8月3日中日新聞朝刊にヨナワールドの「まりんま・りんま展」掲載されました。8月5日迄ウィルあいちにて

■~8月5日(日)の9時~21時まで

現在展示中!  「まりんま・りんま展」ヨナワールド展示 ウィルあいち1F展示室無料

まりんま展1s

ヨナワールドのわいわい常夏 「まりんま・りんま展」によせて

以下 ヨナワールドの施設長佐藤さんのメッセージです。

『今回は「夏と海」をテーマにヨナワールドのわいわい常夏 「まりんま・りんま展」を開催する運びになりました。

暑い暑い日本の夏、そしてその中でも指折りの猛暑の地、名古屋の皆様に少しでも涼を感じて頂ければと

企画しました。「まりんま・りんま展」なぜ「・」が「ま」と「り」の間にあるのか?

メンバーの呼吸、タイミング、思いが何処にあるのか大変迷いました。その中で「ま」と「り」の間に「・」を打ちました。

ちょうどメンバーの【間(ま)】にぴったり「・」を打つ事ができたと思います。

手前味噌ですが、タイトルも展示も満足のいく「まりんま・りんま展」となりました。遊び満載の作品展です。

共に楽しんで頂けたらさいわいです。』 ヨナワールド 施設長

並ぶ手作りデジュリドゥとひまわり

並ぶ手作りデジュリドゥとひまわり

オーストラリアの先住民アボリジニの楽器、ディジュリドゥ*(この展示では紙の筒にデザイン画)鳴るのですよ~~。

*ディジュリドゥ(Didgeridoo またはDidjeridu) は、5~6万年前からオーストラリア大陸で生活していたといわれる先住民アボリジニが今から1000年以上も前 (2~3万年前という説も)から使い始めたと言われる楽器で,世界最古の管楽器ともいわれています。

ディジュリドゥの下に並ぶ布がくるまれた丸いものな~~に?  「ウニ」です。楽しいです!

ひまわりも咲いています。まさに裂かれた布で表現。

どこか秀でた能力を持つ人々の作品展をお楽しみください。

障がいを持った人のおおいなる芸術性が楽しめます。共に生きる社会であることを願っています。

夏休みの宿題のヒントがあるかも?!?!?!

 

 

コメントは受け付けていません。

Search
Archive