‘2017/05’ カテゴリーのアーカイブ

5月20日・21日 暮らしを紡ぐ フェアトレード=フェアトレード展示&即売会 ~縦糸は歴史、 横糸は智恵を通す日々の暮らし~

2017/05/16

   暮らしを紡ぐ フェアトレード
フェアトレード展示&即売会
~縦糸は歴史、 横糸は智恵を通す日々の暮らし~
    (株)石見銀山生活文化研究所  松場登美さんの言葉
綿・麻・絹など植物や虫など生き物から命を頂いて衣にするのは
食べ物と同じです。衣類についてちょっと思いを馳せる展示会。
フェアトレードの衣類や小物など実際に手にとってみてください。
5月20日(土)と21日(日)、10時半~18時まで
着てみて知る手作りの良さ

ウィディングドレス

ウィディングドレスも展示します
【会場】 正文館書店5Fホール(名古屋市東区東片端町49)
地下鉄「高岳」1番出口北へ5分
【会費無料】 試着などもできます!
 フェアトレード・カフェコーナーもあり!
縦糸の歴史も少しひもとき、2013年4月24日に起きたバングラデシュ
のラナ・プラザ縫製工場の崩落事故について何が原因で1200名
以上の人が命を落とさなければならなかったのか考えてみましょう
日々の暮らしを考え直すきっかけをフェアトレードは与えてくれます。
★同会場での企画のお知らせ★
【5月20日】土曜日11時半~フェアトレード入門講座開催
マイカップお持ち下さい。この講座のみ有料の500円
(当日700円)定員5名
【5月21日】日曜日11時~12時
韓国ソウルで一番住みたい町ソンミサン・マウル訪問報告
&韓国のフェアトレード事情。
もうじきフェアトレード・タウンになりそうなソウルの動きを報告!
 【参加費】無料 【定員】15名
■お問い合せ先:Tel / 052-932-7373(風”s 正文館店)
           e-mail / huzu■huzu.jp (■は@)
■主催:フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
     名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

5月12日愛知県西庁舎10F売店にてフェアトレード試飲試食会

2017/05/16

今回は、エコブラックと珈琲豆チョコでフェアトレード試飲試食会開催しました。

いよいよエコブラックのシーズン!

フェアトレード・ショップ風”s正文館店の資料より

エコブラック

★カートカンとは?

カートカン

フェアトレードカートカンコーヒー「ECOBLACK」説明書

製 品 名:フェアトレードカートカンコーヒー「ECO・BLACK」エコ・ブラック

販売価格:154円(税込)[税抜価格:143円]

規  格:195gカートカン (ハイバリア加工済)

原  料:エクアドル コタカチ郡産 とメキシコのプエブラ州トセパン組合 有機無農薬珈琲生豆

~原料珈琲豆の生産地~

珈琲豆の特性:南米エクアドル コタカチ郡とメキシコのプエブラ州の大自然の中で、森林農法に基づき、農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培された、地球と人にやさしい安心で安全な珈琲豆です。

 

樹木と混栽培されるコーヒー          天日干しの様子

 

森林農法(アグロフォレストリ)について:その土地特有の森林と生態系を生かしながら、多様な作物を育てる農法で、中南米やアフリカを中心に熱帯地方で伝統的に営まれています。森の中で、アボカド、バナナ、柑橘など食用となる樹木、コーヒー、スパイスなど嗜好品の樹木、建築材や薪となる樹木などを育て、並行してニワトリなどの家畜の飼育も行います。

森の多様性を保ちながら、生活に必要な果物(バナナなど)を生産して自給的な生活を可能にし、かつ、換金作物であるコーヒーを一緒に栽培することで現金収入も得られるわけです。そうしたライフスタイルを実現させていくことが、森林農法の意義として挙げられます。また、その実践は、森と共存しながらの発展、豊かさの形成が可能であることのモデルともなり、現在エクアドルにおいては、鉱山開発による自然破壊の過ちを糾す反対運動の原動力となっています。

森林農法においては、コーヒーの樹は、多種多様な樹木に囲まれて栽培されます。他の樹木が作り出す日陰により強い直射日光から守られ、また落ち葉が土を豊かにしていくなかで、より美味しい珈琲豆が育まれます。

 

カートカンの特性:カートカンとは、国産材(主に間伐材や端材)を30%以上使用した、日本の森林育成に貢献できる紙製飲料缶です。カートカンを使用することは「木を使い森を育てる」ことにつながり、元気な森林が増えていきます。また、間伐材を積極的に活用しているので、カートカンを通じて「植える」「育てる」「収穫する」という緑の循環サイクルに必要なコストが山に返還されます。

100㎡の森林から生産される間伐材は、カートカン約6万本分にあたります。

カートカンには輸入の外材も使用されていますが、これらはすべて計画的に植林・伐採された木材です。

 

ハイバリア加工:通常のカートカンのバリア層に、さらにバリアフィルムを一層加えて、通常でも非常に少ない酸素透過量をより少なくする方法が、ハイバリア加工です。ECO・BLACKでは容器(包材)に、このハイバリア加工のカートカンを採用しております。このように、酸素透過量を極限まで下げた容器ですと、内容物が外部の酸素の影響をほとんど受けないので、長期間にわたって製造時のままの新鮮な状態を保つことができます。

 

~ECO・BLACKの製品ポイント~

ECO・BLACKは、原料において、100% フェアトレードの・有機無農薬栽培の珈琲豆を使用している点、パッケージにおいてハイバリア加工の カートカンを採用している点、製品において無添加ブラックコーヒーである点、が特徴です。

 

ECO・BLACKは、フェアでナチュラルでエコロジカルな、ベストをめざして開発した製品です。

~ECO・BLACKパッケージデザインの特徴~

ECO・BLACKには、地球温暖化をテーマにした物語「私にできること」の主人公である、クリキンディという名のハチドリが、マークとしてデザインされております。

 

――森が燃えていました 森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました でもクリキンディという名のハチドリだけは、いったりきたり くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます 動物たちがそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います クリキンディはこう答えました 「私は、私にできることをしているだけ」

『私にできること~地球の冷やしかた』(ゆっくり堂)より

さて、燃えていたあの森はその後、どうなったのでしょう。森は燃えてなくなってしまったのでしょうか。それとも……。物語の続きをつくるのはあなたです。

クリキンディのように、燃えている地球にひとしずくを落としていきたい。これが、ECO・BLACKに込めた私たちのメッセージです。あなたのECO・BLACK1本がひとしずく。さあ始めましょう! ポトリポトリと「私にできること」。ECO・BLACKのハチドリは、よくご覧になられるハチドリ(カナダ先住民ハイダ族のアーティスト、マイケル・ニコル・ヤグラナス氏のイラスト)とは別の意匠です。デザインされているのは、ECO・BLACKの原料生産地、エクアドル コタカチ郡の知事であった、アウキ・ティテゥアニャ氏。エクアドル コタカチ郡の珈琲豆から作られたカートカンコーヒーに、知事自らのデザインによるマークがプリントされているのです。デザイン料として、購入されたECO・BLACK1本ごとに1円が、エクアドル コタカチ郡に支払われます。このデザイン料は現地で、鉱山問題の解決を始めとして、学校や病院の建設などさまざまな事業に役立てられる資金の一部となります。

あいち環境学習プラザ(愛知県東大手庁舎)1Fにて「5月はフェアトレード月間」展示開始

2017/05/16

5月フェアトレード月間の名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会の企画はこちら

5月13日は世界のフェアトレード・デー世界『フェアトレード・デー・なごや2017』に「なふたうん」出店

2017/05/13
「世界フェアトレード・ デー」は、
毎年5月の第2土曜日、世界中のフェアトレード団体が一斉にフェアトレードについてアピールする日です。
日本では5月をフェアトレード月間として各地でフェアトレードに関するイベントが開催されています。1995年にヨーロッパのフェアトレード・ショップの連合が運動を開始し、日本では1999年にグローバル・ヴィレッジ/ピープル・ツリーが日本国内のフェアトレード・ショップに呼びかけて約100軒が参加したのがはじまりです。
名古屋ではフェアトレード・ショップ風“sが1999年から参加しています。
 

5月フェアトレード月間企画

□*■*世界フェアトレード・デー・なごや2017フェアトレード・コーヒー・サミット&アール・ブリュットin Nagoya TV TOWER
フェアトレードマルシェに「なふたうん」出店します。
開催日時:2017年 5月13日(第2土曜日)
マルシェ 10:00~17:00
会場:名古屋テレビ塔~久屋大通公園

フェアトレード・ショップ風”s 正文館店でも

世界のフェアトレード・デー 特別販売情報あります! ご来店頂くと分かる特典情報です。

「伏見ミリオン座のフェアトレード・デーはチョコ2枚に“愛スコーヒー”1杯サービス! 」
5月13日は世界のフェアトレード・デー! 伏見ミリオン座でピープルツリーのフェアトレードチョコを2つご購入の方、先着20名様にフェアトレードアイスコーヒー1杯サービス! スレイブ(奴隷)・フリーチョコ、乳化剤のないピュアなチョコと「愛スコーヒー」で映画鑑賞! メキシコの「マヤビニック」は500年にも及ぶ支配から立ち上がったゲリラ(サパティスタ)の村と隣接し武器をもたずに先住民の権利を主張する先住民組合から届くコーヒーです。

●開催期間:2017年5月13日(土)09:00~ ※先着20名様限定
●会場:伏見ミリオン座 カフェミリオン(名古屋市中区栄一丁目4-16)
●お問い合せ先:Tel / 052-212-2437(伏見ミリオン座 カフェミリオン)

5月はフェアトレード月間→フェアトレード関係記事が中日新聞に掲載

2017/05/08

新聞にもフェアトレード関係の記事が掲載されています。

・2017年4月30日中日新聞市民版

「母の日 フェアトレードで」~愛知商高生、3日にブーケ作りイベント

フェアトレードの薔薇を使ってミニブーケを作る講座を開催。

・2017年5月2日中日新聞

給食で考えた….生産者の思い

名古屋の児童「フェアトレード」体験と題して名古屋の一部の小学校で一日、中南米ニカラグア産の白ごまを使ったつくだ煮が給食で提供された。写真は東区の東白壁小学校の給食風景。

東白壁小学校は、「なふたうん」の土井ゆきこがファシリテーター(案内人)になって、昨年の6月14日東白壁小学校のPTAセミナーでお母さん方に参加型ワークショップ「チョコレートの来た道」を、

また今年の2月2日は5年生の41人の生徒さんに同じくワークショップの講座を開催。彼等はちょうど6年生になって5月1日の給食でフェアトレードの胡麻に出会ったわけです。

・2017年5月6日 中日新聞折り込み 環境情報誌 Risaの表紙にフェアトレード・ショップ風”s正文館店が掲載

2017年5月 環境情報誌Risa

特集 本音で本気のフェアトレード の記事では

作る人、売る人、買う人、集う人とそれぞれの立場でのフェアトレードの取り組みを紹介しています。

 

なふたうん新聞91号 Nagoya Fair TradeTown Campaign→NAFTown 2017年5月6日

2017/05/07

なふたうん新聞91号
Nagoya  Fair TradeTown  Campaign→NAFTown

2017年5月6日
5月の新緑に誓う
『良心に従って生きること』                 
『大地に根ざした生き方をすること』
ドキュメンタリーや実話に基づく6本の映画を2月から立て続けに見て思いを確認しました。・「知事抹殺」
http://eisaku-movie.jp/
福島県知事だった佐藤栄佐久さんが国策に意義を唱えて謎の収賄事件により突然辞任を強いられる。
・「人生フルーツ
http://life-is-fruity.com/
四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実の実る庭、大地に根ざしたある夫婦の生き方
・「スノーデン」
http://www.snowden-movie.jp/
世界中のメール、SNS、通話は米国政府に監視されていたとアメリカの極秘秘密を暴露。良心に従った一人の若者スノーデン
・「標的の島 風かたか」
http://hyotekinoshima.com/
辺野古・高江・宮古・石垣の島、国の基地政策に体をはって阻止する人々、大地に生き、太鼓をたたきエイサーを踊る姿は心から感動
・「汚れたミルク~あるセールスマンの告発
http://www.bitters.co.jp/tanovic/
多国籍企業を敵にまわしたあるセールスマン。葬った過去は今も生きている(アフリカで起きた事件がアジアでまた起きた世界最大の多国籍企業のミルク事件)                  
・「ターシャ・デューダー~静かな水の物語~」
http://tasha-movie.jp/
大地に生き、暮らし全体の手作りを楽しんだターシャの言葉は人生の哲学の言葉。『良心に従って生きること』
これは相手が国や国以上の多国籍企業では私にはできない。
でも実行したスノーデンとパキスタンのセールスマン、そして進行形の辺野古・高江の人々。
映像という手段で映画を送り出した人やそれらの人を支えるジャーナリストなどの人々。
すごいな~~~と思う。
世の中、こんな人々がいるのだと嬉しいような、また題材になる事柄が悲しいような…..。
犠牲者は無力の人々や,良心に従って闘う人たち。
私は、せめて日々の暮らしのなかで良心に従いたい。

『大地に根ざした生き方をすること』
以前から希望の自然の中で暮らす生活が2年前から始まった。
豊田市の稲武にある帰農者住宅は畑付きのログハウス、ここで約1年半お世話になり今年の4月から近くの野入の古民家へ移転。
これから畑も借り、広い庭も実のなる木など植えて子や孫など次の世代へ手渡しできる暮らしに挑戦してみたいと思っている。
暮らしも質素にシンプルに手作りで….と夢は膨らみますが….。

名古屋と野入の2つの暮らしのなかでもう一つの夢は、町と田舎をつなぐ拠点になること。
単にお出かけや旅行ではなく、自然の地に身を置く喜びを体験して、自然のちからを町の暮らしのなかで感じて生活ができるような人が増えたらいいな~と思う。特に若い人達が。                 ゆっこりん

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
……名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会、これからの企画……

5月のフェアトレード月間について
「世界フェアトレード・ デー」は、
毎年5月の第2土曜日、世界中のフェアトレード団体が一斉にフェアトレードについてアピールする日です。
日本では5月をフェアトレード月間として各地でフェアトレードに関するイベントが開催されています。

1995年にヨーロッパのフェアトレード・ショップの連合が運動を開始し、日本では1999年にグローバル・ヴィレッジ/ピープル・ツリーが日本国内のフェアトレード・ショップに呼びかけて約100軒が参加したのがはじまりです。
名古屋ではフェアトレード・ショップ風“sも1999年から参加しています。

5月フェアトレード月間企画

 

□*■*世界フェアトレード・デー・なごや2017
フェアトレード・コーヒー・サミット&アール・ブリュットin Nagoya TV TOWER
フェアトレードマルシェに出店します。
開催日時:2017年 5月13日(第2土曜日)
マルシェ 10:00~17:00
会場:名古屋テレビ塔~久屋大通公園
http://fairtrade-nagoya.com/holding

 

□*■*フェアトレード展示・即売会と報告会(無料)
【日時】2017年5月20日(土)21日(日)10時半~18時まで
【内容】フェアトレード展示販売会と韓国ソウルのソンミサンマウル訪問報告会
韓国のフェアトレード事情も同時報告http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18355
フェアトレード入門講座もあり→入門講座のみ有料(要申込500円)
【場所】正文館書店本店5Fホール
名古屋市東区東片端町49

 

□*■*5月フェアトレード月間企画講演会
【日時】2017年5月27日(土)13:30~16:00
【内容】フェアトレードの現場を歩く「メキシコで《先住民が》カフェオープン」
慶応大学名誉教授 山本純一さん
【場所】愛知県国際交流協会(名古屋市中区三の丸2-6-1)
【参加費】500円(先着順)コーヒーお菓子代・マイカップ持参
【申込】052-961-8746 / koryu@aia.pref.aichi.jp
①お名前②電話番号③Eメールアドレス記入にて申込

 

□*■*DVD上映会「ポバティインク」
【日時】6月10日(土)12時30分~14時半(上映)14時45分~16時意見交換
【内容】支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリ
【場所】名古屋YWCAビッグスペース
【会費】500円 申込不要
【定員】50名

 

□*■*第2回フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ
【日時】2017年6月11日(日) 13時~17時30分 (12時30分~受付)
【対象】一般・小中高校生・大学生・教師・NGO関係者・行政
【内容】フェアトレードを軸として活躍する若者たち集合&スピーチします!
【場所】名古屋国際センター(中村区那古野)
【参加費】小中高校生300円、大学生500円、大人800円(当日参加+200円)
【定員】50名
【申込】052 -932-7373 / huzu@huzu.jp

 

□*■*2017シャプラニール全国キャラバン  

「羽ばたけ、家事使用人の少女たち   ~家事使用人という働き方、少女たちの今そして未来は?~」

【日時】2017年6月18日(日)13:30~16:30
【講師】マフザ・パルビン氏   シャプラニールダッカ事務所プログラム・オフィサー
【場所】名古屋大学 国際開発研究科棟 8F オーディトリア
【会費】無料(フェアートレードコーヒーを提供します。要マイカップ)
【定員】50名   【申込】 シャプラニール愛知ネットワーク 090-9125-8825(裏見) shaplaneer.aich■gmail.com(■は@)

    【予告】今年もあります!
2017年8月8日(火)9日(水)
フェアトレード夏期集中講座(若者のためのフェアトレード学校)名古屋市中区の愛知県国際交流協会(AIA)にて。

2015年9月に名古屋は世界で1727番目(土井認証)フェアトレード・タウンに日本で2番目になりました。
3番目は2016年7月に神奈川県の逗子市です。
その後も日本各地で活発に動いているフェアトレード・タウン運動は若者たちのエネルギーで動いています。

名古屋も高校生・大学生の活動が活発です。その活動のスピーチ大会が6月11日(日)名古屋国際センター(NIC)で開催されます。今年で2回目です。中学生も参加しています。

★2016年開催の夏期集中講座フェアトレード学校の報告は

昨年に続き、愛知県国際交流協会(AIA)と名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の共催で8月8日(火)9日(水)にAIAのアイリス・ルームで開催します。
告知は5月27日(土)のAIAでの5月フェアトレード月間企画「~フェアトレードの現場を歩く~メキシコで(先住民が)カフェオープン!」慶応大学名誉教授の山本純一さんの講演による企画の時にお知らせします。

■■■■4月イベント報告■■■■
■■4月1日10時~第18回フェアトレード・コーヒー生豆焙煎教室9名参加
■■4月8日は「も~やっこカフェ」7名参加
■■4月13日は愛知県庁10F売店フェアトレード試飲試食会​
■■4月22日第3回ナゴヤFTユースチー夢勉強会は5名の参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にてhttp://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18405
■■5月6日10時~第18回フェアトレード・コーヒー生豆焙煎教室6名参加
なふたうんHP
なふたうんFacebook
 ワンコインサポーターの皆さんに特典のお知らせ!
「なふたうん」独自企画で予約時申請時は100円引き
予約の際に、ワンコインサポーターであることをお知らせください
また、当日ワンコインサポーターになって頂いた方、当日100円引きます。

ワンコインサポーターも募集中です!
500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたします。
ただいま234名! お申し込みは下記へ
店目標230店舗を達成いたしました!!これからもよろしくお願い申し上げます。
名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(なふたうん)

なふたうんブログ*http://www.nagoya-fairtrade.net
facebook*http://www.facebook.com/nagoya.fairtrade

★フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店★ 

​​〒461-0015名古屋市東区東片端49正文館書店本店2F​

052-932-7373(月休み、12~18時営業)
フェアトレード・ショップ風
http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ

5月フェアトレード月間の「なふたうん」関係の企画お知らせ

2017/05/05

5月のフェアトレード月間について

「世界フェアトレード・ デー」は、毎年5月の第二土曜日、世界中のフェアトレード団体が一斉にフェアトレードについてアピールする日です。日本では5月をフェアトレード月間として各地でフェアトレードに関するイベントが開催されています。

 

1995年にヨーロッパのフェアトレード・ショップの連合が運動を開始し、日本では1999年にグローバル・ヴィレッジ/ピープル・ツリーが日本国内のフェアトレード・ショップに呼びかけて約100軒が参加したのがはじまりです。 名古屋ではフェアトレード・ショップ風“sも1999年から参加しています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」これからの企画

①          5月FT月間・フェアトレード品(衣料・雑貨)展示&販売会

ピープツリー春・夏、夏のカタログより展示

 

【日時】             2017年5月20日(土)21日(日)  10時半~18時まで    無料(FT入門講座のみ有料)

【企画内容】ピープル・ツリー他フェアトレード品(衣料・雑貨)展示&販売会                                                       ・5月20日(土)11時~11時半 

フェアトレード入門講座・資料&お茶代500円(当日参加+200円)

定員:5人(申込は下記「なふたうん」まで)

・5月21日(日)11時~12時

韓国ソウルで一番住みたい町ソンミサンマウル訪問

&韓国のフェアトレード事情報告(無料)定員15名

もうじきフェアトレード・タウンになりそうなソウルの動きは?

【場所】             正文館書店本店5Fホール

名古屋市東区東片端町49(地下鉄高岳1番出口北へ歩5分)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

②          5月フェアトレード月間企画講演会

【日時】             2017年5月27日(土)13時半~16時   

【内容】           フェアトレードの現場を歩く

「メキシコで《先住民が》カフェオープン」

慶応大学名誉教授 山本純一さん

【場所】             愛知県国際交流協会(中区丸の内)

【参加費】          500円(先着順)コーヒーお菓子代・マイカップ持参

【申込】             052-961-8746

koryu@aia.pref.aichi.jp

①お名前②電話番号③Eメールアドレス記入にて申込                                                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

③          DVD上映会「ポバティインク」

 

【日時】             6月10日(土)12時30分~14時半(上映)

14時45分~16時意見交換

【内容】           “支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー

【場所】             名古屋YWCAビッグスペース

【会費】             500円 申込不要

【定員】             50名

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

④第2回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ

昨年のスピーチの様子

【日時】            2017年6月11日(日) 13時~17時30分 (12時30分~受付)

【対象】           一般・小中高校生・大学生・教師・NGO関係者・行政

【内容】     フェアトレードを軸として活躍する若者たち集合&スピーチします!

【場所】             名古屋国際センター(中村区那古野1-47-1)

【参加費】 小中高校生300円、大学生500円、大人800円(当日参加+200円)

【定員】           50名      052 -932-7373

【申込】             名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 huzu@huzu.jp

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

⑤2017シャプラニール全国キャラバン

「羽ばたけ、家事使用人の少女たち

~家事使用人という働き方、少女たちの今そして未来は?~」

【日時】             2017年6月18日(日)13:30~16:30

【講師】           マフザ・パルビン氏

シャプラニールダッカ事務所 プログラム・オフィサー

【場所】             名古屋大学 国際開発研究科棟 8F オーディトリアム

地下鉄名城線名古屋大学駅歩5分(1番出口より直進、信号手前を右折)

【参加費】       無料(フェアートレードコーヒーを提供します。要マイカップ。)

【定員】           50名

【申込】             シャプラニール愛知ネットワーク                             090-9125-8825(裏見)

shaplaneer.aich■gmail.com(■は@)

::::::::::::::::::::::::::::( 問合せ&申込は下記へ)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店                                             

 〒461-0015 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F​

052-932-7373  T&F         (月休み、12~18時営業)  

フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/                                                      

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ             

http://www.nagoya-fairtrade.net/                                            

huzu■huzu.jp (■は@)

【お知らせ】フェアトレード・ショップ風”s正文館店は5月3日~5日までGW休み

2017/05/02

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会の連絡先の

フェアトレード・ショップ風”s正文館店の

*GW休み *
*5月3日(水)~5日(金)*
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
〒461-0015 名古屋市東区東片端町49 正文館書店本店2F
052-932-7373 T&F (月休み、12~18時営業) 土井ゆきこ
フェアトレード・ショップ風”s http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)
http://www.nagoya-fairtrade.net/
huzu@huzu.jp

以下5月フェアトレード月間「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」関係の企画

山里は山吹の黄色、しだれさくらの桃色、水仙など….花と新緑の共演にウグイスの鳴き声が響き渡ります。
5月はフェアトレード月間です。
1999年から日本では始まり今年で19回目
フェアトレード・ショップ風”sも今年で19回目の参加。
名古屋が2015年9月にフェアトレード・タウンになって
2回目のフェアトレード月間。現場からの報告、若者たちのスピーチなど皆様の
参加お待ちしています。&フェアトレードに興味ある方への広報もよろしく御願いします。
「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」これからの企画
5月FT月間・フェアトレード品(衣料・雑貨)展示&販売会
【日時】 2017年5月20日(土)21日(日)     10時半~18時まで
【企画内容】 ピープル・ツリー他フェアトレード品(衣料・雑貨)展示&販売会
・5月20日(土)11時~11時半
フェアトレード入門講座・資料&お茶代500円(当日参加+200円)
定員:5人(申込は下記「なふたうん」まで)
・5月21日(日)11時~12時
韓国ソウルで一番住みたい町ソンミサンマウル訪問
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18355
&韓国のフェアトレード事情報告(無料)定員15名
もうじきフェアトレード・タウンになりそうなソウルの動きは?
【場所】 正文館書店本店5Fホール
名古屋市東区東片端町49(地下鉄高岳1番出口北へ歩5分)
5月フェアトレード月間企画講演会フェアトレードによって生産地と生産者にどのような変化がおき、私たちの暮らしとどうつながっているのか?500年にも及ぶ支配から立ち上がった先住民共同体(サパティスタ)の村と隣接し、武器をもたずに先住民の権利と生活を守るために闘っている先住民組合から届くコーヒー。メキシコでフェアトレード・カフェの支援活動を行ってきた講師をお招きして、現地の状況を伺いながら「自由で公正な経済」について考えます。
【日時】 2017年5月27日(土)13時半~16時
【内容】 フェアトレードの現場を歩く
  「メキシコで《先住民が》カフェオープン」
慶応大学名誉教授 山本純一さん
【場所】 愛知県国際交流協会(中区丸の内)
【参加費】 500円(先着順)コーヒーお菓子代・マイカップ持参
【申込】 052-961-8746
koryu@aia.pref.aichi.jp
①お名前②電話番号③Eメールアドレス記入にて申込
DVD上映会「ポバティインク」=勉強になります!
【日時】 6月10日(土)12時30分~14時半(上映)
  14時45分~16時意見交換
【内容】 “支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー
【場所】 名古屋YWCAビッグスペース
【会費】 500円 申込不要
【定員】 50名
第2回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ
【日時】 2017年6月11日(日) 13時~17時30分 (12時30分~受付)
【対象】 一般・小中高校生・大学生・教師・NGO関係者・行政
【内容】 フェアトレードを軸として活躍する若者たち集合&スピーチします
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16747 (昨年のアンケート)
【場所】 名古屋国際センター(中村区那古野1-47-1)
【参加費】 小中高校生300円、大学生500円、大人800円(当日参加+200円)
【定員】 50名 052 -932-7373
【申込】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 huzu@huzu.jp
⑤2017シャプラニール全国キャラバン
「羽ばたけ、家事使用人の少女たち
~家事使用人という働き方、少女たちの今そして未来は?~」
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=18362
【日時】 2017年6月18日(日)13:30~16:30
【講師】 マフザ・パルビン氏
シャプラニールダッカ事務所 プログラム・オフィサー
【場所】 名古屋大学 国際開発研究科棟 8F オーディトリアム
地下鉄名城線名古屋大学駅歩5分(1番出口より直進、信号手前を右折)
【参加費】 無料(フェアートレードコーヒーを提供します。要マイカップ。)
【定員】 50名
【申込】 シャプラニール愛知ネットワーク 090-9125-8825(裏見)
shaplaneer.aich■gmail.com(■は@)

今年もNたま(15期生です!)の募集が始まりました。名古屋NGOセンターより

2017/05/02

◆NGOスタッフになりたい方、就職・転職を希望している方、
ぜひこの研修にご参加下さい。
修了生の多くがNGOスタッフとして活躍しています!

☆ 詳細はコチラから ☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.nangoc.org/ntama/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NGOスタッフになりたい人のための研修
「次世代のNGOを育てる、コミュニティ・カレッジ2017(通称:Nたま)」
「無料説明会」の参加者募集中

Search
Archive

You are currently browsing the 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 ブログアーカイブ for 5月, 2017.