3月25日ノクシカタ刺繍ワークショップ5名参加

 

 

ノクシカタ刺繍ワークショップ
「ノクシカタ」は、ベンガル地方に古くから伝わる
、母から娘へ受け継がれる伝統刺しゅうです。
バングラデシュの言葉ベンガル語で「ノクシ」はデザイン、
「カタ」は布という意味があります。
手仕事体験してみました。
【日時】 2018年3月25日(日)11:00~12:00
【内容】 もともと女性たちが使い古したサリー
(南アジアで女性が着る一枚布の民族衣装)を
数枚重ねて、ほぐしたサリーの糸で刺し子を施し、
肌掛けなどに使用していました。
特別なお祝いには、母親たちが自由な表現で
日常生活、夢や希望などをテーマに
手の込んだ「ノクシカタ」を仕上げ、娘の結婚の品
などとして贈っていました。
ノクシカタ刺繍キットを使ってコースターを作りました。
【会費】 ノクシカタキット材料費550円
【定員】 予約申込のみ5名様
【場所】 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず) 正文館店

はじめに、簡単な自己紹介がはじまると、一気になごやかな雰囲気。やはりお話するとしないとでは違います。

フェアトレードの珈琲とチョコもそのお手伝い。

1時間ではほんの枠をステッチするくらいでした。いかにノクシカタ刺繍など手仕事が時間を要するか、また技術のすばらしさなど体験した日でした。

コメントは受け付けていません。

Search