2019年1月19日も~やっこシネマカフェ  4人参加

スロー・シネマカフェとは

カフェで、集会室で、地域で、劇場で。
みんなで観る。感じたことを隣の人と話してみる。
その「場」を共有することで生まれる「つながり」が、新しい時代を創る!
あなたも自分の暮らす、働く、集う地域を拠点に、世界に一つの「スロー・シネマ・カフェ」を開いてみませんか?

ということで開催してきました。

なふたうんの企画としてはすでに20数回、かって東区の民家カフェ「風の家」で開催してきましたが、昨年からオープンした稲武/野入の民家カフェ「風の庭」にて「スロー・シネマカフェ in 風の庭」で新たに再開し3回開催。

そして今年からフェアトレード・ショップ正文館店にて、「も~やっこ・スロー・シネマカフェ」は本日新スタート。隔月の奇数月の第3土曜日午前中にて開催予定。

第1回もーやっこシネマ
記念すべき第1回目は、サティシュ・クマールの『今、ここにいる未来』 4名参加(+ファシ岡本)
上映後の交流タイムより...
・「時間は無限にある」のに、ないように思わされている。時間は買うものになってしまっている(労働時間など)。
・「怒りを堆肥に」というメッセージが身にしみた。
・情報む無限になっている。人間を助けるための機械化が、人間の仕事を奪い、今後AIへ。今よりどんなに忙しくなるのか。
・「結果をすぐ求める」。プロセスを楽しむという視点が斬新だった。
・数多ある社会問題に対し、「食べること」から始めるというのが響いた。30回噛むとパンが胃にくっつく感じも分かる。
・「歩くこと」を大切にしたい。
・観るのは2回目だが、その時々で響くメッセージが違うことが分かった。何度でも観たい!
以上。
もーやっこシネマ今後の予定
2019年
3月 川口由一「自然農というしあわせ」
5月 ファン・デグォン「Life is Peace」
7月 「カンタ!ティモール」
9月 「タシデレ!」祈りはブータンの空に
11月 スラックとプラチャー「音もなく慈愛は世界にみちて」
2020年
1月 ヴァンダナ・シヴァ「いのちの種を抱きしめて」
2月 プランイート

コメントは受け付けていません。

Search