7月22日、立ち止まって『憲法』について考えよう&「通販生活」盛夏号の巻頭特集読んでみよう~

7月22日(土)All Peoples のための 憲法~ミニライブ&トーク・荒井潤とミニ講演・近藤誠~

フェアトレードは、環境・人権・文化・ジェンダーなど生きるすべての事にかかわっています。究極『平和』への道の1本でもあると思う。私達の憲法が生活にどのようにかかわってきているのか、いかに憲法に守られてきたのか、これからどうなるのか7月22日「憲法」の前で立ち止まってみませんか?

 

All Peoples のための 憲法

 http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18703                                                    

~世界から日本へ、日本から世界へ~                                                 

憲法9条の提案者が幣原喜重郎首相当時だったことを知ってますか?                                                     

その提案によってできた日本国憲法は人権、主権在民、戦争はもう嫌だ!を旨としていますが、                                              

それは幣原においても度重なる不戦条約の挫折と戦争の悲劇への反省の賜物だったのです。                                                  

「九条ユネスコ世界記憶遺産登録ネットワーク」運動を2016年5月にスタートさせたのは荒井潤さん                                                 

これからの登録審査にむけて皆さん応援しませんか?                                                   

                                                       

【日時】             2017年7月22日(土)                             

【内容】           ♪~ミニライヴ&トーク 荒井潤(作家)                              

               ♡ミニ講演「若い人に伝えたい希望」                                

              近藤真(岐阜大学憲法)                             

              映像「表現の自由とプライバシー」                                      

【場所】             正文館書店本店ビル5階     ( 名古屋市東区東片端町4-9)                                   

                  ・市バス「東片端」から徒歩1分(目の前停車)                              

                ・地下鉄「高岳」1番出口から北へ徒歩5分                                      

【参加費】          無料(マイカップお持ち下さい100円でフェアトレード珈琲とお菓子)                             

【主催】             憲法キャラバンぎふ・あいち                                   

【連絡先】          フェアトレード&エコショップ オゾン                               

              Tel.Fax.052-935-8738  / ozone@aift.jp(火・水定休)                                 

              または                              

              フェアトレード・ショップ風”s 052-932-7373(月定休)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いま発売中の「通販生活」盛夏号の巻頭特集を読んでみよう~

『改憲国民投票法はおカネのある改憲派に有利だと、その問題点を6頁にわたって指摘している。同法のTVCM問題に絞った指摘だが、安倍改憲の動きが強まっている中で貴重な問題提起だ。同法の問題点は、最低投票率規定がないことや、運動期間が短すぎること、公務員の活動に制限が強すぎること、などなどいろいろ問題が多すぎると思うが、通販生活のこの指摘を読めば、同法が如何に悪法であるかがわかる。この法律の下でおこなわれる国民投票は民意を正しく反映できない。本屋で180円で買える雑誌。発行は(株)カタログハウス』

・・・・・・・・・・・・だそうです。読んでみます。ゆっこりん。

コメントは受け付けていません。

Search