カフェ TANAKA の 田中パティシエさんがTVでチョコの裏側を語る

「なふたうん」のメンバーが1月14日のTVで見たと下記内容の連絡がありました。

「昨日夕方のニュースでチョコレートのイベントが報告されていました。カフェTANAKA(高島屋などでケーキ販売、名古屋市北区の有名店)のフェアトレードチョコを使ったチョコが紹介されていて、田中パティシエが、チョコの裏の物語を知っていただけたらというようなことを話していました。(子ども相手にチラ見だったので、少ししかキャッチできていません…)
有名なパティシエがそういう意識をもっていることを嬉しく思いました。」

昨年、朝日新聞で紹介された田中千尋さんのお店は、北区にあり自宅のご近所さん。昔からある喫茶店です。改装しながら素敵な店になってきました。 ピアノ演奏もあるし、時々コンサートも開催されます。私も夫と一緒に参加し、ケーキーやお茶も一緒に楽しむことができる素敵な空間です。

秘密を一つ! と言ってもたいしたことはないのですが、タナカに入り、一番奥に中庭に面した窓際の席があります。そこはイタリアの路地裏にはいったような感じの小さな中庭がみえます。以前行った旅行先のアッシジだったか? まるでロミオとジュリエットが語り合ったような井戸のある場所に出会い、たいそうロマンチックになったものです。そんな思い出が蘇る場所は、雨の日がとくにいい。ところが、隣は我が三人息子がお世話になり通った「かぜのこ学童保育」。学童保育のゴチャゴチャとイタリア風の小さな中庭が隣り合わせがおもしろいと、私一人でにやり。

そんなご近所さんの、そして有名になったTANAKAもフェアトレードのチョコレートでメッセージを送っている! なんて素敵なんでしょう。世間は動いていますね。

誰かを犠牲にして成り立つ暮らしを変えましょう! 知ること、想像すること、感じること、どうしてそうなるのか考えること、そして行動すること。バレンタインはフェアトレードのチョコでメッセージ!! フェアトレード・ショップ風”sでも、フェアトレードのかわいい雑貨と一緒にラッピングしたチョコセットが並びはじめました。

■昨年10月に名古屋市立山田高校で「フェアトレードでつながる命」の講演とWSのあとの振り返りシート一部紹介します。

 ・自分たちが普段何ともなく食べているチョコレート、今はもうチョコレートがあるのは普通となっています。今回の話を聞いて、カカオの産地の人達はチョコレートになる原料を栽培しているのに、出来上がったチョコの味は知らなく大変な労働で少しの給料しかもらえない。すごく胸が痛んだ

ぜひ現地の人達に、子供達に「自分の栽培しているカカオはこんないおいしい物になるんだ」と教えてあげたいです。自分が日本に生まれてすごく良かったと思いました。

 ・今回の話で一番心に残ったのはやっぱり子供兵のことでした。まだすごく小さいのに人を殺すという最悪な行為を、しかも純粋な子にそんなことをさせるなんてとても悲しいし、自分が生きているこの世界でこんなことがあるなんて考えられません。

今回はありがとうございました。バスケット好きなK

 ・テスト結果に絶望したSです。今日のこのフェアトレードの話を聞いてすごく発展途上国に対する考え方が変わった。これからは余裕があればフェアトレードで売っている商品を買いたいと思います。もし機会があれば発展途上国に行きたいと思っています。そしてその国の子供達とふれあいと思っています。

今日から少しでも発展途上国の子供達のためになることをしたいです。そして将来一人でも多くの人が笑っていける世界にしたいです。

 ・とても関心が持てました。確かにチョコレートはおいしくて安いからすぐに買えるし、買ってしまいます。それで、どんな人が作っているのかちょっと気になったところもありました。でも、まさかこんなひどい状況のところで作られているとは知りませんでした。チョコはイライラしたりストレスたまったときに食べるとだいぶ気分が良くなります。でも、そんな自分のイライラなんてたいした理由ではないとわかりました。チョコを作っている人なんてイライラどころではないくらい最悪なことをされると思います。でも私には何もできないです。私は今の生活を変えたくないからです。

*******************以上2010年10月 山田高校の生徒さんのアンケートの一部**************

★正直な高校生のつぶやきもあり、その後どうなったのかな~と気にもなりますが、何でも繰り返し繰り返しが大切。毎年バレンタインデーになると伝える児童労働のこと。昨今は新聞もTVも取り上げるようになってきました。ACEをはじめいろいろな人たちのメッセージがつながって大きな流れになってきたのだと思います。でも、まだまだまだまだです。あなたも一人のメッセンジャーになってください。バレンタインデーは、フェアトレードのこと、児童労働のこと伝えるチャンスです。

コメントは受け付けていません。

Search
Archive