11月10日 名古屋女子大学中学 「チョコレートの来た道」ワークショップ14人 東区正文館ホールにて

名古屋女子大学中学生が名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会のワークショップを受講するようになり今年で4年目。中2年生4名、中1年生11名(内一人欠席)

3回は土井が担当しましたが今年は若手「なふたうん」の岡本がファシリテーターを担当。

彼女自身も大学生の時に「なふたうん」の「楽しく学ぶフェアトレード3回連続講座」を2回受講。縁がありフェアトレード・ショップ風”sと「なふたうん」のメンバーとして活躍しています。

中学1年生が中心にこれだけの学びがあることとても嬉しいです。以下にポスター一部紹介しますが他のポスターも力作でした。

★児童労働や貧困のことが、知れて、私でもなにかできないかなと思いました。子どもたちも働くと聞いて、とてもびっくりしました。チョコレートのことも、くわしく教えていただきありがとうございました。今日は本当にありがとうございました。

 

・子どもたちが貧しく学校に行けない人たちもいて、働き続ける子ども達がすごいなと思った。日本では普通に食べられているチョコレートでも生産している国では食べれず、住めない所や水もない人たちもいるわけだから、生活しているなかで私たちは募金やリサイクルを心がけて貧しい暮らしをしている人たちに少しの力をあげれたらいいなぁと思いました。ありがとうございました。

 

★児童労働など世界で問題になっているけど、自分自身ではなかなか情報が入ってこないのですごく大切な話だと思いました。私たちのような子どもがもっと安全に大切にされることが必要だと思いました。

 

・今日、フェアトレードのことで、児童労働のことなどをくわしく教えてもらって、貧困のことや学校に行けない子のことを考えたら、私たちにできることはないのかなって思いました。なので、これから私たちにできることがあったら実践して行動に移していきたいです。

 

★教え方が分かりやすく、他の人のことを考えることがどれほど大事か分かりました。ていねいに教えてくださり、ありがとうございました!

 

★子どもの頃から働いている人たちのことを考えると、私たちはふつうに生活を送れているけど、送れない子たちもいることを頭にいれて、これから生活していきたいと今日の授業で思いました。とても分かりやすく、たくさんのことを教えていただき、本当にありがとうございました。

 

・貧困は、心の貧しさのことも表すということを初めて知りました。また、相対的貧困が日本の1/6の子どもだということ(→正しくは、「6人に1人が相対的貧困」)を知り、びっくりしました。深く考えることができて良かったです!!

 

★児童労働者の数が1億5200万人もいる事を知り、びっくりしました。日本の人口よりも多い子ども達が働かされていることを知って悲しくなりました。私も自分にできることは何でもやっていこうと思いました。チョコレートおいしかったです。

 

・チョコの作り方が知らなかったので、知れてよかったです。それに、チョコを作るのはやはりむずかしいと改めて思いました。貧困では、この世界には、家がない、食べものがないそれ以上でも初めて知りました。貧困も日本がかかわっているのを知っておどろきました。私が知らないこともおそわってありがとうございました。

 

★チョコなどを普通においしく食べられていたのは、子ども達のおかげで、見えない世界を知らないから、あたりまえということになっていたことに気がつきました。自分には何ができるのかを考えて行動にできたらいいなと思いました。

 

・私たちが今こうして過ごせているのは、児童労働をしている人たちのおかげであると思ったから、その人たちのためにできることをしていきたいなと思いました。

 

・私たちが勉強している間に、貧しい子ども達は危険な仕事をしている、と思うとすごいなと思うし、私だったら怖くてたえれないかもな・・・と思いました。そういう人たちのためにも募金をしたり、リサイクルをしたりしたいです。

 

・世界には、自分が知らない、とても生活に困っている人がたくさんいて、自分たちより小さい子どもでも、児童労働として働かされているのだと知りました。なので、自分にできる事はしようと無駄にしないようにしようと思いました。

 

<ファシリテーター感想>

子どもの権利の話は私からはしなかったのですが感想にあり、びっくりしました。帰りに正文館種汚点2Fのフェアトレード…ショップ風”sでフェアトレード商品を実際に手に取り、買ってくださった学生さんが多かったのでこちらも驚きました。

自分以外の他者、普段の生活で目に見えない存在を意識することはすごく難しいことですが、無関心ではいけないと思ってくれたのだなと思います。商品を見るたびに今日学んだことを思い出してくれたらな、と思います。

学生さんたちには、最後の椅子の片付けなども助けていただきました。(岡本ファシリテーター)

《先生より 訪問後の事後学習成果報告》

 

試験直前の16日(金)に、4名ずつの班に分かれて学習内容をまとめ、ポスター制作を行いました。
生徒たちは自分たちだけで訪問してきたと言わんばかりに、意気揚々とポスター制作にあたり、長時間いきいきとしていました。
これも岡本様や土井様をはじめ、フェアトレードタウンにしよう会のおかげです。
本当に助かりました。
添付した写真はその出来上がりのものです。
現在は、本校図書館の横の壁面に掲示しています。添付ファイルをご覧ください。
::::::::::::::::::::::::::::::
以上先生からの報告でした。

コメントは受け付けていません。

Search