~地震の前も後もネパールに思いを馳せて~ 3000年前のミティーラ王国に伝わるミティーラ・アート絵画展

ウィルあいち1F展示室にて ミティーラ絵画展

ウィルあいち1F展示室にて ミティーラ絵画展

~地震の前も後もネパールに思いを馳せて~
   3000年前のミティーラ王国に伝わるミティーラ・アート絵画展
【日時】 6/27(土)15:00~7/11(土)15:00まで
ウィルあいち開館は9:00~21:00
【場所】 ウィルあいち1F展示コーナー
名古屋市東区上竪杉町1
【内容】 3千年前、インドとネパールの国境にミティーラ王国がありました。
3千年にわたり、母から娘へと壁画を伝承してきたミティーラアート絵画
の展示と、ジャナカプール開発センター(JWDC)の活動紹介展示の開催
『このすぐれた壁画の伝統は、1934年ビハール州を襲った地震の
被災状況の調査に訪れたイギリスの行政官W.G.アーチャーのよって
報じられていたが、60年代後半、故インディラ・ガンジー首相
ブレーンであったププル・ジャヤカール女史が、この地域の女性の
自立のために伝統壁画を紙に描くことを奨励したことから、
欧米諸国にも広く知られることとなりました。』ミティーラ美術館HPより
★同時開催★
フェアトレード・ショップ風”sにてネパール産品の売り上げ金10%を
展示期間中、募金します。ネパリバザーロ・シャプラニールなど現地直結の
フェアトレード団体へ寄付しています。
地震後日がたつにつれ、フェアトレードの重要性がましてきます。
仕事づくりにつながるフェアトレード産品で、ネパールの人を応援して
して行こう!
【問合せ先】 052-9621-5557  huzu@huzu.jp
【会費】 無料
【主催】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

コメントは受け付けていません。

Search