8月19日朝日新聞夕刊一面に「途上国支援へ認証めざす」

ちょっと表現が、適切ではないのですが、一面に紹介されました。

フェアトレードを紹介する冊子が8月末にやっと、遅れに遅れて、やっと完成。これが朝日新聞の記者さんに手渡っていれば表現も違っていたと思うけれど、伝えることはなかなか難しいことです。

途上国支援というより、「共に生きる」「地球と共に生きる」そのためのタウン運動。

「ESDの理念に重なり」 と紹介があるのはいいけれど、十分伝わっていなかったのが残念に思う。

コメントは受け付けていません。

Search
Archive