2月12日 正文館スロー・シネマ・カフェ「銀の雫」26名参加

通算22回、愛知県国際交流協会の「金シネカフェAIA」も含めてたら29回目のスローシネマカフェは、山元加津子さん監督のネパールの映画「銀の雫」で26名の参加でした。

「銀河の雫」上映会

手作りのシネマ・カフェなのでちょっとあたふたとしたところもありましたが以下のような振り返りもありました。

ネパールのフェアトレード・コーヒーやチョコも美味しいというコメントも嬉しいです。

上映後のフェアトレード・コーヒータイム

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
・映像が美しかったです。
・山元さんの語りが聴きやすかったです。優しい語り口です。
・ギータさんの日本語の流暢さには驚きました。ご主人も日本語が上手でした。相当知的能力が高い方だと思いました。日本に留学していたギータさんがネパールに帰国されて活躍していらっしゃる姿にかんどうしました。
・良い映画を観させて頂きましてありがとうございました。
ー60代女性

やさしさも悲しさも怒りも楽しさも時間も平等なはず!もっともっと現実を知って、今のわたしに何ができるかを考えたいです。
ー40代

ギータちゃんの人々は神様で人々が神様だから大切にするという気持ちにそんけいしました。
(イラストつき)
byしゅんと(小学生)

 

今日は人のつながりを強く再確認しました。映画もどんな内容なのか厳しい内容を想像していましたが、とても温かで人間本来のもっている友愛や慈しみの気持ちを感じてじんわり涙が出ました。
また別の映画も観たいなと思いました。
ー守山区30代女性

昔の日本もこんな感じだったんだろうなー、宗教の多様性があるのも日本と同じだなーと思いました。
根っこが同じなのに日本は変わってしまったことも多々あり、ネパールもいつか変わってしまうんだろうか…と思いました。
ー40代女性

「だいじょうぶだから」という言葉がとってもよかった。先の事ばかり考えてしまうけどもう少しおおらかに生きようと思った。
ー50代

昨年、ネパールに行き、人柄に魅かれ、ネパールのファンになりました。
この映画を観て、益々好きになり、もう一度、行きたいと思いました。
ー50代

海外に興味はあったがやはり少し恐怖心もあった。でも今日の映画を観てネパールの人はとても温かいんだと知れたし、恐怖心が減り海外に行きたいという想いが強くなった。
フェアトレードに対しても少しずつ私の周りの人たちに伝えて広げていきたいと思った。
ー19才学生

10年以上前ですがネパール行きました。懐かしく見せていただきました。
地震で寺院がなくなりとても残念ですが、皆さん頑張って生きている姿に日本の東北地震と重なる想いがしました。
信じる心を大切にしたいと思います。
(無記名)

フェアトレードになんとなくですが興味があり、たまにイベントに出かけたりしてました。
まずイベントに出かけることが第一歩だと思って、この先も何か進歩できたらと思います。
ー40代主婦

早川元子さんに誘ってもらって来ました。
イネイトつながりです。
かっこちゃんには以前今池のガスビルでの上映会でお会いしました
あの時と変わらない、かっこちゃんのまっすぐでまっしぐらな姿を久しぶりに拝見して、改めてかっこちゃんパワーを感じました。ありがとうございます。
ー50代主婦

ネパールへ10年ほど前に行ったことがあるため、いろんな記憶がよみがえってきました。ヒマラヤの近くで住む人々。インド人とはまた全く違った彼らの瞳や優しさに心打たれ私自身の人生にも深く変化を与えられたことでした。
自然に一番近い民族なのに、人身売買、貧しいくらしなど、問題はたくさんあり、小林さん(ババ)のような人のように助け合える関係をきづいていけたらと願うばかりです。
ー30代

コメントは受け付けていません。

Search