しろいうさぎ と くろいうさぎ の お話

新しい年がめぐってきました。地球は太陽の周りを、自転しながら回っています。その地球のうえで私たちは逆さまにもならず生活をしています。想像してみれば不思議な感じです。不思議いっぱいの世界に住んでいます。

 もっと不思議なのは、地球が滅びる所まで来ているのに、相変わらず大義名分をかかげ戦争をしていること、一方平和そうに暮らしている私たちはず~っと同じ暮らしができると思い、さらにもっといい暮らしを望み、また誰かを犠牲にしていることなど思いもよらず安いものを買い続けること。不思議です。地球あっての私たちの暮らしなのに。

 ■    地球からみれば私たちは微生物

 目にはみえない微生物から北極熊や鯨、ゴリラにいたるまでいのちのつながりに気がつきはじめた人もいっぱいいます。その人達が手をつないでいったら、点は線になり面になっていきます。地球の一つの細胞として意志をもちたいと思う。

 ■つながれてきた命と、つないでいる命の交差点にいる私たち

 地球上に生命が誕生してから受け継がれてきた命と、今この地球上で生命の一つの鎖のなかに生きている私たち、日常生活のなかではなかなか感じることはできないつながりですが、年のはじめに思いを馳せ、これからの時をどのようにすごすか考えてみるのにこの時期には最適です。思いをめぐらす時間ですよ~~~。

 ■    「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」発足して1年半

 2009年11月から始め日々のことを綴っています。フェアトレード・タウンにするための道のりは、新しいコミュニティ再生への道。それは6月7日からはじまった小さなものがたりの綴りです。私、土井ゆきこという小さな細胞が、他の多くの細胞とつながって地球のことを考えています。みなさんも参加してみませんか?

うさぎ年にちなみ、子どもに読み聞かせをしていた懐かしい絵本をとりだしてきました。

うさぎ

 ■しろいうさぎとくろいうさぎ  ガース・ウィリアムズ ぶん え

 (お話)しろいうさぎとくろいうさぎ、二ひきのちいさなうさぎが、ひろいもりのなかに、住んでいました。二ひきは毎日、一日中楽しく遊びました。あるとき、ニひきで遊んでいる最中、くろいうさぎが座り込み、とても悲しそうな顔をします。どうしたのか訊ねるしろうさぎに、くろうさぎは言います。「ぼく、ねがいごとをしているんだよ。いつも いつも、いつまでも、きみといっしょにいられますようにってさ。」二ひきは手を握り合い、たんぽぽの花を摘んで耳にさしました

■「ねえ そのこと、もっといっしょうけんめい ねがってごらんなさいよ」 と、しろうさぎがいうと、 くろうさぎも めを まんまるくして いっしょうけんめい かんがえました。そして こころをこめて いいました。「これからさき、いつも きみといっしょに いられますように!」

しろいうさぎssくろいうさぎss

 

 

■ あなたの思いと行動を、地球の未来のために!  「いつまでも青い地球がありますように!」と願ってみよう! わたしたちも目をまんまるくして。 今年もみなさまににとっていい年でありますように!

コメントは受け付けていません。

Search
Archive