‘2013/07’ カテゴリーのアーカイブ

7月2日、にいがたフェアトレード推進委員会の佐藤孝輔さんが来店、インタビュー受けました。

2013/07/03

佐藤さんは、現在熊本でフェアトレード・タウンの勉強中。

新潟のスーパーマーケットの仕事を2年間休職して、大学院で研究をしてみえるそうです。もとは魚屋さんだったそうで、エビから東南アジアにおけるODAの問題などに視野が広がり、2010年に東京経済大学で開催された国際シンポジウム「フェアトレードの拡大と深化」に参加され、フェアトレード・タウン運動を研究する思いをもたれたそうです。

このシンポジウムには、土井ゆきこも参加。

イギリスのフェアトレード・タウン創始者ブルースさんにも3月1日名古屋に立ち寄って頂いてお話しを聞く機会を得ました。

またこの国際シンポジウムの会議のあと集まったフェアトレード関係者がその後、会を重ね、今のフェアトレード・タウン・ジャパン(FTTJ)を立ち上げました。その間、熊本へも2度お邪魔して、アジアで初のフェアトレード・タウン立ち上げた時も同席させて頂きました。

その後も各地でぷくぷくとフェアトレード・タウンの思いは全国でわきあがってきているようです。

新潟でも始まったフェアトレード・タウン運動、楽しみですね!

以下HPより紹介します。

にいがたフェアトレード推進委員会

新潟でのフェアトレード普及を目的として、設立しました。
この団体のミッション(使命)は、次の通りです。

  1. 新潟において、フェアトレードを普及させます。
  2. 新潟のフェアトレード団体/関係者のネットワークをつくります。
  3. 新潟県外/国外のフェアトレード団体/関係者のネットワークをつくります。
  4. フェアトレード団体/関係者による共同活動を実施します。

短期的・中期的には、新潟市のフェアトレードタウン認定を目指します。


メンバー紹介

岡田篤志(共同代表)
一橋大学大学院社会学研究科にてフェアトレードを研究中。生まれも育ちも新潟市東区の生粋の新潟っ子。趣味は釣りとイソ遊び。アメフラシを捕まえることが大好き!現在は研究のため東京在住。 
佐藤孝輔(共同代表)
新潟大学現代社会文化研究科にてフェアトレードを研究中。新潟県加茂市在住。趣味はランニングと旅行。現在は熊本県熊本市にてアジア初のフェアトレードシティを調査するために熊本市に滞在

7月2日 名古屋文理大学須藤ゼミ生9名 フェアトレード・ショップ風”sへ

2013/07/03

名古屋文理大学須藤ゼミ生がやって来ました。今年は男性が多く7名と女性2名の9名。

名古屋文理大学須藤ゼミ生が、ウィルあいちのフェアトレード・ショップ風”s へ来てくださるには、今年で5年目くらいになります。

7月2日名古屋文理大学s

須藤先生より

『 例年通り、
おかげさまでゼミ室から飛び出し実際にフェアトレードに携わっている方々から生の
声や貴重なお話を拝聴することができて、ゼミ生一同、感謝しております。また学園
祭の際には、色々とお世話になろうかと思いますが、よろしくご指導ください。』

7gatu 2his

ウィルあいちフェアトレード・ショップ風”sに、訪れた名古屋文理大学の須藤ゼミ生

 

今年も、森を守るフェアトレード、森林農法によるフェアトレード・コーヒー「エコ・ブラック」を学園祭に販売し、授業で学んだフェアトレードを発信してくださるようです。紙パックは、間伐材を利用しています。環境問題・人権問題をこの「エコ・ブラック」で若者たちに伝えたい。

 

フルーツバスケット ECO・BLACK エコブラック

以下はエコブラックの生産者情報です。

フェアトレードカートカンコーヒー「ECOBLACK

製 品 名:フェアトレードカートカンコーヒー「ECO・BLACK」エコ・ブラック

販売価格:150円(税込)[税抜価格:143円]

規  格:195gカートカン (ハイバリア加工済)

原  料:エクアドル コタカチ郡産 とメキシコのプエブラ州トセパン組合 有機無農薬珈琲生豆

~原料珈琲豆の生産地~

珈琲豆の特性:南米エクアドル コタカチ郡とメキシコのプエブラ州の大自然の中で、森林農法に基づき、農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培された、地球と人にやさしい安心で安全な珈琲豆です。

樹木と混栽培されるコーヒー

 

森林農法(アグロフォレストリ)について:その土地特有の森林と生態系を生かしながら、多様な作物を育てる農法で、中南米やアフリカを中心に熱帯地方で伝統的に営まれています。森の中で、アボカド、バナナ、柑橘など食用となる樹木、コーヒー、スパイスなど嗜好品の樹木、建築材や薪となる樹木などを育て、並行してニワトリなどの家畜の飼育も行います。

森の多様性を保ちながら、生活に必要な果物(バナナなど)を生産して自給的な生活を可能にし、かつ、換金作物であるコーヒーを一緒に栽培することで現金収入も得られるわけです。そうしたライフスタイルを実現させていくことが、森林農法の意義として挙げられます。また、その実践は、森と共存しながらの発展、豊かさの形成が可能であることのモデルともなり、現在エクアドルにおいては、鉱山開発による自然破壊の過ちを糾す反対運動の原動力となっています。

森林農法においては、コーヒーの樹は、多種多様な樹木に囲まれて栽培されます。他の樹木が作り出す日陰により強い直射日光から守られ、また落ち葉が土を豊かにしていくなかで、より美味しい珈琲豆が育まれます。

 

カートカンの特性:カートカンとは、国産材(主に間伐材や端材)を30%以上使用した、日本の森林育成に貢献できる紙製飲料缶です。カートカンを使用することは「木を使い森を育てる」ことにつながり、元気な森林が増えていきます。また、間伐材を積極的に活用しているので、カートカンを通じて「植える」「育てる」「収穫する」という緑の循環サイクルに必要なコストが山に返還されます。

100㎡の森林から生産される間伐材は、カートカン約6万本分にあたります。

カートカンには輸入の外材も使用されていますが、これらはすべて計画的に植林・伐採された木材です。

 

ハイバリア加工:通常のカートカンのバリア層に、さらにバリアフィルムを一層加えて、通常でも非常に少ない酸素透過量をより少なくする方法が、ハイバリア加工です。ECO・BLACKでは容器(包材)に、このハイバリア加工のカートカンを採用しております。このように、酸素透過量を極限まで下げた容器ですと、内容物が外部の酸素の影響をほとんど受けないので、長期間にわたって製造時のままの新鮮な状態を保つことができます。

ECO・BLACKは、原料において、100% フェアトレードの・有機無農薬栽培の珈琲豆を使用している点、パッケージにおいてハイバリア加工の カートカンを採用している点、製品において無添加ブラックコーヒー。

~ECO・BLACKパッケージデザインの特徴~

ECO・BLACKには、地球温暖化をテーマにした物語「私にできること」の主人公である、クリキンディという名のハチドリが、マークとしてデザインされております。

フルーツバスケット・ECOBLACK・エコブラック・ハチドリ

――森が燃えていました

森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは、いったりきたり くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います

クリキンディはこう答えました 「私は、私にできることをしているだけ」

『私にできること~地球の冷やしかた』(ゆっくり堂)より

さて、燃えていたあの森はその後、どうなったのでしょう。森は燃えてなくなってしまったのでしょうか。それとも……。物語の続きをつくるのはあなたです。

クリキンディのように、燃えている地球にひとしずくを落としていきたい。これが、ECO・BLACKに込めた私たちのメッセージです。あなたのECO・BLACK1本がひとしずく。さあ始めましょう! ポトリポトリと「私にできること」。

ECO・BLACKのハチドリは、よくご覧になられるハチドリ(カナダ先住民ハイダ族のアーティスト、マイケル・ニコル・ヤグラナス氏のイラスト)とは別の意匠です。デザインされているのは、ECO・BLACKの原料生産地、エクアドル コタカチ郡の知事であった、アウキ・ティテゥアニャ氏。エクアドル コタカチ郡の珈琲豆から作られたカートカンコーヒーに、知事自らのデザインによるマークがプリントされているのです。

デザイン料として、購入されたECO・BLACK1本ごとに1円が、エクアドル コタカチ郡に支払われます。このデザイン料は現地で、鉱山問題の解決を始めとして、学校や病院の建設などさまざまな事業に役立てられる資金の一部となります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フェアトレード紙パックコーヒー「エコ・ブラック」は、カートカンからお鍋やカップに入れ替え、温めるだけで、ホットコーヒーとしてもお召し上がりいただけます。缶コーヒーとは違う本格的な味わいを、ご家庭で簡単に、そしてエコに、お楽しみください。

『私にできること~地球の冷やしかた』(ゆっくり堂)私にできること  地球の冷やしかた

300円書籍も、フェアトレード・ショップ風”sにて取り扱っています。

「エコ・ブラック」は各種イベントや、これからの夏祭りにも人気です。

****************************************
フェアトレード・ショップ風”s
052-962-5557(休館日のみ休み)
〒461-0016名古屋東区上竪杉町1ウィルあいち1F

ファシリテーター育成プログラム  (特活)名古屋NGOセンター ご案内

2013/07/03

■□—————————-————————-□■
ファシリテーター育成プログラム
受講者募集!! 2013年8月~12月(全11回)
無料説明会開催 7/7(日)、7/10(日)

~世界の課題に取り組む仲間づくり~
(特活)名古屋NGOセンター
■□—————————-————————-□■

環境、エネルギー、人権、貧困問題…私たちが抱える様々な
問題は容易に解決できる状態ではありません。
一方で「社会に役立つことをしたい」「つながりを大切にする
生き方がしたい」と考え、行動する人も増えてきています。
「ESD(持続可能な開発のための教育)」は主体的に社会の課題
取り組むことで、将来の世代にも犠牲を強いることのない社会
づくりを目指しています。
本プログラムでは、ESDを担うファシリテーターの育成を目的
として、社会の課題に取り組むNGOの活動を直接見聞きし、ESDを
実践するための知識とスキルを身につけていきます。
そして、それは教室や机の上にとどまらず、社会生活全般で
いろいろな人と関わりながら、より良い未来をつくっていくための
チカラにつながります。
あなたも私たちとともに一歩踏み出してみませんか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】プログラム内容。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『1.講座編』
3回の参加型の講座では、ESDやファシリテーターについての
基本的な理解を図ります。
『2.実践編』
講座編で学んだことを活かし、NGOが取り組む社会の課題を聞き取り、
仲間と共にワークショップ・プログラムを作り上げます。
作成したワークショップは、第10回12月1日(日)に一般対象の公開講座
として実践する予定です。
『3.ふりかえり』
本プログラムで得たことを振り返り、今後の実践につなげます。

●対象:
・『1.講座編』『2.実践編』『3.ふりかえり』の全日程に参加できる方。
・社会の課題に対し、解決に向け取り組む意欲のある方。
●定員:20名
*応募者多数の場合は、参加申込書の内容に基づき選考させていただきます。
●参加費:
一般:20,000円(名古屋NGOセンター個人会員は5,000円引)
学生:10,000円(名古屋NGOセンター個人会員は3,000円引)
*申し込み時に会員になっていただくことも可能です。
●開催場所:名古屋市内中心部を予定
●本講座の講師(ファシリテーター)
・(特活)NIED・国際理解教育センター(特活)名古屋NGOセンター

【プログラム日程】
※時間はすべて「10:00~17:00」となります。
※全11回すべて参加型ワークショップにて実施します。
『1.講座編』
・第1回:8月18日(日)「私からはじまるESD」
・第2回:9月1日 (日)「よりよい話し合いのためのコミュニケーション」
・第3回:9月15日(日)「ファシリテーターとは?」
『2.実践編』
・第4回:9月29日(日)「NGOが取り組む課題を学ぼう」
・第5回:10月12日(土)「ワークショップ・プログラムの作り方」
・第6回:10月13日(日)「ワークショップ・プログラムを作ってみよう(1)」※
・第7回:10月27日(日)「ワークショップ・プログラムを作ってみよう(2)」※
・第8回:11月10日(日)「ワークショップのリハーサルをやってみよう」
・第9回:11月17日(日)「ワークショップ・プログラムを作ってみよう(3)」※
・第10回:12月1日(日)「ワークショップの実践!!」
※印はチームに分かれてのミーティングとなります。
『ふりかえり』
・第11回:12月8日(日)「ふりかえり会」

●詳細チラシは以下からダウンロード下さい。
表(PDF:396KB) http://www.nangoc.org/information/esd-omote.pdf
中(PDF:304KB) http://www.nangoc.org/information/esd-naka.pdf

●申込方法:
下部にある「参加申込フォーム」をご記入いただき、
「申込み先」までFAX、E-mailにてお申込み下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】無料説明会を実施します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※無料説明会を以下の日程で開催します。
本プログラムへの参加を検討されている方、
特に参加型ワークショップが初めての方は是非ご参加ください。
(両日とも同じ内容となります。)

●1回目
日時:7/7(日)10:00~12:00
会場:ナディアパーク国際センターデザインビル6F セミナールーム2
http://www.nadyapark.jp/traffic/index.html

●2回目
日時:7/10(水)18:45~20:45
会場:YWCAビル4F 404号室
http://www.nagoya-ywca.or.jp/mapfiles/ywcamap.html

■名古屋NGOセンターまで「1.お名前」「2.電話番号」
を明記の上、電話・メール・FAXにて事前にお申込みください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】主催・申込み先・問合わせ先
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(特活)名古屋NGOセンター
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7階
TEL&FAX 052-228-8109 担当:田口
E-mail info@nangoc.org http://www.nangoc.org/
※日・月・祝日休み

————————————————————
ファシリテーター育成プログラム 参加申込フォーム
【申込〆切:7月31日(水)17:00】
*応募者多数の場合は選考させていただきます。
*参加の可否は8月上旬までに文書にてお知らせいたします。

以下の項目にご記入の上
FAX:052-228-8109 または E-mail:info@nangoc.org
にてお申し込み下さい。

1)氏名(ふりがな):
2)ご所属(学校名・勤務先等あれば):
3)年代:
4)住所 〒
5)TEL:
6)e-mail:
7)参加動機:
8) 本プログラムに期待すること:
9)原則、すべての日程への参加が申し込みの条件となっていますが、
10)参加できない日程がある場合はご記入ください。(          )

※今回ご提供いただく個人情報は本プログラムでの連絡調整及び
当センターが主催するイベント等に関する情報提供と、
それらに付随する諸対応に使用させていただく場合があります。
ご要望がありましたら名古屋NGOセンターまでご連絡を下さい。
————————————————————

※本プログラムは独立行政法人 環境再生保全機構
地球環境基金の助成を受けて開催します。

以上です。どうぞ、よろしくお願いします。

——————————————–
特定非営利活動法人名古屋NGOセンター
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7F
TEL&FAX 052-228-8109
E-mail info@nangoc.org (代表)
http://www.nangoc.org/ ※日・月・祝日休み
——————————————–

7月7日フェアトレード・ツキイチ・マルシェのご案内

2013/07/03

7月7日にスタートする、

フェアトレード・ツキイチ・マルシェです!

こちらは、フェアトレードなごや推進委員会とフェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)による共催のイベントです。

お買い物に出かけていただくのはもちろん、フェアトレード産品をお取り扱いの団体・店舗の方々には、ご都合の合う月(第一日曜日)にご出店いただき、フェアトレードの魅力を伝える場としてご活用いただきたいと思います。

毎月第一日曜日のテレビ塔下に、是非ご注目ください。

第1回目の7月7日(日)の出店者は以下の9団体です。

anam fairtrade&natural

KURATAPEPPER

Cocoagora

BASEY

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

mon reve

ハンカチ

バンドゥショップ

attendri et paisible

そして7月7日は、テレビ塔にて「日本・ASEAN友好文化交流会」と題した外務省認定イベントが行われます。

インドネシア・シンガポール・タイ・フィリピン・マレーシア・ブルネイ・ベトナム・ミャンマー・ラオス・カンボジアといったASEANの国々と文化を紹介したパネル展示や映像紹介の他、ASEANの国々の草花を使った生け花展など開催されます。午後には、ラオス大使がテレビ塔展望台を訪問し、また大村秀章愛知県知事、河村たかし名古屋市長も来場します。

フェアトレードの多いASEANの国々を紹介するイベントと合同で、華々しくフェアトレード・ツキイチ・マルシェはスタートいたします。

みなさまのお越しをお待ちしています!

———————–

地域と世界を、そして、今と未来をつなぐ〜

フェアトレード・ツキイチ・マルシェin NAGOYA TV TOWER

開催日 :7月7日(日)

開催時間:10:00〜16:00

開催場所:名古屋テレビ塔下・南側「エシカル・ペネロープ」前

人にも社会にも環境にも優しい国内外のフェアトレード商品(服・アクセサリー・雑貨・コーヒー・紅茶・食品 など、伝統・手仕事・自然農法・地産地消の温もりあふれる品々)を扱うこの地域の団体・生産者・お店。

”フェアトレード・ツキイチ・マルシェ”のテーマ:

知ること×選ぶこと=笑顔に!〜お買い物で世界を変えよう!〜

フェアトレードは、途上国や弱い立場の人々にお仕事の機会を生み出します。森林伐採や農薬による土壌汚染などの環境破壊からも地球を守ります。

フェアトレード(公正な貿易)とは,途上国や弱い立場にある生産者に対して公平な条件での貿易を継続的に行い、経済的な自立を支援することで、貧困問題の解決や、文化・伝統、そして環境を守ることができる思いやりの貿易です。

”フェアトレード・ツキイチ・マルシェ”の目的:

5月の第2土曜日、毎年、テレビ塔を中心に開催しています「世界フェアトレード・デー・なごや!」、今年で4年目。来場者3000人規模のイベントへと成長しました。そこで、年一回開催であったフェアトレード・マルシェを毎月定期的に開催することで「テレビ塔をフェアトレードに出会える場」として定着させ、地域の賑わい創出に繋がる国際協力・地域貢献を目的とします。

<名古屋の街をフェアトレードタウンに!>

フェアトレードの認知度が38.8%(全国平均25.7%)と、たいへん高い名古屋では、4つのフェアトレード団体が1つになり「フェアトレード名古屋ネットワーク」を結成し、2014年に名古屋市がフェアトレードタウン認証を得ることを目指しています。フェアトレード意識が高く、活動が盛んであると全国からも注目されています名古屋の中心、テレビ塔から、笑顔でつながるフェアトレードの思いを発信したいと思います。

主催:フェアトレードタウンなごや推進委員会

共催:フェアトレード名古屋ネットワーク

協力:エシカル・ペネロープ TV TOWER / 名古屋テレビ塔株式会社

後援:久屋大通発展会

 

なふたうん新聞  44号      2013年7月1日

2013/07/01

なふたうんマ-ク (2)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


   なふたうん新聞  44号      2013年7月1日

                 Nagoya Fair Trade town→NAFTown

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 発行

「消費者教育推進法」が昨年施行され、「消費者市民教育ガイド」と題された手引書が公表されました。学校教育用に作成されたガイドの大きな柱にフェアトレードが据えられました。

ガイドはは全16ページの簡易なものですが、その中で「経済的市民」のあり方としてフェアトレードが2ページにわたって取り上げられています。それに加え、半ページを使ったコラムで「フェアトレードタウン運動」まで紹介しています!それ以外も含めると、全16ページ中5ページです。

教科書にもいままで英語・社会科・家庭科などに取り上げられてきました。消費者の立場からのフェアトレードへの言及は重要なことだと思います。(以上、フェアトレード・ラベル・ジャパンの渡辺代表の報告の一部より紹介)

以前メキシコの森林農法(アグロフォレストリー)の研究者のパトリシアさんは「消費者としてモノを買う時の基準」を以下のように問いかけました。*メキシコのトセパンコーヒーは森林農法により栽培されています。

①健康を保てるか? ②貧しい人々がよりよい生活をする人生の豊かさがあるのか? ③文化面、生物の多様性はあるのか?④地域のシステムを守る事に役立っているのか?生態系のシステムと住人の関わりはあるのか?⑤毎日買い物をする際、選ぶことで自分たちの生活が充実したものになるのか?

さて、私たちの生活が心身ともに充実しているか、一度自身に聞いてみてはいかがでしょうか?

━━━━━ 7月なふたうんイベント告知 ━━━━━

■7月4日(木)

〈女性セミナー〉女性の生き方、今ここから~わたしらしい社会参画で輝く~7回連続講座の6回目 「わたしらしく生きる フェアトレード・タウンを目指した理由~世界とつながり、わたしが変わる、そんなフェアトレードってなに?~と題して土井ゆきこが担当。 名古屋市東生涯学習センター

■7月6日(土)

*第4回フェアトレード名古屋ネットワーク定例会 10~12時愛知県国際交流センターにて

*第20回チクチクプロジェクト10時〜12時 ウィルあいち1階交流サロンにて

どなたでも参加ok!です。(要連絡)

■7月7日(日) 出店3件

*中区矢場町 「ランの館」11~15時 フェアトレード出店

*中区TV塔にて 10~17時 ツキイチ・マルシェ フェアトレード出店

*刈谷 デンソー ハートフルまつり フェアトレード出店

■7月11日(木)

犬山市立東部中学校 3年生126名 「チョコレートの来た道」講演 土井ゆきこ

■7月12日(金)愛知県西庁舎10F売店にて フェアトレード・デー企画

         試飲・試食コーナーありま

■7月12日(金)

児童労働に取り組むNPO法人ACEの事務局長さんのお話を聞く会

〜当たり前と思っていることが当たり前でないと気付く児童労働の話〜

———————————————————————-

「児童労働ってかわいそうだけど関係ないわ!」って思いますか?それとも…….
私たちの暮らしと関係ないのでしょうか?
私たちにできることはないのでしょうか?
ガーナで、実際に児童労働をなくすために活躍している白木朋子さんにお話しが直接聞けるチャンスです。
【日時】2013年7月12日(金)18時半~20時半
【場所】ウィルあいち セミナールーム3
【会費】700円(当日1000円)
【定員】要予約 20名(定員になり次第締め切り)
【申込】052-962-5557 土井ゆきこ

     https://ssl.form-mailer.jp/fms/3ad7cb83254831 

【内容】遊ぶ、学ぶ、笑う。そんなあたりまえを、世界の子どもたちに!
ACEは「世界中のすべての子どもが権利を守られ、希望を持って安心して暮らせる社会」を実現するため、1997年に学生有志が設立した、市民と共に行動し、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。若い世代の人たちによる、世界の子どもたちが幸せになるための行動は素晴らしいです!来名の折に是非聞いて頂きたいと思っています。

■7月13日(土)

 8期なごや環境大学国際理解教育ワ-クショップ「楽しく学ぶフェアトレード」

———————————————————————-

会場:ウィルあいち セミナ-ル-ム6

主催:名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(052-962-5557)

会費:700円/ 定員20名

要予約:huzu@huzu.jp

貧困とは何かにはじまり、世界の問題を考え、身近な問題を考え、自らの生活に引き寄せ、行動につなげてゆくための国際理解教育によるワークショップ。フェアトレードって何? ワ-クショップって何? と思う人も参加下さい!

■7月13日(土)〜14日(日)

 スロー・シネマ・カフェ  東区民家カフェ 白壁もやい「風の家」にて

———————————————————————-

★スロ−・シネマ・カフェ(SCC)って?★
カフェで、地域で、みんなで観る。感じたことを隣の人と話してみる。
その「場」を共有することで生まれる「つながり」が、新しい時代を創るSCC.
フェアトレードのTEA TIME もお楽しみください。

2013年7月13日(土)

第7回「プランイート」

時間:13〜15時 (上映時間72分)
内容:肉食が私たちの健康と地球環境に与える影響について、
科学的に解明するドキュメンタリー映画。
美味しそうなメニューがずらり!楽しいです。

2013年7月14日(日)
第8回「ファン・デグォンのLife is Peace」

時間:13〜15時(上映時間75分)
内容:政治犯として13年2ヶ月間独房で牢獄生活を送る。
新しい価値観、雑草と雑菌。それらが息づく
低い場所へと降り立つ事によって、彼は蘇った。

【申込】052−962−5557 土井ゆきこ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba9f28ba246130
【場所】  民家カフェ 白壁もやい「風の家」 名古屋市東区白壁1−30
052−951−5757 ウィルあいち から 歩5分
【会費】 各1000円(当日1300円当日参加はできない場合もあり)フェアトレードのお茶お菓子
【定員】 要予約 各12名(定員になり次第締め切り)

■7月14日(日)第35回も~やっこカフェ 東区民家カフェ 白壁もやい「風の家」

 どなたでも参加OK! 要連絡

■7月22日~26日 名古屋西庁舎地下 フェアトレード出店

■7月29日(月)愛知シルバーカレッジ 土井ゆきこ講師「フェアトレードについて」

 産業貿易会館西館13~14時

━━━━━ 6月フェアトレードイベント報告 ━━━━━

6月1日

*愛知中学校 国際理解教育参加型ワークショップ 「チョコレートの来た道」通算33回目

今年で3回目の愛知中学校での出前授業です。中学一年生36名参加。

*第19回チクチクプロジェクト再開!11名の参加。フェアトレードのバナーを作っています

6月8日 

『フェアトレードと平和への道』 お話 土井ゆきこ 10名参加

東区民家カフェ 白壁 もやい「風の家」にて

6月9日 

も~やっこカフェ 白壁もやい「風の家」にて 10名参加

次回は7月14日10時~12時 (どなたでも参加OK、要連絡)

6月8日〜9日

スローシネマカフェ サティシュ・クマール今ここにある未来」9名、

「六ヶ所村ラプソディー」5名、「川口由一の自然農というしあわせ」9名参加。

振り返りシート①→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10504

振り返りシート②→http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10510

6月14日 

 愛知県西庁舎10F売店にて「フェアトレード・デー」試飲試食会

6月15日

*第9期なごや環境大学共育講座 国際理解教育参加型ワークショップ 「楽しく学ぶフェアトレード」第1回目 9名参加

*NPO法人日本BPW連合会名古屋大会 基調講演 『ESDとフェアトレード~持続可能な未来を拓くフェアトレード~』土井ゆきこ  130名程の参加

*第2回世界欄フェスタ2013 ランの館出店 

 

6月24日(土)

聖霊中学高等学校 土曜セミナー

国際理解教育参加型ワークショップ「チョコレートの来た道」 8名参加(中学生・高校性)

6月24~28日 

名古屋市西庁舎地下1F フェアトレード出店

6月29日

*第9期なごや環境大学共育講座 国際理解教育参加型ワークショップ 「楽しく学ぶフェアトレード」第2回目 19名参加

■■■ワンコインサポーターも募集中です!!■■■


500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたしま
す。ただいま173名!

目指すお店の数と同数の228人、目指します!よろしく
お願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(なふたうん)

なふたうんブログ*http://www.nagoya-fairtrade.net /

facebook*http://www.facebook.com/nagoya.fairtrade

フェア・トレードショップ 風”s(ふ〜ず)内

 土井ゆきこ052-962-5557(T&F)(休館日のみ休み)huzu■huzu.jp(■は@に変えて)

★月曜日も営業しています

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Search
Archive

You are currently browsing the 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 ブログアーカイブ for 7月, 2013.