定期講座は、フェアトレード寺小屋・フェアトレード入門講座・手仕事day・も~やっこカフェ・も~やっこシネマなど、フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて開催。バザーにも出店、代表土井ゆきこ他メンバーで「チョコレートの来た道」ワークショップも出前授業として、学校や生涯学習センター環境学習センターなど100回以上開催。講師・授業依頼の連絡は下記まで。

◆なふたうん新聞 目次◆

【1】  「なふたうん」これからの企画
【2】  4月の「なふたうん」活動報告
【3】  関連企画・書籍紹介・映画情報
【4】 フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店・稲武/野入の「風の庭」店のお知らせ

_______________________________

_______________________________
【1】「なふたうん」 これからの企画

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5月18日(土)AM 第3回も~やっこシネマ

 

【時間】10時5分~12時

【会費】900円(要予約)お茶付き・マイカップ持参 定員7名 3名以上で開催

【内容】ファン・デグウォン「Life  is  Peace」with 辻信一DVD上映会

無実のスパイ容疑で逮捕され、13年間独房で過ごす中で、現れた”野草”!?

そこから編み出されたエコロジー思想とは?….草花のきれいな時に見たい作品

・なふたうんメンバー100円割引あり(当日生涯会費500円入会OK)

申込は下記へ

522日「エコラップを作ろう!」

ほんとうはラップは使いたくない    でも使いたい時もあり。

ではエコラップ!プラスチック問題を考えているあなた!

 オーガニックコットンや蜜蜂の話などのミニ講座とティータイムありのワークショップです。

4月11日に開催の様子→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=21030

【日時】 2019年5月22日(水) 10時~12時

【内容】 23センチのオーガニック布(フェアトレードのハンカチ)で

 蜜蝋を使って何度でも使えるエコラップをつくります。   自然の抗菌作用で野菜が長持ちするそうです。

【定員】5名(3名以上で開催)

【会費】 1500円

【持ち物】エプロン・マイカップ

【会場】 フラワーショップ「種から根っこと葉っぱ」店の教室090-9902-0272

         名古屋市中区栄5-12-32 栄サンライズビル1F店舗・401号室事務所&教室

    地下鉄 名城線矢場町1番出口徒歩3分(信号交差点を右(東)細い道の方へ、突き当たりを右へ三軒目)

【主催】フェアトレード・ショップ風”s 申込は下記へ

★5月26日(日)5月フェアトレード月間企画「沖縄カカオプロジェクト発進」講演:土屋春代さん

【時間】13時半~17時

【会費】1000円(当日1500円)お茶お菓子付き・マイカップ持参

【定員】40名

【場所】正文館本店5Fホール 名古屋市東区東片端町49

【内容】20数年ネパールを応援してきたフェアトレード団体ネパリ・バザーロが2017年に、沖縄でカカオを育て、作業所でチョコをつくり、一部収益を3・11震災にあった子らの保養所の運営費にあてる、今わたしたちにできることを問う「沖縄カカオプロジェクト」を発進しました。ネパリバザーロの創設者土屋春代さんが語る「将来に夢があること」「共に夢を追う仲間がいること」が素晴らしいという今の熱き思いを聞いてみませんか!

・なふたうんメンバー100円割引あり(当日生涯会費500円入会OK)

申込は下記へ

=同時開催:5月23日~29日(火)28日は定休日 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて=

           ピープルツリーの新着衣類 試着会 12時~18時

 

★6月15日(土)「第4回 フェアトレード・タウンを動かす!元気な若者たちのスピーチ〜SDGsの未来に、買い物で楽しく投票〜」

詳しくは→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20967

 

・なふたうんメンバー100円割引あり(当日生涯会費500円入会OK)

申込は下記へ

_______________________________
【2】4月の活動報告

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4月6日(土)朝9時半〜12時徳林寺の花まつり初出店

https://m.facebook.com/events/551579852015824/

★ 4月7日AM 手仕事day【時間】10時5分~11時半

4月11日「エコラップを作ろう!」  6人参加(次回は5月22日)

★4月20日(土)AM もーやっこカフェ会議

4月21日AM ミャンマー(ビルマ)難民キャンプへ絵本を届けるワークショップ 4人参加

【3】書籍紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

書籍紹介

『命こそ宝―沖縄反戦の心』(岩波書店、1992年)

『米軍と農民 沖縄県伊江島』(岩波書店、1973年)

 

阿波根 昌鴻(あはごん しょうこう、1901年3月3日 – 2002年3月21日)は、日本の平和運動家。日本のガンジーとも言われ、座って、肩より手を上げないという取り決めをして抗議交渉。戦後、アメリカ施政権下の沖縄の伊江島で米軍強制土地接収に反対する反基地運動を展開、沖縄本島では乞食行進をして伊江島での実情、農民にとって農地がなければ食べていけない、生きるために乞食(托鉢)を決意、乞食することは恥だが、そうさせるアメリカ軍はもっと恥と、アメリカ軍による土地強奪の不当性を訴える。

農民の苦悩に満ちた生き方と、知恵に富み高い道義に立った根気のいる長い必死の闘いがこの2冊に記録されている。自宅敷地内に反戦平和資料館「ヌチドゥタカラ(命こそ宝)の家」を自費で建設。

 

ゆっこりんが反戦平和資料館を訪れた時には、阿波根さんは亡くなられた数年後だったから10年以上前か…。海がとてもきれいでした。今、辺野古の海は、日々泥がなげこまれています。今の沖縄本島も、2冊に書かれた伊江島の日々の暮らしと戦いは、パレスチナの今にもつながります。突然家を壊され、オリーブの木をブルトーザーで倒されるなど、現在も起きている理不尽な出来事に心が痛みます。                   ゆっこりん

_______________________________
【5】フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s「正文館(しょうぶんかん)店」・稲武/野入の「風の庭店」のお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

稲武/野入 民家カフェ「風の庭」5月4日再開!金土日営業(営業日変わりました)URL  kazenoniwa.jp

~街と自然をつなぐ拠点~稲武/野入(豊田市)古民家カフェ「風の庭」フェアトレード豆&自家焙煎珈琲店  http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19794

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアトレード・ショップ風”s正文館店 huzu@huzu.jp

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49 正文館書店本店2F

052-932-7373  T&F (月休み、12~18時営業)

フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)

土井ゆきこ 090-8566-2638

http://www.nagoya-fairtrade.net/ 5月GWは3日~6日まで休み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月・6月「なふたうん」企画これからの予定

2019/05/02

5月・6月「なふたうん」企画これからの予定

★5月12日(日)手仕事day 「ノクシカタ刺繍」

【時間】10時5分~11時半

【会費】700円(お茶付き)当日+200円、ワンコイン割引あり

    マイカップ持参 定員7名 3名以上で開催

【内容】もともと女性たちが使い古したサリー(南アジアで女性が着る一枚布の民族衣装)を
数枚重ねて、ほぐしたサリーの糸で刺し子を施し、肌掛けなどに使用していました。
特別なお祝いには、母親たちが自由な表現で日常生活、夢や希望などをテーマに
手の込んだ「ノクシカタ」を仕上げ、娘の結婚の品などとして贈っていました。
ノクシカタ刺繍でコースターを作ります。

お気軽にご参加ください。

・なふたうんメンバー100円割引あり(当日生涯会費500円入会OK)

申込は下記へ

★5月18日(土)AM 第3回も~やっこシネマ

【時間】10時5分~12時

【会費】900円(要予約)お茶付き・マイカップ持参 定員7名 3名以上で開催

【内容】ファン・デグウォン「Life  is  Peace」with 辻信一 DVD上映会

無実のスパイ容疑で逮捕され、13年間独房で過ごす中で、現れた”野草”!?

そこから編み出されたエコロジー思想とは?….草花のきれいな時に見たい作品

・なふたうんメンバー100円割引あり(当日生涯会費500円入会OK)

申込は下記へ

★5月22日(水)AM 第3回 蜜蝋とオーガニックコットンで「エコラップを作ろう!」  

ほんとうはラップは使いたくない    でも使いたい時もあり。ではエコラップ!
プラスチック問題を考えているあなた!   フェアトレードのオーガニックコットンや蜜蜂の話などの
ミニ講座とティータイムありのワークショップです

【時間】   10時~11時半

【内容】  23センチのオーガニック布(フェアトレードのハンカチ)で
蜜蝋を使って何度でも使えるエコラップをつくります。   自然の抗菌作用で野菜が長持ちするそうです。

以下は2月の教室の様子、豊田市稲武/野入民家カフェ「風の庭」にて

2月16日(土)エコラップ作ってみました!:豊田市野入町 民家カフェ「風の庭」にて

【持ち物】エプロン(または汚れていい服)・マイカップ

【会場】 フラワーショップ「種から根っこと葉っぱ」店の教室

              名古屋市中区栄5-12-32 栄サンライズビル1F店舗・401号室事務所&教室

            090-9902-0272

     地下鉄 名城線矢場町1番出口徒歩3分(信号交差点を右(東)細い道の方へ、突き当たりを右へ三軒目)

【参加費】1500円(要申し込み)

              フェアトレードのお茶とお菓子付き

【定員】  5名    3名以上で開催

【主催】フェアトレード・ショップ風”s

申込は下記へ

★5月26日(日)   5月フェアトレード月間企画

~国内フェアトレードを語る~講演「沖縄カカオプロジェクト発進!」

            http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20872   

【日時】  2019年5月26日(日)13時半~17時

【講師】  土屋春代(ネパリ・バザーロ創始者)

【内容】  30年近くネパールを応援してきたフェアトレード団体ネパリ・バザーロが

            今沖縄カカオプロジェクトを発進しました。

            フェアトレードと沖縄とカカオと東日本震災復興支援の関係とは?

            国内フェアトレードとは?

            ネパリバザーロの創設者土屋春代さんが語る「将来に夢があること」

            「共に夢を追う仲間がいること」が素晴らしいという今のこころもちを聞いてみませんか!

【場所】  正文館書店本店5Fホール

            名古屋市東区東片端町49

【会費】  1000円(当日1500円)マイカップ持参

【定員】            40名

【申込】  https://ssl.form-mailer.jp/fms/ae522230617688

または下記へ

 6月15日(日)

第4回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ

【日時】  2019年6月15日(土) 10:30~17:30

【対象】            一般・小中高校生・大学生・教師・NGO関係者・行政

【内容】            フェアトレードを軸として活躍する若者たち集合&スピーチします!

詳しくは→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20967

【会場】  名古屋国際センター5階第1会議室(名古屋市中村区那古野一丁目47-1)

【参加費】         高校生以下無料、大学生600円、大人800円(当日参加は+200円)

☆フェアトレードのお茶とお菓子付き(マイカップ持参ください)

【定員】            定員:50名(先着順)

【申込】  専用フォームURL: https://goo.gl/forms/ZzvkIe62CDT4zuCd2

フェアトレード・ショップ風“s (ふ~ず) 正文館書店内(月休み12~18時)

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

メール:naftown38+wasp@gmail.com

HP:http//www.nagoya-fairtrade.net/

***************申込は下記まで***************

地下鉄桜通り線「高岳駅」1番出口北に徒歩10分

市バス「東片端」すぐ

フェアトレードショップ風”s正文館店(ふ~ず しょうぶんかんてん)

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F奥

052-932-7373 T&F(月休み、12~18時営業)HP : http://huzu.jp/

■名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)
090-8566-2638  huzu■huzu.jp   (■は@)土井ゆきこ

4月21日AM ミャンマー(ビルマ)難民キャンプへ絵本を届けるワークショップ 4人参加

2019/05/02

今回で2回目の絵本を届けるワークショップは

SVAの活動の一つ

■SVAクラフトエイドとは

人間の尊厳と多様性を尊び「共に生き、共に学ぶ」ことのできる平和(=シャンティ)な社会の実現を目指す、シャンティ国際ボランティア会(SVA)。そのフェアトレード部門であるクラフトエイドより、この春の新しいカタログから商品紹介

絵本を一度も読んだことがない子がいるって事、知っていましたか?

私たちは家庭や地域の図書館、学校などで 幼い頃から絵本に親しんでいますが、世界には紛争や貧困など、さまざまな理由で絵本を一度も読んだことのない子どもがたくさんいるんです!

絵本は楽しいし、読み書きの習得することの助けにもなります。

このワークショップの作業は、あらかじめ本の内容を翻訳した「シール」を貼るだけです。

絵本は 葉祥明さんの「空気さんありがとう」
ミャンマーの難民キャンプへ送ります。


    

 

【イベント報告】
SVAの活動の一つである「絵本を届ける運動」、アジアの子どもたちに絵本を送るために現地の言葉を絵本に貼って届けるワークショップをミャンマーの歴史や難民キャンプに暮らす子供たちの様子を紹介しながら行いました。難民キャンプ内で作られたカレン語の絵本をSVAからお借りしてカレン族の文化について知りました。また、私たちが住んでいる地域の文化についても参加者のみんなで話しました。
=参加者の感想=
難民の定義やミャンマーの難民について知ることができてよかったです。今は、500人程でも、今後、難民が自分の地域に帰った後の支援が増え、多くの難民が帰りやすい環境が整うといいと思いました。カレン語の字を書けたのが面白かったです。かわいい字でした。(女性)
難民ってどういう人だろう?というイメージから、現地の様子を思い浮かべられました。難民キャンプ内でのこども文化祭を通して、それぞれのアイデンティティを確かめらるのは良いことだし、自分の文化は?という問いかけから、気づかないうちに失ってしまう危険もあると思いました。残ってほしい文化はちゃんと表現しなきゃ!(女性)
難民について知っているようで知らなかった。ミャンマーの場所すらあやふやだったので勉強になる会でした。民族衣装も同じ国でも民族ごとにあれだけ違うのも面白いと思います。絵本は日本の子どもだったら普通に見たことがあると思うけど、それはありがたいことだと思った。難民の子どもたちのように見たことがない見る機会を見る機会を持てなった子たちに絵本を届けるお手伝いができたのはとても良かったです(女性)
微力ではありますが、ミャンマーの難民の人たちのために貢献できることに協力することでできてうれしく思いました。(男性)
=絵本を届けるワークショップ進行役みくの感想=
日本では、よく「困っている人」という意味で使われている「難民」。引越し・介護・買い物・就職など、そんな「難民」という表し方に違和感があって、今回のワークショップでは、難民についてもみんなで学びました。絵本を送る難民キャンプには、9つの少数民族が一緒に暮らしています。過酷な環境に置かれながらも、それぞれの文化をお互いに知り、認め合う文化祭は、とても素敵なお祭りだなと思いました。わたしたち自身の文化についても考えさせられました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GWにラオスに出かけてきました。まちが世界遺産に登録されているルアンパバーンに行ってきました。まちの印象は、日本でいう軽井沢や上高地、乾季最後の一番熱い季節だったので、避暑地ではありませんが、少し足を延ばすとタートセーの滝など自然豊かな地区でした。郡内のルアンパバーン図書館では、メコン川流域の75の村の学校に、本を届ける活動をしていました。SVAとは関係ありませんが、ルアンパバーン図書館とCommunity Learning International(CLI)と共働で活動をしているそうです。
図書館内には、子どもたちへ届ける本(学習本(勉強以外にも保健衛生の本もありました)・絵本など)、1冊2ドルで寄付をすることが出来ました。100冊集まると子どもたちへ届けられるそうです。ブックトゥクトゥクやボートライブラリーで村の子どもたちに届けられています。私が訪れた市街地は、観光地化されていましたが、少し郊外へいくとまだまだ、子どもたちが学ぶ環境が整おっていないことを感じました。メコン川流域ならではのボードライブラリー方法だなと思いました

ピープルツリー新着ファッション試着会 5月23日~28日 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2019/05/02

~オーガニックコットンを着る、着てみて知る心地良さと、地球環境のこと~

20190526PT試着会チラシ

シンプルだけど表情がある、スラブ天竺素材の&オーガニックシリーズ他
スラブ天竺とは太い糸と細い糸を織り交ぜた天竺編みで、異なる太さの糸を織り交ぜる事で出る表面が凸
凹するムラ感が特徴です。そしてこの凸凹感は生地が直接肌に触れる面積が減る効果があり、さらっとし
た肌触りとやわらかさを生み出します。光が当たることによる陰影もこの素材ならでは!シンプルなのに
表情のある着こなしにつながります。「&オーガニック」はそんなスラブ天竺の良さを大切にしたこれか
らの季節にイチオシのシリーズ★5 月 26 日は抽選でオーガニックコットンBAG3 名様にプレゼント!
★同時開催=講演「沖縄カカオプロジェクト」5Fホールにて★

 

4月11日 第2回 蜜蝋とオーガニックコットンで「エコラップを作ろう!」  6名参加

2019/05/02

★4月11日(木) 第2回 蜜蝋とオーガニックコットンで「エコラップを作ろう!」  6名参加

ほんとうはラップは使いたくない    でも使いたい時もあり。ではエコラップ!
プラスチック問題を考えているあなた!

 フェアトレードのオーガニックコットンや蜜蜂の話などの
ミニ講座とティータイムありのワークショップ

【内容】  23センチのオーガニック布(フェアトレードのハンカチ)で
蜜蝋を使って何度でも使えるエコラップをつくります。   自然の抗菌作用で野菜が長持ちするそうです。

以下は2月の教室の様子、豊田市稲武/野入民家カフェ「風の庭」にて

2月16日(土)エコラップ作ってみました!:豊田市野入町 民家カフェ「風の庭」にて

【持ち物】エプロン(または汚れていい服)・マイカップ

【会場】 フラワーショップ「種から根っこと葉っぱ」店の教室

オーガニックフラワーやオーガニックの種を取り扱っている店

              名古屋市中区栄5-12-32 栄サンライズビル1F店舗・401号室事務所&教室

            090-9902-0272

     地下鉄 名城線矢場町1番出口徒歩3分(信号交差点を右(東)細い道の方へ、突き当たりを右へ三軒目)

★母の日特集=3000円以上お買い上げのかたに500円の商品交換チケットあり

フェアトレードの産品、チョコ・紅茶なども扱っているお店です。

4月7日 手仕事day  卵の殻を使って カード作り 参加は1名

2019/05/02

★ 4月7日AM 手仕事day【時間】10時5分~11時半

 

【時間】 10時5分~11時半」

【会費】 600円(お茶付き)マイカップ持参 定員7名 3名以上で開催

【内容】 卵の殻を使って カード作り

出会いと別れの季節! 想いをこめて作りました。

フィリピンの「アクセス」の話もあり。(人気のXmas/グリーンカード作成団体)

コツコツ集めた卵の殻を砕く作業は思いの外たいへん。

アクセスのカードを見本にみるとかなり細かく砕いてあります。だから輪郭が上手く出るんですね。

プランテーションで大土地所有者が利益をにぎるフィリピンの農村部。
勝手に農地も使えないので、副収入を得る手段も限られます。

学校へ行けない若者や、母たちの仕事づくりの話から、
自分たちの周りの方々の話まで及びました。
バックグラウンドを知るって大事ですね〜〜

二人で楽しくカード2枚も作ってしまいました!
私は入学祝いに使います〜〜 以上あっこの報告

4月6日 徳林寺花祭りバザーにフェアトレード出店

2019/05/02

徳林寺(名古屋市天白区天白町大字野並字相生 28-341)花祭りバザー

へ念願の初出店〜〜

緑に囲まれ桜の花びらも舞い散る中で、おのずと気持ちもまったり

出店者も多様、来る人も多様。みんな知り合いのようなアットホームな環境でした。

 

 

 

4月14日に「天白こども食堂」でフェアトレードのチョコ作り

2019/04/29

 

天白の子ども食堂でフェアトレードのチョコ作り


 

「なふたうん」メンバーの角ちゃんは天白在住のITサラリーマン。

『フェアトレード入門講座に参加がきっかけで、「なふたうん」メンバーになり、バザー出店を始め、名古屋市・碧南市・豊田市・知多市でフェアトレードのチョコレート作りの講座の案内人としてフェアトレードのお話もしています。

以下は4月14日に「天白こども食堂」でフェアトレードチョコ作りの報告

今回で3回目です。「去年のチョコがとても美味しくて忘れられなくて今年も来ました」と言って下さった
お母さんもいて、嬉しかったです。

小学生以下のお子さんが多いので、お母さんに手を添えてもらいながらも楽しそうにカカオを刻んだり、お気に入りのチョコ型に
チョコを流しこんだりしていました、

チョコを冷蔵庫で固めている間も待ちきれないのか「チョコレート〜」と連呼しているお子さんもいて、思わず笑みがこぼれてしまいました

無事に美味しいチョコレートが出来て良かったです。』

 

★2009年からスタートした「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん」)」★

11年目に入りました。若者たちが中心出活動しています。なふたうん構造図はこちらを見てください→こちら

定期講座は、フェアトレード寺小屋・フェアトレード入門講座・手仕事day・も~やっこカフェ・も~やっこシネマなど、フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて開催。バザーにも出店、代表土井ゆきこ他メンバーで「チョコレートの来た道」ワークショップも出前授業として、学校や生涯学習センター環境学習センターなど100回以上開催。講師・授業依頼は下記土井ゆきこまでご連絡ください。

 

★5月第2土曜日はフェアトレード・デー&5月はフェアトレード月間★

世界中でフェアトレードをアピールする日。
毎年5月第2土曜日に、WFTO(世界フェアトレード連盟:World Fair Trade Organization)に加盟する 世界72ヵ国、323団体(2018年10月)のフェアトレード組織と生産者組織を中心に、 各国でイベントやキャンペーンが同時開催されます。

1995年にヨーロッパのフェアトレード・ショップの連合が運動を開始し、 日本では1999年にグローバル・ヴィレッジ/ピープルツリーが 日本国内のフェアトレード・ショップに呼びかけて約100軒が参加したのがはじまりです。(ピープルツリーHPより)

フェアトレード・ショップ風”sは1999年のフェアトレード・デーから参加、今年で21年目の企画は

5月26日(日)「沖縄カカオプロジェクト発進」講演会、キーワードは”フェアトレード” ”沖縄” ”3・11” ”作業所”などを結びます。詳しくは→こちら

 

★講座・講演・バザーなどお問い合わせ★

フェアトレード・ショップ風”s 正文館店(ふ~ず しょうぶんかん))
〒461-0015 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F052-932-7373 T&F
 (月休み、12~18時営業)
 HP : http://huzu.jp/ 
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)
090-8566-2638  huzu■huzu.jp   (■は@)土井ゆきこ

 

「なふたうん」構造図

2019/04/22

「なふたうん」って何?

「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」の略称です。

名古屋をフェアトレード・タウンにしようと2009年6月にたちあげ

他のフェアトレード活動をしている団体と協働しての運動の成果として

2015年9月に名古屋はフェアトレード・タウン*に認定されました。

 

「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」という名前は

名古屋市民が、フェアトレードの意味を理解し、消費者の立場から地球と共に生きる

「おかげさま」という思いをもって暮らす、真にそのような町になるよう団体名の名前は

・・・しよう会として継続してゆきます。

 

そんな思いで活動をしてきて10年

今、若者たちがあらたに「なふたうん」構造図をかきあげ、仲間を募っています。

6月15日には『フェアトレード・タウンを動かす!元気な若者たちのスピーチ』も企画

【特典付き★なふたうんファンディング募集開始】!

 

 

あなたも「なふたうん」の仲間になりませんか?

なふたうん構造図イメージ20190418 ←こちらをご覧下さい。

 

*フェアトレード・タウンとは………..

行政・企業・学校・NPO/NGO・一般の人など、みんなでフェアトレードを推進していく街のこと。日本では6つの基準を満たすと

「フェアトレード・フォーラム・ジャパン」により認証がえられます。

名古屋のフェアトレード・タウンの運動の流れ

2009年6月

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)発足

2011年11月

名古屋にフェアトレードを広めるための会議 「なふたうん」が1年隔月に開催

2013年1月

フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)発足初代代表 土井ゆきこ

 

 

2019年4月232日現在、39カ 国2175の街などがフェアトレード・タウンです。

ロンドン・ローマ・パリ・マドリッド・リマ・ソウル等首都もタウンです。

日本でも、熊本・名古屋・逗子に続いて浜松市がタウンになり、札幌市・宇都宮市・岐阜県垂井町・三重県いなべ市・和歌山市・岡山市など各地で動いています。

 

 

 

Search
Archive

You are currently browsing the 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 ブログアーカイブ.