3回連続 国際理解教育ワークショップ「名古屋をフェアトレード・タウンにしよまい」講座

9-13名古屋をFTTにいしょう会

いよいよ3回連続講座の国際理解ワークショップが始まります。
名古屋をフェアトレード・タウンにするためのワークショップです。

いままでもワークショップを重ねてみんなで考えてきましたが、新たな講座です。
一緒に名古屋をフェアトレード・タウンにするために勉強をしませんか?
貧困とは何かにはじまり、世界のことを考え、自らの生活に引き寄せ、行動するためのワークショップ。
学校の先生方にも是非、参加していただきたいワークショップです。

今回はNIED国際理解教育センターの伊沢令子さんがファシリテーターです。強力な味方の出現に、「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」は大変感謝しています!

聞いたことは 忘れる
見たことは 覚える
やったことは わかる
体験したこと、見つけたことは 行動する

★ワークショップの空間は、非日常の自分の登場!

座学ではない、ワークショップの良さ、楽しさがわかる
コミュニケーションの方法も、うっかりわかる
人との出会いの楽しさに、これまたはまる

★一度参加してみることは、人生ツールの何かをつかむことになるかも? お勧めです                                                           土井ゆきこ
日時 :1月31日(日)9時半~12時半 
    2月21日(日)・3月7日(日) の3回 9時半~12時半
場所 :ウィルあいち2FあいちNPO交流プラザ 名古屋市東区上竪杉町1
    名城線市役所駅2番出口東へ徒歩10分
参加費 :3回連続1500円 1回参加700円
定員: 20名(要申し込み)
連絡先 :名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会&GAIA(がいあ)の会
      http://www.nagoya-fairtrade.net/
      フェア・トレードショップ 風”s(ふ~ず) 内 土井ゆきこ
     052-962-5557(T&F)(月休み)
     http://www.huzu.jp/
要申込  huzu■huzu.jp (■は半角@にして下さい)

?国際理解教育ってごぞんじでしょうか?
 ◆WHAT’S 国際理解教育?
   自分との関わりにおいて地球の課題(人権・環境・開発・異文化理解・平和・
  未来など)を包括的に理解し、知識だけではなく、共通の未来・公正な地球社会
  作りに「参加する技術」「参加する態度」を養おうという総合的な教育活動が
  国際理解教育です。
   知識は大切ですが、それ自体が社会に対して責任ある行動を生み出すのでは
  ありません。国際理解教育は、知識そのものよりも得た知識や体験から気付いた
  ことを、どのように活かすことができるかを、共同作業で探ることに重点を置い
  ています。
   そのために、一方通行ではなく双方向の対話形式・参加型(ワークショップ)
  という形で、お互いの知識や経験、気付きから学び合うことを重視します。
  ワークショップは、対等な関係で集まった人々が共通のテーマで考えを深め合い、
  気付きを行動へつなぐプロセスを提供します。
   近年、学校教育においても、社会教育においても、参加体験型学習(研修)へ
  の関心が高まっていますが、参加して学ぶことの良さは第一に。「楽しく学べる」
  ということです。人は「楽しい」と感じる、信頼に満ちた自由な雰囲気の中で、
  最も多くに気付き学べるのです。
   参加型学習は「自ら考える」「協力して創り出す」ことを繰り返し体験する中
  で、コミュニケーションの力、分析的な思考力、合意形成能力、課題解決への
  意欲などが、少しずつ養われることをねらいとしています。
   私たちは「参加のカタチが社会のカタチ。参加のカタチが未来のカタチ。」
  だと考えます。
   NIEDは「自ら学び、参加する力」を養うために、一方通行の知識伝達ではなく、
  互いに学び合いながら「知恵」を育て合う「共育」の場と方法を提供したいと
  考えています。(NIED国際理解教育センターHPより)

コメントは受け付けていません。

Search
Archive