9月13日 中部大学第一高校バザー フェアトレード出店 報告

中部大学第一高等学校は、20年以上前から学校祭でフェアトレード出店をしています。今年はベトナムへ行ったということでベトナムのコーヒーなどを販売。


 

 

フェアトレード商品の販売を行いました。今回はワイワイフェスタの時より品物を増やして臨みました。

 

 

以下感想

もっとフェアトレードのことを沢山の人に知ってもらいたいです。

 

 

 

自分のクラスではフェアトレード商品を売りました。フェアトレード商品は以前、訪問した名古屋のフェアトレードショップ風’sさんから選んだ商品です。文具や小物入れなどのお高い商品は中々売れませんでしたが、それでも接客などを積極的に行い、最後にはかなりの商品が売れました。

 

一高祭にてフェアトレード商品の販売、コーヒー・アールグレイの試飲をやりました。実際にフェアトレード商品を販売してみて、「高い!」や「これ良いね」などいろいろな意見が聞けました。フェアトレードの大切さについて改めて知ることができました

 

名古屋市の風’sまでフェアトレード商品を選びに行きました。お店では、現在フィリピンでバナナの育成方法でのトラブルがあり、買い手と生産者の意見が一致しないことや沖縄で新しい商品を開発している事などを知りました。僕はフェアトレード商品がどのように作られているかが分からなかったのでとてもいい経験になったと思います。

 

事前にフェアトレードを学んで、商品を選び、コーヒーなどは試飲をしてもらいました。フェアトレード商品のコーヒーの味を僕は初めて知りました。安い商品もあれば見た目と違い高い商品もあるが、生徒は安いもの(250〜350円ほど)、大人は1000円ほどの物を買っていて、やはり簡単に買えるものではないと実感しました。あと売るのはなかなか大変でした。たくさん売るには商品一つ一つのいいところを隅々まで紹介し、興味を引く以外に売れる方法はあまりないと思うので、もっと深く学んでおくべきだったと思いました。

 

フェアトレード商品を買ってもらう人の中には、フェアトレード商品について知らない人も多かったのですが、それをしっかりと教えて広めて行くことができたのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

Search