‘2016/12’ カテゴリーのアーカイブ

2017年2月12日(日)朝 「銀河の雫~はじまりはひとつ」DVD上映会と「フェアトレードとチョコと児童労働」展

2016/12/28

   ★☆★☆★正文館シネマ・カフェ★☆★☆

          手作りのシネマ会場とフェアトレード・カフェ

      「銀河の雫~はじまりはひとつ」DVD上映会

%e9%8a%80%e6%b2%b3%e3%81%ae%e9%9b%ab

              と 「フェアトレードとチョコと児童労働」展    

        ~ネパールから学ぶ、そして世界の平和を願うフェアトレードチョコ展~

 

ネパールのギータちゃんは言います。「あなたも素晴らしい、

私も素晴らしい。どうして争うの? 受け入れればいい。

みんな受け入れればいい。最初はひとつ。同じだよ」と。

 

【日時】 2017年2月12日(日) 10時30 分~12時30分 上映後フェアトレード・コーヒータイム有り

受付は10時15分から

展示は15時まで、スレイブ(奴隷)・フリーのフェアトレード・チョコ他販売ブースあり

同ビル2Fフェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店にもフェアトレード・チョコあり

【場所】 正文館書店本店5Fホール

名古屋市東区東片端町49

【定員】 30名(マイカップご持参ください)当日木のマイカップ販売も予定。

【参加費】 1300円(当日1500円)

13時以降入場無料

【プロフィール】             山元加津子監督

1957年金沢市生まれ。元特別養護施設教員。

愛にあふれた彼女のメッセージは、著書や講演を通じて

全国に広がり、子どもたちだけでなく

心を閉ざしていた大人たちの心を開き、

奇跡のような出来事が次々と起こっている

著書に「本当のことだから」「ゆうきくんの海」「魔女モナの物語」など多数

 

*************申込は下記へ**************

【申込】             huzu■huzu.jp(■は@)

【問合せ】          名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店内

052-932-7373   (月休み、12~18時営業)

12月28日~1月4日迄休み

http://huzu.jp/

1月20日金シネカフェAIA ~金曜日はシネマwith美味しいフェアトレードコーヒー~

2016/12/28
金シネカフェAIA
~金曜日はシネマwith美味しいフェアトレードコーヒー~

仕事や学校帰り、
ドキュメンタリー映画と美味しいコーヒーを楽しみながら
地球と自分の暮らしを考えてみる…
そんなひとときを過ごしませんか?

%e9%87%91%e3%82%b7%e3%83%8d

【タイトル】「スラックとプラチャーの音もなく慈愛は世界にみちてwith辻信一」

 

【紹介】辻信一さんからのスラックについての紹介より

スラックは、震災を機として日本人のうちに、“精神の復興”とも言うべきものが起こることを祈ったのだった。それは、科学技術による自然支配という「傲慢な心」から、自然との一体性という「謙遜の精神」への、スピリチュアルな転回だった。

「すべてが関係し合っているつながりの中に自分がある、と感じられる心を養うのです。私たちは…他者に依存し、そのおかげで生きているのです。他者とは人間ばかりでなく、私たちの周りにある樹木や大地や水や空気です」

 

【日時】1/20(金)18:30上映開始(会場18:00)

【開催場所】あいち国際プラザ2Fアイリスルーム 名古屋市中区三の丸2-6-1

【参加定員】50名(先着順) マイカップお持ち下さい。軽食持ち込みOKです。

【参加費】一般600円、賛助会員500円

【申込方法】電話またはメールで名前と連絡先をご連絡ください。

【問合先】(公益)財団法人愛知県国際交流協会 交流共生課交流担当

TEL:052-961-8746/FAX:052-961-8045/メール:koryu@aia.pref.aichi.jp

【主催】(公益)財団法人愛知県国際交流協会・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 

 

1月2月の「なふたうん&風”s」の活動予定

2016/12/28

1月7日(土) 「キムチの作り方伝授!(ホントは秘伝だけれ…)」在日韓国の文化を知る講座(東区)

1月12日(木) 愛知県庁西庁舎10F売店にてフェアトレード試飲試食

1月18日(水) 椙山女学校高校 国際理解・平和をテーマに講座 講師:土井ゆきこ

1月19日(木) 職場でフェアトレード「三井住友海上名古屋ビル」にて

1月20日(金) 愛知県国際交流協会にて 「金シネカフェAIA」 あいち国際プラザ 2階 アイリスルーム

「スラックとプラチャーの音もなく慈愛は世界にみちてwith辻信一」

 

1月26日(木)・27日(金) 名古屋市西庁舎B1売店にてスレイブ・フリーのフェアトレード・チョコ販売

1月28日(土) 名古屋女子大学中学校 「チョコレートの来た道」ワークショップ 正文館5Fホールにて

2月3日(金) 刈谷デンソー本社にて、スレイブ(奴隷)フリーのフェアトレード・チョコ販売

2月7日(火) 北九州市立大学にてシンポジウム「北九州でフェアトレードを普及させるには」

フェアトレード・タウン推進者として視点から 講演:土井ゆきこ

2月12日(日) 「銀河の雫~はじまりはひとつ」DVD上映会と「フェアトレードとチョコと児童労働」展

12月24日(土)第15回フェアトレード・コーヒー生豆焙煎教室~ 10人参加

2016/12/28

素敵なXmasケーキの差し入れもあり

白菜鍋で今年を締めくくった煎りたて・挽きたて・淹れたての「シャカゴリ倶楽部」

来年も月1回開催予定です。

展示「フェアトレードとチョコと児童労働」あいち学習環境プラザ1F(東区)

2016/12/28

cimg0962%e3%80%8c%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a8%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%81%a8%e5%85%90%e7%ab%a5%e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%80%8d%ef%bc%91

買い物は投票 スレイブ(奴隷)・フリーのフェアトレード・チョコを選ぼう!

                    2017年2月末まで

cimg0964%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93

X’masに素敵なプレゼント!

2016/12/25

X’masの日に素敵なプレゼントを頂きました。

12月24日若水中学校の先生がフェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店を尋ねてきてくださいました。そして12月14日・15日・16日と3日間中学2年生101人の生徒さんにワークショップをしたあとの出来事を聞くことができました。それは

一人女の子の話。なかなか登校できなかった女性徒は「フェアトレードと消費者市民~チョコレートの来た道」のワークショップの授業の当日も、みんなより早く学校へ来て受ける事が出来たのも素晴らしいけれど(なにせワークショップ形式なのでみんなと話会うかたちでの進行のなかで参加できたのだから)、その後も修了式迄毎日登校したというお話。

もう一人男の子の話。日本の伝統芸能を日々練習に励まなければならない状況の中、練習で夜も遅いので朝がつらく毎日遅刻、2~3時間目から登校していた。その男性徒がワークショップの翌日は遅刻せずに登校したというお話。

みんな、世界の子たちの現状を知ることにより自分を奮い立たせた思いが嬉しい。フェアトレード運動の力と、国際理解教育という参加型ワークショップという形式に助けられ、こんな嬉しいプレゼントが届きました。

来年は・・・・・・

2017年1月18日は椙山学園で国際・平和をテーマにワークショップ

1月28日は名古屋女子大学中学校の生徒さんが正文館書店5Fでワークショップ受講

 2月7日は北九州市立大学のシンポジウム「北九州でフェアトレードを普及させるには」でパネラーとして参加

他にも2月くらいに小学校での人権教育の授業もありそう…..

フェアトレードを題材に、国際理解教育の参加型ワークショップの手法で、ESDも消費者市民も伝えながら若い人達の生き方に揺さぶりをかける「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」のオリジナルワークショップ

「チョコレートの来た道」2017年は何回、何人の人に手渡せるのか楽しみです。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 お知らせ

フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店は

12月28日~1月4日までお休みします。

12月14日~16日3日間 若水中学校2年生3クラス101人の生徒さんに 参加型ワークショップ「消費者市民とフェアトレード~チョコレートの来た道」 講師:土井ゆきこ

2016/12/16

12月14・15・16日3日間各2時間 消費者教育のモデル校の若水中学校(千種区)で授業を受け持ち、名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会のオリジナル「チョコレートの来た道」を開催。


cimg0940%e8%8b%a5%e6%b0%b4%e4%b8%ad

 

 

振り返りシートの一部紹介

2016年12月14日 若水中学校2年生

*今自分が当たり前だと思っていることを当たり前だと思わずに、一つ一つの事に感謝していかなければいけないと思いました。今日まで、アフリカなどの発展途上国で児童労働されている子どもたちの事について自分から知ろうとしてなかったけど、もっとそういう事に関心を持つべきだと思いました。今、アフリカの人達(児童労働している人達)に直接会って、助ける事はできないけれど、直接会う事以外にも、募金活動に参加したり、ボランティアなどの活動に積極的にかかわったりして、そういう子達を少しでも助けたいと思いました。(男)

 

*今日グループ学習をして、たくさんの事を学ぶことができました。まず、貧困について、最初は貧困というと「貧しい」とか「生活できていない」というイメージでしたが、グループ学習によって「物を大切にする」や「学習する時はまじめ」とか、いい事もたくさんあるということを学びました。また普だん耳にしないフェアトレードという事も知れてよかったです。(男)

 

*安いものを買うとどこかで泣いている人、子どもがいるということ。→自分たちがどれだけ幸せなのか、ぜいたくなのかよくわかったし、子ども達がどんな思いで働いているのかと思うと悲しい、と思った。戦争にかりだされる少年兵たちの「ケータイ、ダイヤモンドよりも平和がほしい」という言葉(文)にぐっときた。少年兵だけでなく全世界の人びとが思っていることだと思うけれどほんとにそのとおりだな、と思った。(女)

 

*とても大変な思いをしながら働いている子がいることは知っていたけど自分が買っているものでもだれかが苦しい思いをしていることは考えた事がなかった。いつも欲深くものを求めているのが恥ずかしく感じた。(女)

 

*先進国ではふつうにいつもしていることが発展途上国では、出来ない事もあって大変だなと思いました。将来は、どこの国も平等な世界になってほしいです。今、食べているものにも感謝をして食べないとなと思いました。(男)

 

*私は学校に行きたくないと思ったことはないけど、勉強を全然していなかった。でも学校に行けない子もいるならもっと勉強出来ることの大切さに喜びをもってがんばろうと思った。(女)

 

*世界の子ども達の現状と「フェアトレード」のことを知って、想像以上だったけれど、このことをできるだけたくさんの人に知ってもらって、自分にできることは進んでしていきたいと思う。今回学んだことをいかして、次は行動に移そうと思う。(女)

 

*日本のあたりまえが、あたりまえではなかったということを、とても感じる2時間でした。私は食物にたいしての感謝をしても、それを作っている人のことや、それまでに起こったと思われることは考えたことは、ありませんでした。しかし、今回の話や紙しばいなどを見て聞いて、働かされる子ども達や、キチンとした賃金をもらえずにどれいのようにはたらかされている人達のことや、そのせいで、生きていくためにゴミをひろうなどをしなければならないということを知り、今後考えなければならないというキッカケができました。(女)

 

*学校に行けているだけで幸せなんだと改めて感じた。(男)

 

*貧困について自分と同じ年でも働いている人がいて1日働いても27円くらいしかもらえないもっと自分は物を大切にしたいと思いました。食べ物も好ききらいせずにたべたいです。(男)

 

*今まで知らなかった事もくわしく知ることができました。自分より小さな子が大変なしごとを毎日やっていること。売られているお金がいくら安いとしてもそれをつくった人たちは、そのお金よりも高いお金をかけて作っていること。そのような事を考えながら生活していきたいです。(女)

 

*以前、フェアトレードチョコレートについてのワークショップを受けた事があり、今回更に詳しく、広く教えて頂いたことで改めて児童労働やフェアトレードについて知ることができました。ゆっこりんさんがおっしゃっていたように、安い物ばかり食べていたら、世界がこわれていく、毎日は無理だけれど、フェアトレード表示のあるものや少し高いチョコレートを買おうと思いました。今日はありがとうございました。(女)

 

*買い物をする時、私はいつも安い物をかうことが多かったけれど、安いものを買うということは、それだけ環境破壊につながることを知り、衝撃的だった。私がいつも食べているチョコレートを作っている人は同年代の子ども達だということを忘れないで当たり前のことができることに感謝して生活していこと思った。(女)

 

 

2016年12月15日

*いつも自分は何げなく生きていた。あたりまえだと思っていた。それでも僕には不満があり、この日常が嫌だった。でも世界には生きたくても生きらない人もいる。もしかすると、自分より他人を気にする人もいるのかもしれない。そんな人達もいるのに自分はなんてぜいたくなんだと思いました。ぼくは生きている。その事がどんなにすばらしい事か、僕にはわかった気がします。「お前になにがわかる」と言われそうだが、なにがあっても生きていてほしい。とも思いました。(男)

 

*児童労働で小さいころから働いているのはとてもかわいそうである。これが1億人以上いるというのは考えられない。今回は驚くことがたくさんあり、今でもある。自分達の当たり前のことが必ず当たり前ではないことがよくわかった。(男)

 

*フェアトレードが「援助」ではなく、「対等」であることが良いと思った。技術などがとても発達してきたこの現代にまだ奴隷制度があるということをはじめて知って、とても驚いた。同じ地球に住んでいても、経済的に豊かさが、こんなにも違う。豊かな私達も、私達なりに、悩みはあるけれど、彼らの現実を知って、自分のことだけで頭がいっぱいになりがちだけれど、フェアトレードを通じて、世界のことも、気にしたいと思った。(女)

 

*自分達は、安全に生きてこられて、食糧がないとか、学校がないとか、病院がないとか、困ることは、ほぼない。そんな安全な生活をおくれている事に感謝した。また、フェアトレードというのを知って、これから、活用していけたらと思います。また、貧困について初めて考えて、自分達(日本)には困ったこともあったし。良いこともあったので、改めて知れたので良かった。(女)

 

*自分たちより小さい子ども達がはたらかせられていることにおどろいた。「フェアトレード」というのは聞いたことはあるけれど具体的な意味はしらなかったので、今回知ることができ、良かった。自分が何か買い物をする時、そのようなことを考えて買い物をしたいと思った。(女)

 

*私たちの目の前に広がっていること、私たちとは程遠いところで行われていることは、本当に遠く離れているけど、その関係の中で本当に何もできないのか? そのままで私たちに影響がでないのか? と様々なことが考えさせられる会だった。今、現状、私たちにできるこを実行することが、貧困のサイクルを崩すことができるようになる鍵だと思い、実行できれば、全世界全員がすれば、よりよいものになるのではないかと、思った。(男)

 

*私たちの知らないところで、小さい子ども達が働かされていることが信じられないと思いました。そう思うと、日本はすごく幸せな国だということがよくわかります。私たちは今の生活がふつうの日常さと感じていますが、それがどんなにすごいことかが分かりました。(女)

 

*今回のお話で地球がどんな状況なのか世界でどんなことが起きているのか知れました。貧困で苦しんでいる人たちの気持ちやまずしさなどを痛感しました。そんな苦しい人たちがフェアトレードという形で少しでも楽にさせてあげればいいと思いました。(男)

 

*人は平等でないまだ差別が根強く残っている。生まれた場所や親のせいで平等が無くなってしまう子どもたちがいる。そのこどもたちが平等な権利を持ち日本や他の国々と同じにならなければならない。その1つがフェアトレード、ちゃんとした商売の権利、働いてもらえる賃金が正当かどうか、当たり前の子となのだが、出来ていない国や地域が多いのだ、だから当たり前を知っている私たちが率先してするべきなのだ。安いから買う、そうではなく正当な商品を買うべきだ。自分たちがみな変われば大きなことにつながると、学んだ。(男)

 

*フェアトレードの活動をしている人が一生懸命なんだと思った。思ったよりもたくさんの人が活動に積極でいいなと思った。けれどまだ少ないと思うから自分ももっとそういう活動をしたい。また、最初は1つや2つの製品を買うことから始められるならすぐにやりたいと思う。せっかく名古屋市がフェアトレードの街にしていされているから、私たち1人1人少しずつでも活動できたらいいなと思った。(女)

 

*自分たちは貧困や労働に困っている人たちをどうしたらたすけることができるのだろうと考えるとてもきちょうな機会でした。フェアトレードという活動を知ることもできて、自分が世界にえんじょすることができるんだと思いました。いつかは全ての人が平等に、幸せになれたらいいと思います。(女)

 

*貧困以外の事もたくさん考える事ができた。フェアトレードのそんざいを初めて知ったので少しでも気を配るようにした方がいいなと思ったのでしっかり考える!(男)

cimg0941%e8%8b%a5%e6%b0%b4%ef%bc%92

2016年12月16日(金)

*同じ地球の上でも私と同じ歳の子どもがたくさんはたらいていること、それは楽ではなくつらいことの方が多いことが身にしみて分かりました。そこから自分が日本で学校に通えて食べたいものがたくさん食べれて本当に幸せだと改めて実感しました。なのでこれからはフェアトレードを通じて自分にできることを探し少しずつでも実行していきたいと強く思いました。また今回の授業を受けて自分には知らないことがたくさんあえることに気付きました。他の国のことでも、苦しいことでも他人ごとだと目をそらさずに受けとめていかなければならないと思いました。今日自分のこと、自分の生活・考えを見なそうことができました。(女)

 

*今日はじめて知ったことがたくさんあってとてもいい時間でした。貧困について改めて考えさせられた時間でもあり、知るから想像し、考える、そして行動することのできる人たちをすごいと思ったし、自分も将来行動できる人間になりたいと思いました。(女)

 

*私たちより小さな子たちが、とても安いちん金で働いていることはしっていたけれど、今日話を聞いたようなほど大変とは思っていなかったので自分は、日本に生まれてよかったと思いました。自分があたり前と思っていることができない子もいるので、1日1日を大切に生きたいと思った。(女)

 

*この授業で、改めて「貧困」について深く考えることが出来ました。もし自分がそういう国に生まれたらと考えたら、もう苦しい気持ちでいっぱいです。私は家のお手伝いなども「やりなさい!」と言われてからいつも、しぶしぶやっているので、世界の子ども達には申し訳ない事をしていたんだなと思いました。世界にはこの年齢で、もう働いている子どもたちがいるのに、私は、何もせず、母にまかせっきりです。今後は、もっと手伝いをして「フェア・トレード」について、もっと真剣に取り組みたいです。(女)

 

*この講義をきいて今、日本はどれくらい幸せなのか今、貧困になっている人はどれくらい苦しいのだろう、ということをしっかり考えられた。日本は戦後70年たったが貧困に悩んでいる人々の戦いは終わっていないなと思った。フェアトレードの大切さが分かった。またいつも何気なくご飯を食べたり学校へ行ってるが感謝しながら生きていきたい。今日の授業を心に刻んでいきたい。(男)

 

*フェアトレードについて知ることができました。外国の児童労働の話から学ぶことができとても分かりやすかったです。私たちは教育を受けられるので、もっとフェアトレードのことや他の国の現状についてくわしく知るべきだと思いました。今回はその一部を知る事ができたので次は実行に移したいです。まず、私はフェアトレードのマークのついた商品を買おうと思いました。(女)

 

*今日の授業で貧困で困っている人がたくさんいるのが分かったし、貧困がどんなにたいへんなのかも分かった。私たちは、学校へ行って、大人が働くという考えがふつうだったけれど、学校に行けるということはとても良いことで、子どもが働かなくても良いというのはあたりまえじゃないのだと思った。でも貧困になっているからこそ一生懸命にがんばって人とたくさん協力しているということで、日本には無い良いこともあるのだと分かった。(女)

 

*児童労働、貧困などの問題については以前から知っていたこともあったけれど、今回改めて、発展途上国の現状の厳しさを感じた。私たちとは正反対の生活をおくっている子どもたちに何か自分のできる事があれば少しでも力になれるように協力したいです。今後、自分から、このような問題についての知識を深められるよう、インターネットなどで調べてみようと思った。(女)

 

*世界には、いろんな人がいて、自分たちのように毎日安心して暮らすことができる一方で、重労働を毎日して苦しい生活をしている人もたくさんいるということを改めて感じました。自分にも何かできないかなと考えてみても、なかなか思いつかないけれど身近な所に関わりがあって、つながっているんだと知りました。なので、これからもっと深く関わり、少しでも助けにつながるようにしたいです。(男)

 

*フェアトレードという言葉は今回始めて知ったのだが、貧困や苦しい生活をしている人の役に立つ、大切なことだと知った。そして貧しい国での子どもたちの生活を聞いて恐ろしいと思ったし、今の自分たちはとても想像のできないことだった。だからこそ、今の生活に感謝し、同じ地球に住んでいる仲間として、自分にできることを、小さな事でもやっていきたい。(女)

 

*世界には自分と同じ年だったり年下の子が大人にだまされて働いていると聞いた時はすごくショックだったし、そんな子がたくさんいるというのも絶対にあってはいけない事だと思ったから、早く少しでもそういう子が減ったらいいなと思いました。最後のうたにあったように、じぶんたちにもしできることがあったりするなら、少しずつでも協力したいなと思いました。今日はありがとうございました。(女)

12月24日(土)第15回フェアトレード・コーヒー生豆焙煎教室~ 東区にて

2016/12/16

煎りたて 挽きたて 淹れたて

「シャカゴリ珈琲くらぶ」参加会員募集!!

★珈琲は、飲むだけではもったいない!★焙煎から楽しもう!

焙煎教室

シャカシャカ・ゴリゴリ。初めて焙煎からトライしたい

気軽にゆっくり珈琲と会話を楽しみたい人の

「集いの場」です

【第15回】ワクワク・ドキドキ、あなたの手でフェア

トレードの珈琲豆を煎るところからはじめて、世界であなただけの味と香りをじっくり味わいましょう!

焙煎

▪️日時/12月 25(土) 午前10時〜13時(毎月1回)

❤️今月は年末スペシャルバージョンで1時間延長し、珈琲焙煎のあと、望年ハクサイ鍋

 も楽しみたいと思います。ぜひ一品お持ち寄りのうえ、ご参加ください❣️

▪️場所/ウィルあいち 料理スタジオ(2階) ★地鉄「市役所」②出口から東10分

▪️会費/700円(お菓子➕珈琲の「豆」知識のうんちく付き)

▪️申込/メール(moonflight■mac.com) ■は@ か電話(090-4191-5131へ留守録を)

で、前日までにお申込ください(定員制)。

❤️とりあえず会員の申込(登録)も可、次回以降の開催情報などを随時ご連絡

しますので、メールにてご連絡ください。

あなたの手で①いろいろな種類のフェアトレード・有機栽培の珈琲生豆(なままめ)を、②手持ち焙煎器を使って煎り、③手回しミルで豆を挽いて、④ネルドリップなどで抽出。

あなただけの本格的な珈琲の味と香りを、同好の人たちと一緒にゆったり楽しめます。

【①生豆】フェアトレード/有機栽培の生豆を用意

メキシコ・ペルー・東ティモールなど

★フェアトレード生豆(キリマンジャロ・マヤビニック・東ティモールなど)は、フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店にて購入できます。

【②焙煎】手持ち焙煎器でシャカシャカ

【③ミル】手回しミルでゴリゴリ

【④抽出】ネルなどのドリッパーでじっくり

珈琲は奥が深い。豆の産地はもちろん、煎り具合、粉の粗さ加減、抽出方法、お湯の温度など、その組み合わせは無限かも‥‥。まさに一期一会、仲間の淹れた珈琲も讃えながら、自分だけの味を求めてさまよい楽しむ。「とりあえずやってみる」もまたよし。至福のひと時をご一緒に!   モバイル もやい 風の家「お楽しみ珈琲くらぶ」/どい

ぬり絵コミュニケーション講座 12月10日(土)3名参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2016/12/11

ぬり絵コミュニケーション講座

%e5%a1%97%e3%82%8a%e7%b5%b5%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

ぬり絵で自分の心とコミュニケーション。

塗って、描いて心の開放してみませんか?

あなたの心の世界を自由に描きましょう!

ということで新講座が始まりました。

【日時】:2016年12月10日(土) 10:30~11:30

【場所】:フェアトレードショップ 風”s(ふ~ず)正文館店

名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F​

【対象】:中学生以上

【定員】:5名(先着・予約優先)

【参加費】:700円(当日1000円)

【講師】:メンタルコーチ 加藤一美(癒やしの空間・詩木の森代表)

《 講座内容 》

1、イメージの力(呼吸を整える)

2、ぬり絵

3、ぬり絵からどんな思いを感じ取れるかな?

(感想) イメージの力の必要性を感じた。それには我にむかって問う時間が必要。イメージさえできれば物事はその方向へ進んでいくのだと思う。そのトレーニングにもなる講座。はがき大に描く自分のこころ持ち。面白いと思う。

 

12月9日デンソー本社にて フェアトレード・チョコ販売 

2016/12/11

%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%99

 

デンソーさんとのおつきあいはかなり古くて10年以上前から、昼の休憩時間に近くの洋菓子の「パンドラ」さんと一緒に屋外や屋内で販売をさせて頂いていました。

その後、社員のなかで南山短期大学の関口ゼミでフェアトレードを学んだ女学生さんがデンソーに入社して、国際交流のボランティアに参加するなか、Xmas・バレンタイン・ホワイトデーとフェアトレードのチョコを社内で販売していましたが2年前に次ぎの道へ行くと言うことで退社。そのあとも1年はこの活動も受け継がれましたが昨年は無くなり、いままで10年以上続けてきたことで是非継承したいと御願いしたところ、総務部社会貢献推進室から快諾頂き休憩時間2時間、推進室の鈴木さんと一緒にPR販売しました。

デンソーの総務部社会貢献室鈴木さんと

デンソーの総務部社会貢献室鈴木さんと

 

 

広報ふくめ多大に協力してくださった鈴木さんは、「なふたうん」のもっとも古いメンバーのめぐり~さんと青春時代を過ごした高校時代ボート部のお仲間でした。めぐり~さんは、毎月は発行の「なふたうん新聞」編集を担当しています。嬉しい出会いと、デンソーのみなさんがとても好意的にフェアトレード・チョコを購入頂いて、土井ゆきこ自身は5~6年ぶりのデンソーでの販売で嬉しい一日でした。売上金の一部7500円も、学生さんたちのバザーでの売りあげ金の一部と一緒に「ネパリ・バザーロ」と「レスキュー・ストックヤード」に寄付をします。毎月一度風”s店頭でとりまとめて2カ所にわけて寄付をしています。2011年3・11以来続けています。

「ネパリ・バザーロ」の自然化粧品クーネは、ネパールとのフェアトレードの長いおつきあいを経験に、3・11以降東北での復興に力を注いでいるネパリバザーロが東北産とネーパール産の材料で開発しました。フェアトレード・ショップ風”s正文館店で販売しています。いかに普通の化粧品が添加物を上乗せをしているかこの化粧品で勉強しました。フェアトレードは学ことが多いです。

20161209112129%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc

 

 

Search