なふたうん新聞92号 Nagoya Fair TradeTown Campaign →NAFTown

なふたうん新聞92号
Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown

2017年6月15日
6月 水の惑星に住む私達

6月は、初夏への幕開けですね。
すっかり「暑い」という言葉がでてしまう季節になりました。
「なふたん」活動の拠点・連絡先のフェアトレード・ショップ風”s正文館店は6月1日で2年目をむかえました。

午後からの営業なので、土または日曜日の午前中は勉強会やカフェや上映会を開催、
「スロー・シネマ・カフェ」「も~やっこカフェ」「ナゴヤFTユースチー夢勉強会」など定期的に開催、この度「フェアトレード入門講座」が復活予定 
2010年のころ50回を超えていて新たに移転後51回目としてスタートする予定。
シネマは不定期に開催しています。
 
さて季節はめぐり一年の折り返しにかかりました。
濃くなる緑に滴り落ちる水滴が地にもぐり川となって流れる水の循環の惑星に私達は住む。
清らかな水をそのままに暮らせたら、心も澄んでいくでしょう。
 
人が生活するということは、空気を汚し、水を汚し、大地を汚し、それらにより自らの肉体も汚染にまみれることになる。
暮らし方によっては、汚染の程度を減らし、自然の循環のもとに体のなかの「生きている」ものが循環し自然の一部となることができると思う。消費が地球の未来を変える。
「消費は投票」しっかり一票一票を大切に、また実際の政治への参加の一票も大切に大切にしたい。
「灰色の朝」(大月書店)*のようにならないためにも。
 
梅雨になればたっぷりの雨の恩恵、度が過ぎる雨もこの頃の特徴=気候の乱れ、地球環境の乱れが今年もあるのか気になります。
気象は今の暮らしの50年後に影響すると聞きました。
50年後の日本の梅雨は「しとしとぴっちゃん」かバケツがひっくりかえったような雨か?
せめて50年後を見据えた暮らしをしてみたい。
七世代先をも見込んだアメリカ先住の民には遙か及ばないが、一人一人の暮らしが今の日本、世界、先の時代につながっている。
 
水がなくては生きられない人間、ちょろちょろと山から流れてくる湧き水、やがて澄んだ水が川や池に流れ、海にたどり着く。
清い水は美しい心にする不思議な力がある。
山や山里を大切にし、命の根源の海を汚さない暮らしはできないものだろうか……..。
 
5月のフェアトレード月間も企画が日本の各地で広げられ、フェアトレード・タウン運動もどんどん日本に広がっているようです。
浜松市のFTTの誕生も間近なようで、四国でも県知事が意欲的、また九州での大学がFT大学に意欲的というニュースも届きます。
 
名古屋がフェアトレード・タウンになったことは大きな影響を及ぼしたと思う。
しかし真にフェアトレード・タウンとして認知されるよう今後も地道な活動「ジミコツ」を続けていきます。
そして若者たちに「フェアトレード」の理念を伝えることが大切で
今年も6月11日に若者同士が刺激・交流しあう場「元気な若者たちのスピーチ」大会、
8月8・9日には愛知県国際交流協会(AIA)と共催でフェアトレード学校開催します。
 
フェアトレード以外にも最近出現の「○○○○タウン」カタカナの言葉がでてきたようです。ムードで進みがちなので混同しないように「フェアトレード」の理念を進めてゆきたいと思う。
フェアトレード・タウンは行政と一緒に進める運動です。
行政の担当者が代わっても部署としてのフェアトレード推進は動じないのが利点であり重要なこと。
「倫理的な消費」は重要なこと。
一人ひとりが平和な暮らしができる世界になるように願っての足元から始めるのがフェアトレード運動です。              ゆっこりん
 

*フランスで100万部突破のベストセラー原著者/Franck Pavloff原著名/Matin brun世界10ヶ国以上で出版。「ごく普通の」国家が、日々の生活に知らぬ間に忍び込み、人びとの行動や考え方をだんだんと支配するようになるさまを描いたショート・ストーリー。
……名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会の企画……

「羽ばたけ、家事使用人の少女たち
~家事使用人という働き方、少女たちの今そして未来は?~」46名参加でした。
【日時】2017年6月18日(日)13:30~16:30
【講師】マフザ・パルビン氏 / シャプラニールダッカ事務所 プログラム・オフィサー
【場所】名古屋大学 国際開発研究科棟 8F オーディトリアム
地下鉄名城線名古屋大学駅歩5分(1番出口より直進、信号手前を右折)
【参加費】無料(フェアートレードコーヒーを提供します。要マイカップ。)
【定員】50名
【申込】シャプラニール愛知ネットワーク              090-9125-8825(裏見)
shaplaneer.aich■gmail.com(■は@)

今年もあります!

フェアトレードの学校      
~若者のための夏期集中講座~  
フェアトレードから世界を学ぶ2日間! 集まれ!若者!
         
【日時】 2017年8月8日(火)・9日(水)10時~17時
【内容】 机上論ではなく、フェアトレードの現場の話が聞ける機会です
  フェアトレードを学ぶと今まで知らなかった世界が見えてくる
  ワークショップや講演を通して、仲間もできる2日間
【場所】 愛知県国際交流協会(中区丸の内2-6-1)
  地下鉄市役所5番出口歩5分  
【参加費】 2日間500円(先着順)マイカップ持参
【定員】 30名(高校生~大学生程度)  
【申込】 052-961-8746    
  koryu■aia.pref.aichi.jp  (■は@)
  愛知県国際交流協会交流共生交流課交流担当岡部

2015年9月に名古屋は世界で1727番目(土井認証)フェアトレード・タウンに日本で2番目になりました。
3番目は2016年7月に神奈川県の逗子市です。
その後も日本各地で活発に動いているフェアトレード・タウン運動は若者たちのエネルギーで動いています。

名古屋も高校生・大学生の活動が活発です。その活動のスピーチ大会が6月11日(日)名古屋国際センター(NIC)で開催されました。​55名+なふたうん9名参加

今年で2回目です。​中学生のスピーチも素晴らしかったです。

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18583

昨年に続き、フェアトレード学校を
愛知県国際交流協会(AIA)と名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の共催で8月8日(火)9日(水)にAIAのアイリス・ルームで開催します。
■■■■イベント報告■■■■

■■5月13日は世界のフェアトレード・デー世界『フェアトレード・デー・なごや2017』に「なふたうん」出店

■■第2回名古屋フェアトレード展示会・韓国ソウルのソンミサンマウル訪問とソウルのフェアトレード事情報告は15名の参加
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18493

■■5月20・21日愛知教育大学祭フェアトレード出店
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18526

■■5月27日ナゴヤFTユースチー夢勉強第4回【5月 オーガニック×フェアトレード 報告】3名参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18511

■■5月27日 講演~フェアトレードの現場を歩く~メキシコで(先住民が)カフェオープン~43名参加 AIAにて
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18509

■■6月11日第2回フェアトレード・タウン名古屋を動かす! 元気な若者たちのスピーチ! 55名+なふたうん9名参加
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18583

なふたうんHP
なふたうんFacebook
なふたうん新聞担当のめぐみんです。新聞を担当していますが、ちょっと仕事が忙しくて新聞をなかなか作れませんでした。遅くなってごめんなさい。
  ワンコインサポーターの皆さんに特典のお知らせ!
「なふたうん」独自企画で予約時申請時は100円引き
予約の際に、ワンコインサポーターであることをお知らせください
また、当日ワンコインサポーターになって頂いた方、当日100円引きます。
ワンコインサポーターも募集中です!
500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたします。
ただいま235名! お申し込みは下記へ
名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(なふたうん)

なふたうんブログ*http://www.nagoya-fairtrade.net
facebook*http://www.facebook.com/nagoya.fairtrade

★フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店★

​​〒461-0015 名古屋市東区東片端49正文館書店本店2F​

052-932-7373 (月休み、12~18時営業)
フェアトレード・ショップ風
http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ

コメントは受け付けていません。

Search
Archive