9月16日刈谷デンソーハートフルまつり、フェアトレードブース出店

刈谷のデンソーグループ ハートフルまつりとは……

「こんな気軽な社会貢献があるんだ」と発見したり、「ちょっと私も行動してみようかな」と考えてみたり、新しい仲間と出会ったり…。足を運んでくれたあなたに、会場全体に散りばめられた「想い」を感じてもらう、デンソーグループの社会貢献イベントです。ボランティア活動に取り組むデンソーグループ社員や、地域で活躍する団体・学生が主役になって企画運営しています。 

今年のハートフルまつりのテーマは、「多様性
会場に出展したNPO等団体や、いきいきと活動する社員ボランティア、多様な人々との関わり合いを通じ、よりよい社会を考える一日にしませんか?

と以下のように開催されました。

日時 2018年9月16日(日曜日)10時00分~15時40分
会場 デンソー本社5号館 イベントホール他 【地図】【アクセス
主催 株式会社デンソー
協力 デンソーグループハートフルフレンド
後援 刈谷市、刈谷市教育委員会
お問合せ (株)デンソー 総務部 社会貢献推進室 担当:鈴木
Tel: 0566-61-5482(内線551-40158)   Mail: SYAKAI_KOUKEN@denso.co.jp
備考 入場無料 社内手話サークルによる手話サポートあり(要お問合せ)

10年以上はフェアトレード・ショップ風”sとおつきあいのある刈谷のデンソー

ということは、デンソーの社員さんはフェアトレードについて知る・触れるキッカケを10年以上お持ちなのでなふたうんメンバーがこのハートフルまつりに参加することを楽しみにしていました。

■なふたうんメンバー報告かくちゃんより

9月16(日)はデンソーさんのハートフル祭りに出展してきました。

なふたうんメンバー女性二人の手伝いと、会社の後輩くん夫婦にも手伝ってもらい、賑やかな出店でした。

気持ちの良いお天気でたくさんの人で賑わっていました。
フェアトレードの認知度も高く来場された方との会話も弾みました
やはりチョコが人気で「チョコはまだですか?」と何回も聞かれました。

・英語の教科書にフェアトレードチョコの話が
掲載されていて、娘がどうしても食べたいと言うので、
お越しになった親子がいました。チョコは秋から発売なので9月のハートフルには間に合わず残念。

・今回のメイン講演は尾木ママだったということもあり、LGBT関連の団体も出展されていました。尾木ママの話もLGBTにフォーカスした話だったようです。

・今年は久しぶりの2Fでした。
なんと2Fは1団体だけで、どうなることかと思いましたが、結果としては、ゆっくり話が出来良かったです。

1Fでは、たくさんのブースの中の1つになってしまうのですが、我がなふたうん1ブースのおかげで存在感が強まり、良かったかと思いました。

・社会貢献意識の高い方が多く、次々と手にとって頂けるのでやりがいがありました。フェアトレードの認知度も高めです!
山羊革の眼鏡ケース、オリーブオイル、シアバター、ごまも、胡椒とフェアトレード・ショップ風”s 定番の産品は、ハートフルでも人気でした。

 

コメントは受け付けていません。

Search