‘2017/12’ カテゴリーのアーカイブ

「私たちは『買われた』展」 12月23日~25日名古屋YWCAにて

2017/12/23

虐待や貧困から「援助交際」や「JKビジネス」に足を踏み入れた女子中高生らが、自らの体験や思いを表現した作品を展示する企画展「私たちは『買われた』展」

一般1500円 高校生以下無料

10時~20時(25日は19時)

予約必要 052-961-7707
名古屋YWCA女性部会

12月の6日8日15日 3日間の瑞穂ヶ丘中学校の出前授業を終えて・・・

2017/12/19

なふたうんの参加型ワークショップ開催99回目になる12月15日、瑞穂ヶ丘中学校での出前授業を終えました。家庭科と道徳の時間として「賢い消費者とは?」「公平とは?」というテーマを問うています。

この講座「チョコレートの来た道」はなふたうんオリジナルのワークショップで、フェアトレードのことを知ってもらう内容ですが以下のように伝えたいことがあります。

私達の暮らしが当たり前でないこと
世界の事を知って、想像して、考えて、行動して欲しいと
伝えています。
また世界へ目をむけるだけでなく
宇宙のなかの命で生かされている命ということも
伝えています。フェアトレードの話は最後のほうの
全体の1/4くらい。チョコから貧困・児童労働の話へいきます。
ワークショップ形式なので私の自己紹介も3つのウソ、1つのホントとして、ウソ1つをあててもらいます。
そのなかで南極へ行ったことも話し、南極条約は領土争いもない
協力しあっている、できるじゃん!ということを伝えます。
文化・命・平和などフェアトレードから伝えています。

チョコができるまでのカードの並び替え

 

15日の中学二年生のクラスの感想を一部紹介します。

*ゆっこりんはわかりやすいようにクイズや紙しばいを用意してくれたりしてとても楽しく学べました。さいごの「私たちの命は生かされている」という言葉に心を動かされました。(女生徒)

*貧困というワードから想像してよく考えることで、たくさんの考えや思いを知ることができた。「この命は大海の中で一本の針を探すようなもの」という」言葉は自分が生まれたことは奇跡、、それに今働いている子どもが生まれたのも奇跡なんだ。だからきちんと生きたい。生きていけるようにしてあげたい。人のためになることをして生きたいと思った。(女生徒)

*宇宙のなかの小さな命がすごく大切だとわかりました。地球の未来や子どもたちの楽しい未来をい願ってこれからも頑張っていこうと思いました。(男生徒)

*内容がむずかしかったけど、たのしかった。

*とても分かりやすい話だった。すごくいろんなことが分かった。いろんな国の人の気持ちが少しわかったきがします。

*人の見方を変えるきっかけができました。本当にありがとうございました。貧困について深く考えれました。(男生徒)

後日また振り返りのシートも送付されるのでその時にまた追加する予定です。

1月27日公開講座「食品がつなぐアフリカ農村と日本─フェアトレードで産地は変わるか―」 京都にて

2017/12/19

公開講演会
「食品がつなぐアフリカ農村と日本─フェアトレードで産地は変わるか―」

■日時:2018年1月27日(土)14:30~17:00
■場所:稲盛記念館3階大会議室

■プログラム
講演1 チョコレートのフェアトレードと産地への影響
近藤 光(NPO法人ACE・ガーナプロジェクトマネジャー)
講演2 コーヒーのフェアトレードと産地の社会制度
─促進する制度/阻害する制度─
辻村英之(京都大学・教授)
コメント1 鈴木 紀(国立民族学博物館・准教授)
コメント2 池上甲一(近畿大学・教授)

■概要
フェアトレードとは、生産者や産地に利益が残らないような売り手と買い手の不公正
なつながり方を是正し、特に消費側の買い方を公正なものにして、生産者の生活や産地
の社会開発の水準を引き上げようとする仕組みです。森永製菓のチョコレート「1チョコ
for 1スマイル」やスターバックスの「エシカルなコーヒーの日」など、大手食品産業の
取り組みが日本におけるフェアトレードの認知の拡大や普及の推進力にな
っています。
NPO法人ACEは、この「1チョコfor 1スマイル」や自らの「しあわせへのチョコレート」
プロジェクトを介して、ガーナのカカオ産地の教育環境を整備し、児童労働をなくそうと
努めています。産地においては、どのような成果と課題が生じているのでしょうか。また、
タンザニアのキリマンジャロ山中のコーヒー産地では、フェアトレードは生産者と消費者
のつながり方をどのように変えたのでしょうか。それを促進したり、阻害したりする産地
の状況(社会制度や伝統・文化、価値観など)は、いかなるものでしょうか。
現地の貧困問題や低開発問題などを解決しようとする生産者の力。それを補強するフェ
アトレードの力。そのフェアトレードを促進する産地の力。この講演会では、そのような
力を、それらの限界とともに明らかにしたいと考えています。

■主催:JSPS科研費・基盤研究(S)「「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:
人類の未来を展望する総合的地域研究」(代表:松田素二〔京都大学〕)
共催:京都大学アフリカ地域研究資料センター

■問い合わせ先:科研プロジェクト事務局
africanpotentialpro_jimukyoku@googlegroups.com

「参加無料・申込不要」

2018年1月14日「私もチョコ職人弟子入り~フェアトレードの美味しいチョコレートづくり~」稲武どんぐり工房にて

2017/12/18
   私もチョコ職人弟子入り!
 ~フェアトレードの美味しいチョコレートづくり~

愛商のハニーガールズ

【日時】 2018年1月14(日)
13時~15時
【内容】 チョコレートの原料となるパプアのカカオ。今回はカカオニブ、カ
カオマス、ココアバターを使用した「原料からの手作りチョコレート」
を一緒に作りませんか。チョコレートの裏にある苦い物語、
フェアトレードのお話コーナーもあります。
エプロン・三角巾(帽子可)・ふきん1枚
をお持ち頂き、5分前までに受付を済ませてください。
★フェアトレードとは….
自然原料や伝統技術を活かした手作りの製品や、
環境に負荷をかけない伝統的な農法により作られた食品を、
仕事に見合った公正な価格で継続的に購入、途上国の生産者と共に生きる
もう一つの貿易のありかたです。
【会場】 どんぐり工房(いなぶ観光協会)
【問合せ先】 どんぐり工房 tel/fax0565(83)3838
【会費・定員】 1000円定員   20名
【講師】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(略称なふたうん)
http://www.nagoya-fairtrade.net/
角田慎吾・土井ゆきこ

2017年12月12日台湾の台北市がフェアトレード・タウンに!

2017/12/13

FTFJのMLより

12月12日、台湾の台北市が、中華圏で初めて「フェアトレードタウン」に認定されました。
日本からはFTFJの理事を務める渡辺龍也さんや、熊本市をアジア初のフェアトレードタ
ウン認定に導いた明石祥子さんが出席し、認定を見届けました。
詳しくは、下記記事参照ください。
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201712130004.aspx

またこれより先にお隣の

Korea has become the 33rd country to have Fair Trade Towns

2017-11-11

韓国でもフェアトレード・タウンというニュースがありました。

The year 2017 has been a turning point in Korean Fair Trade Towns campaign.

In April the Korea Fair Trade Towns Steering Committee (KFTTSC) was reorganized and it appointed Maria Youngsin Lim as the National Coordinator. Following the International Guidelines for FTTs, the KFTTSC has set 5 goals and criteria for Fair Trade Towns in Korea, adopting the “Big Tent” approach engaging various stakeholders such as FTOs, local activists, Consumers’ Cooperatives, NGOs and Fairtrade Korea.

Then in June, Bucheon, supported by Fairtrade Korea, became the first self-declared Fair Trade City. In October, Incheon, which had had a vibrant FTT movement since 2010, was officially recognized as the first Fair Trade City in Korea by KFTTSC. The International Fair Trade Towns Steering Committee member Tatsuya Watanabe is going to attend the celebration event of Incheon Fair Trade City on November 24th.

International FTTSC sends its congratulations to the wonderful achievement of the Korean Fair Trade Towns campaign and looks forward to working with the KFTTSC, the official representative of Korea, in the spirit of further promoting the “Big Tent” approach in the country.

参加型ワークショップ「チョコレートの来た道」は来年2018年1月17日で100回目

2017/12/11

フェアトレード・ショップ風”s正文館店のブログより

出前授業や、講座、講演など2017年(平成29年)を振り返って

「なふたうん」のオリジナルワークショップ「チョコレートの来た道」は学校や生涯学習センターなどで89回開催、実はいままでに、なごや環境大学でも3回連続講座を10回開催。3回のうち1回は「チョコレートの来た道」を開催しているので99回になります。

来年1月17日の椙山女学園高校での「チョコレートの来た道」授業は実質100回目!

そして2月5日は熱田高校で2年生8クラスの生徒さんに話をする予定です。

:::::::::::今年の振り返り::::::::::::::::::

■ 2017年12月6日8日15日  名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校2年生3クラス

(チョコ道WS第87~89回)

■ 11月25日      四日市公害と環境未来館:

チョコとコーヒーを楽しむフェアトレードカフェ(チョコ道WS第86回)

■ 11月8日       岡崎市立北中学校1年生 (チョコ道WS第85回)

■ 10月11日      名城大学西山ゼミ ミニ講義

■ 9月25日       名古屋外国語大学 現代国際学特殊講座

「国際ビジネスマンがみた国際社会ーグローバル社会をいきぬくために」

■ 9月12・13・14・15日   名古屋市立若水中学校2年生

(チョコ道WS第81~84回)

■ 8月17日       夏休み環境学習講座:あいち環境学習プラザ主催

(チョコ道WS第80回)

■ 8月8・9日      夏期集中講座フェアトレード学校(チョコ道WS第79回)

愛知県国際交流協会&なふたうん共催

■ 3月20日       韓国ソウルにてicoop生協​主催
2017年第5期フェアトレード・サポーター養成講座

名古屋フェアトレード・タウンの取り組み

~人と地域、そして地球とつながる実践~」

■ 2月22日      名古屋市立小学校(南区)人権教育(チョコ道WS第78回)

■ 2月24日       名古屋市立正色(しょうしき)小学校6年生

(チョコ道WS第77回)

■ 2月7日       北九州市立大学シンポジウムにパネラー出演

「北九州でフェアトレードを普及させるには」

■ 2月2日       名古屋市立東白壁小学校5年生(チョコ道WS第76回)

■ 1月28日       名古屋女子大学中学(チョコ道WS第75回)

■ 1月18日       椙山女学園高校   (チョコ道WS第74回)

 

12月 6日8日15日は瑞穂ヶ丘中学校でフェアトレードの2年生授業

2017/12/11

瑞穂区にある瑞穂ヶ丘中学校は、ユダヤの人に命のビザを発行した杉原千畝さんの母校瑞陵高校のあった場所の中学校です。林立する木立があり、池もある庭があり町の中にあってとても環境に恵まれ、また千畝さんの過ごした歴史のある中学校で2年生に3日間家庭科の授業で「賢い消費者とは?」「公平とは?」を問いかける授業として、なふたうんのオリジナル授業「チョコレートの来た道」でフェアトレードの講座を2時間授業を土井ゆきこが担当してきました。

12月8日の振り返り一部紹介

*◎とても楽しかったけどやっぱり少しつらい気持ちもあった。同情ではなく、自分達の買っている商品を作っているのに知らなかった自分が情けないなとすごく思った。(女生徒)

*自分のけいけんをまじえてお話してくれて学べたし、とてもおもしろかった。おしえてもらったマークなど、これから買う時、みてみたいと思った。

*おもしろい授業だった。またきかいがあればやってみたい。(男生徒)

*貧困な人たちの事をここまで考えたことがなかったから、良いけいけんになった。(男生徒)

*貧困な人がよりかわいそうと思った。じ分のつらさより貧困の人のつらさの方がよっぽどつらいことがわかった。(男生徒)

*自分はつらいときもあったが、途上国の人々はもっともっとつらいかよくわかった。(男生徒)

*自分がなにげなく食べていたものがたくさんの人がめっちゃ働いていることを知りました。今日はほんとうにありがとうございました。(男生徒)

「貧困」についての派生図

12月9日も~やっこカフェは、8名の参加。フェアトレード全国フォーラム2017 in Hamamatsu報告会開催

2017/12/11

静岡県浜松市において、日本で初めてのフェアトレード全国フォーラムが開催され、日本のフェアトレード運動の今後のあり方、特に地方都市での活動について、豊富な経験を有する活動者が浜松市に集まり、相互交流がなされました。

「なふたうん」からは4名参加、その報告会。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

11月19日当日の内容
日時:2017年11月19日(日) 10:00amー17:20pm
会場:静岡文化芸術大学 (静岡県浜松市中区2-1-1)
主催:
はままつフェアトレードタウン・ネットワーク
一般社団法人 日本フェアトレード・フォーラム
公立大学法人 静岡文化芸術大学
共催:浜松市
参加費:無料

【コンテンツ】
①基調講演(10:05-10:30)
ー地域におけるフェアトレードタウン運動の意義とはー
渡部龍也氏(東京経済大学現代法学部教授、日本エシカル推進協議会理事)

②全体会(10:35-12:00)
ーフェアトレードから地域を変える 浜松を事例にー

③分科会(13:30-16:20)
1.フェアトレードタウンをめざそう

2、エシカルとフェアトレードの関係は?

3、企業とフェアトレード

4、地域社会とフェアトレード

5、環境とフェアトレード

6、フェアトレード超入門編

7、SDGsとフェアトレード

④ワークショップ企画(13:30-16:20)
ー高校生と学生がつくる未来のフェアトレード商品と社会

⑤終わりのフォーラム(16:30-17:20)
ーみんなで気持ちを伝えよう!!-

1月27日(土)高校生が伝えるフェアトレード:南陽図書館にて

2017/12/06

裂き織りチラシ

タイトル:~フェアトレードってなに!?~
フェアトレードの布を使ってさき織りコースターを作ろう!

内  容 :Nanyo Company部が作成したフェアトレードの紙芝居の読み聞かせと、フェアトレードの布を使ったさき織りのコースター作りです。
日  時 :平成30年1月27日(土)2:00~3:00
申  込 :1月13日(土)9:30より窓口・電話にて受付、先着順
会  場 :南陽図書館2階集会室
講  師 :Nanyo Company部(南陽高校)
対象定員:小学生とその保護者6組、3年生以上は子どもだけの参加も可

費  用 :いりません。
問 合 せ:南陽図書館(052)301-2116

なふたうん新聞98号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown 2017年12月4日

2017/12/04
This is a Text Block. Use this to provide text…

なふたうん新聞98号
Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown

2017年12月4日

なふたうん新聞 2017年12月4日発行98号

11月に静岡県浜松市が日本で4番目のフェアトレード・タウンになりました。全国各地で広がりつつあるフェアトレード・タウン運動。フェアトレードをまちぐるみで推進していくフェアトレード・タウン運動。貧困からくる紛争や環境・人権問題を考えるきっかけづくりと、行動することにより平和につながっていく一つの道だと思っています。

地球の上に生きる、改めて考える…….

引力により私達は歩き、座る、寝る事ができます。

その引力が、それより強い力で数分働いた時、物体は宙に浮く。大きなビルさえも。

それはとてつもない大きな地震。中央構造線という1000Kmを超える日本一巨大な活断層が動きだしたという。熊本地震と余震をつないでいくと北と南に広がっている。

 

「日本列島の全原発が危ない!」これは映画の題名ではなくDAYS JAPANの1月号増刊号ことで、最近読み始めたところです。ジャーナリスト広瀬隆さんの2017年4月の講演会記録に加筆されて出版されました。

九州鹿児島の川内(せんだい)原発、愛媛県の伊方原発がこの中央構造線にあり3・11と違い直下型地震になるので瞬時には原発を止めることができない。また揺れの大きさを加速度で測定した値980ガルを超えると物体が浮く。地球引力の値が980ガルなのでそれ以上の揺れの加速度が数分続けば宙に浮く、すなわち原発は制御できずに…….。

さらに原子力発電の内部構造は沢山の配管によって制御もされているので、地震にはもろい。つまり制御はできない。

 

1枚に写真に驚愕する。まるでトリック映画。5センチほどの道路表面の上からおばさんが下をのぞいている。下は谷、昨日まで道路だった下をのぞいている。まさに私達日本人の姿と講演者の広瀬さんは言う。「FRIDAY」2016年5月6日号の熊本大地震の写真より。

 

九州・四国で原発事故がおきれば偏西風の流れにのり日本全土が放射能の下になり逃げようがない。この本を読み進むほどに「なぜこんなに危ないものが再稼働??」と思う。どうしたらいいのか、世論の7割が原発再稼働に反対しているのと逆に進む政治の方向を変えることと思うが、「原発を使わない電力会社=新電力」を選ぶことだと講演者の広瀬さんは語ります。「他人に頼らないで、まずご自身で考えて活動してください。」と……。

新しい年が、戦争も放射能もない年にするために、傍観者にはならないようにしたい。

戦争も放射能もいらないゆっこりん

★「なふたうん新聞」ももうじき100号
「ふ~ず新聞」特集も見てね~!http://huzu.jp/media/2724/

 ……名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会、これからの企画……

①12/9(土)「も~やっこカフェ」
12月9日(土)10:05~12:30【時間変更しました】
浜松フォーラム報告会
会費:無料(マイカップ持参)
どなたでも参加できます。
お茶を飲みながら、フェアトレード他の情報交換
近況など語り合いながら交流します。(要連絡)」

 

②2018/1/6 フェアトレードの手仕事講座

〜山羊革の色付け体験!オリジナルしおりを作ろう〜

【日時】      2018年1月6日(土) 13時スタート(5分前にはお越しください)

1時間程度を予定

【場所】       フェアトレード・ショップ風”s(ふーず)正文館店

名古屋市東区東片端町49 正文館書店本店2階)

【定員】         7名(先着・予約優先)

【参加費】      予約 700円・当日1000円  「なふたうん」割引あり。

当日「なふたうん」メンバー入会の人も摘要=1回だけでOK500円

★作った山羊革しおりは、お持ち帰り頂けます!

【内容】     長年 愛用されている方も多い、インドの山羊革シリーズ。

ふ~ず新聞 2017秋(発行)9gouにも紹介されています。

植物タンニン&アゾフリー染料を使った環境にも、人にも優しい製品です。

今回は、型押しされた山羊革しおりに色付けをする工程を

新年の抱負を込めて?皆んなで味わってみたいと思います!

子どもから大人まで楽しめるので、ご家族での参加もOK!

【申込】          huzu■huzu.jp(■は@) 件名に「申込」と名前を入れてください

③2018/1/13「も~やっこカフェ」
1月13日(土)10:05~12:30
会費:無料(マイカップ持参)
どなたでも参加できます。
お茶を飲みながら、フェアトレード他の情報交換
近況など語り合いながら交流します。(要連絡)

④第54回「フェアトレード入門講座」最小人数3名にて開催
《12月はお休みします》
1月14日(日)10時5分~11時半
会費:700円(マイカップ持参)
定員:7名まで(要予約)
講師:穴倉綾乃

⑤第10回「ナゴヤFTユースチー夢」勉強会
1月27日(土)13時~14時半 ★時間1月だけ変更 《12月はお休みします》
テーマ『フェアトレード×伝統文化』の予定
会費:無料(マイカップ持参)
定員:7名まで(要予約)
講師:穴倉綾乃

=======以下申込先=======
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
461-0015 名古屋市東区東片端町49
​正文館書店本店2F​
052-932-7373  T&F(月休み、12~18時営業)
フェアトレード・ショップ風s  http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ
090-8566-2638
■■■■イベント報告■■■■
■■11月3日(祝金)オアシス21にて「こどもHAPPYタウン」開催フェアトレード・ブースも出店
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19215
■■11月8日岡崎市立北中学校にて「チョコレートの来た道」ワークショップ
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19172
■■11月11日クイズだしっこあり、ちょっとおもしろい「フェアトレード・チョコ味見会」
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19182
■■11月11日 正文館書店知立ハッ田店にて一箱古本市にフェアトレード・ブース出店
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19185
■■■■2017年11月19日静岡県浜松市が日本で4番目のフェアトレード・タウンになりました!
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19261■■名古屋にフェアトレードのネットワークができるまでの会議の記録
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19242■■11月25日チョコとコーヒーを楽しむフェアトレード・カフェ「チョコレートの来た道」講座17名参加 四日市にて開催
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19256

なふたうんHP
なふたうんFacebook
ワンコインサポーターの皆さんに特典のお知らせ!
「なふたうん」独自企画で予約時申請時は100円引き
予約の際に、ワンコインサポーターであることをお知らせください
また、当日ワンコインサポーターになって頂いた方、当日100円引きます。・ワンコインサポーターも募集中です!
500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたします。ただいま235名! お申し込みは下記へ
​お知らせ:12月27日16時まで営業、1月5日12時営業開
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
​〒461-0015 名古屋市東区東片端町49

正文館書店本店2F​
052-932-7373  T&F

(月休み、12~18時営業)

フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ
090-8566-2638
Search