コートジボワールで起きていることと、チョコレート

国連UNHCR協会メールニュースより                            2011.01.12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○○●

皆様はイライラしたとき、
自分を落ち着かせるために何をしますか?
 
私の場合は、甘いものを食べる。
特にカカオ80%のダーク・チョコレートは
そんなときの私の大親友です。
 
今、そのチョコレートの原料となるカカオ豆の
値段の上昇が心配されています。
 
それは、カカオ豆の世界市場の40%を占めるコートジボワールで、
隣国リベリアに難民が流出するほどの
政情不安が続いているからです。

チョコレートひとつでも世界ってつながっているのだと
あらためて考えさせられます。

それにしても、2011年こそ
紛争や災害の少ない年になってほしいと、
年の初めに願っています。
 
国連UNHCR協会 事務局長 高嶋由美子

■■今回の内容■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【コートジボワール:UNHCR、リベリアで難民キャンプの設営を開始】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UNHCRは12月31日、コートジボワール難民を保護するために、リベリアで
難民キャンプの設営に入りました。
すでに1万8000人を超える人々がコートジボワールからリベリアに避難した
と言われています。現地入りしているUNHCR職員の話によると、毎日400人
から500人のコートジボワール難民がリベリアにたどり着いており、
その半数以上が女性や子どもたちだということです。

皆様の温かいご支援をぜひお願いします。

続きはこちら

ご寄付はこちらから

コメントは受け付けていません。

Search
Archive