ボリビアのカカオ農園「エルセイボ」を訪ねて 報告会 2月17日東京JICA地球ひろば

  1. 平成23年度外務省NGO研究会「フェアトレードを通じた国際協力」海外調査報告会に参加してきました。
ピ-プルツリ-の胤森さんの報告
 
 ピ-プルツリ-の人気のフェアトレード・チョコの材料となっているココアの生産地の一つ、ボリビアの「エル・セイボ」を1月29日に日本を発ち、2月5日帰国の胤森なおこさんの報告を聞きに上京してきました。
 
スイスのフェアトレード団体「クラロ」を通じて、日本のフェアトレード団体であるピ-プルツリ-はチョコレ-トを仕入れ販売しています。今回はクラロのFabio Sagglioca (Monitoring&Producer Support)と日本のフェアトレ-ド・ラベル・ジャパンの松井穣治さんの一行での訪問でした。「クラロ」は、定期的に「エル・セイボ」をモニタリングします。
 
ボリビアのラ・パスにある「エル・セイボ」は今年2月5日で35周年、帰国前に式典に参加されたそうです。参加者700名、副大統領のスピ-チもあったそうです。
 
「エル・セイボ」の活動
・メンバ-生産者から統一価格でカカオ豆を買い上げ、加工・販売(国内・輸出)
・メンバ-へ技術支援、ワ-クショップの開催、技術員による指導
・福利厚生支援、医療保険制度、大学進学の奨学金制度等
 
「エル・セイボ」の組織
・50コミュニティ、1200軒の農家が加盟
・各コミュニティから3名ずつ選出された代表による総会で理事選出
・理事が事務局長および事務局メンバ-を任命
・事務局メンバ-はメンバ-か7その家族 
・ラ・パスの事務所40人 加工工場60人、アルト・ベニの渋事務所は42名
 
「エル・セイボ」の歴史
1960年代 高地の鉱山労働者が鉱山閉山に伴い、肥沃な土地 アルト・ベニへ移住 。政府から無償などにより土地取得した。
・1977年 それまでコヨ-テと呼ばれていた仲買人を通さず、直接市場へのアクセスを求めて組合を結成(ドイツNGOの支援あり)。コヨ-テと呼ばれていた所以は、輸送手段などのない農民の足下を見透かし、買いたたいたり、計量をごまかして買い取ったりしていたから
・1978年 初めての輸出(アメリカ)
・1983年 カカオの加工工場設立
・1984年 オ-ガニック製品の輸出開始(スイス)
・1996年 アグロフォレストリ-(森林農法)プロジェクト(PIAF)開始→苗を無償で農民へ提供
 
「エル・セイボ」の拠点であるラ・パスで働く人々は農民出身で、今は20~30代の2代目が働いている。もう一つの特徴は、チョコやカカオのパッケ-ジなども最終製品まで第一次生産国で作っていて、有料企業の事例になっています。
ピ-プルツリ-のココアはここから直接日本へ輸出しています。
 
ラ・パスの建物は、ショッピングセンタ-のようにもなっていて、賃料収益が10%占めています。法事務所や生地問屋なども入っています。借入金による設備投資などは、政府がバックアップしているようで、政府の保証を得て、銀行から低金利、長期融資が受けられます。
 
ラ・パスは3820mの高地、一方アルト・ベニは200~400mの低地。260Kmの距離があり13時間ほどバスでかかる。1へクタ-ル624本のカカオの木があり、一人の男性の仕事として2へクタ-ル約12000本。下はアルト・ベニにある事務所

アル・トベニの「エル・セイボ」事務所

 
 ・環境の変化を憂う農民達
昨年川が氾濫して、80%収穫が失われた。また乾期は乾期で乾きすぎ、雨期は雨期でヒドイ湿気で病気になるカカオ豆。気候の変化による病害虫発生対策を手探りで経験を積み重ねています。
 
【土井ゆきこのつぶやき】
チョコの材料であるカカオのふるさと「エル・セイボ」は訪ねて見たい生産地。その報告があると聞いて行きたいと思いながらも東京なので迷っていましたが出かけてきました。ボリビアより近いし…..。
 
「エル・セイボ」が35周年と聞いて、2007年にメキシコの「トセパン組合」を訪ねたことを思いだしました。その時が30周年だったので今はちょうど35周年。「トセパン組合」アグロフォレストリ-を始めたのもそのころだったかもしれない。
環境については、
いつもは来ない八リケ-ンが来て、森が被害を受けた話もしていました。あちこちで気候の変化が見受けられます。世界中で起きている気候の変化、特に農作物を作っている人たちには深刻です。そしてそれは私たちの消費生活(製品に)影響します。
日本でもいままでにない雨の降り方など、事例は一つ一つあがってきています。今の暮らしを180度変えても、気象に変化が現れるのは50年後とも言われています。いつ、その方向転換をわたしたちはするのでしょうか?
 
フェアトレードによる、生活の向上ももちろん気になるところですが、地球温暖化にもろに受ける現地の人たちの原因を作っている先進国の暮らしをに気をむけなければいけないのではないでしょうか?
 
 
 

コメントは受け付けていません。

Search
Archive