‘2013/06’ カテゴリーのアーカイブ

第5回 スローシネマ・カフェ(SCC)川口由一の自然農というしあわせ With 辻信一 振り返りシートその2

2013/06/11

2013.6.9 第5回 スローシネマ・カフェ(SCC)川口由一の自然農というしあわせ With 辻信一 白壁もやい「風の家」にて

振り返りシートその2

 

*視野を広くもつことの大切さを改めて思いました。個人だけではなく、日本や世界の人々のことだけでなく、地球上のすべての生き物のことを考えたものの考え方が大切だと感じました。(20代男性)

 

*「耕さない」が目からウロコでした。

稲も人間と同じで、小さいころ、若いころは手をかしてあげて、あとは彼らの力で生きてゆくというのが自然だなと感じた。農薬や肥料はそう考えると不自然だなぁ。

「足るを知る」ステキなコトバだと思いました。

争わない、相手にすべてを理解してもらおうと思わない、正しいことをしていればいつか理解してもらえる。皆さんと意見を分かち合うことができてとても楽しく、よかったです!(20代女性)

 

*川口由一さんの“理解してもらおうとすることをやめる。攻撃しない。非難しない。正しいことをやっていれば自然とわかってもらえる”という考え方に心を打たれました。自然農を広めることで批判はあるけれど、広まっていったら昔の自給自足の生活に少しでも近づくことができるのではないかと思いました。(20代女性)

 

*いのちの道・我が道・人の道の自然農をする上での三道があっての農業こそが、これからの日本の生き残る道である事を改めて痛感する一方、日本の島国根性的差別やしがらみ、金ですべてをうやむやにしようとする時代は終わり、ゆるやかにゆるやかに・・・一人一人が目覚め、生きるもの(食物)への感謝が必要ではないか。工業ではなく農業(川口由一式)が国民が生き残る為の唯一の事ではなかろうか!(40代男性)

 

*自然農はほったらかしなのかなと思っていたけれど、ちがっていた。川口さんは強い人だと思いました。自分の信じる道を他人と争わずに進んでいけたらいいなと思いました。「足るを知る」かんたんなようで現代では一番むずかしいことなのかもしれません。(40代女性)

6月8・9日のスロー・シネマ・カフェ 9名+5名+9名 白壁もやい「風の家」にて

2013/06/09

6月9日  2部の川口由一さんの~自然農というしあわせ~の上映後のみなさんの感想(一部です)

* 自然農という農法がどんなものか知らなかったが、いのちを増やすと川口さんが仰っていて、生物とともに力を借りて生きていくことだと思った。今までの知識ではなかった田畑の様子を見て驚いた。生物、いのちについて考えることができとてもよかった。いつか体験してみたいと思う。(30代
女性)

>*川口さんのことは、この映画のお知らせをいただくまで知りませんでしたが、映画が始まってすぐに『この人に会ってみたい!』と思うような魅力的な方でした。”良いこと”を他人に押し付けて言うのではなく、自分の行動として示していく。何を言われようと自分の信念をたいせつに(心の中で)していく姿を見習いたいと思いました。(22歳
女性)

* 『足るを知る』まさにその通りだと思いました。また川口さんの話は哲学的でためになり、一つのことを極めるといろいろな物が見えてくると思いました。(30代
男性)

* 今日、映画の自然農法は非常に感銘を受けました。自然農法を人間社会に置き換えて、社会を畑、人間を農作物に例えたとき、余りにも人間社会が自然から離れている事を感じます。科学の進歩、医学の進歩が、自然を阻害している事が、自然らしい人間の邪魔をしている事は悲しいことだと思います。(70代
> 男性)

第34回 も~やっこカフェ10名参加

2013/06/09

6月8日 第4回スローシネマ・カフェ 「サティシュ・クマールの今、ここにある未来」9名参加

2013/06/08

フェアトレードと平和への道 のお話し会に続いて 白壁もやい「風の家」で

第4回スローシネマ・カフェ 「サティシュ・クマールの今、ここにある未来」開催

振り返りシートは次回に

【5/22~6/22は「スロー・シネマ・カフェ月間」!~社会をゆっくり、深く変えていこう】IN 名古屋  民家カフェ  白壁もやい「風の家」

2013/06/06

?スロ-・シネマ・カフェ(SCC)って何? カフェで、地域で、みんなで観る。感じたことを隣の人と話してみる。

その「場」を共有することで生まれる「つながり」が、新しい時代を創るSCC.
***************************お知らせ********************************

6月8日・9日 第4・5回 スロ-・シネマ・カフェ (DVD上映会)
                                        
③「川口由一の自然農というしあわせwith辻信一」<http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=35807755>
耕さない、肥料も農薬も使わない、動力機械も使わない、 虫や草や鳥を敵としない・・・。 人間と大地とのあるべき関係は….?

『川口由一という物語  辻信一

世界中の農業は近代化の果てに、今やいのちの世界から遠隔たった場所に行きついてしまいmした。農と食は人類の生存の基盤そのものです。それが、市場競争の中に巻き込まれてしまったのです。

中小の農家はより大規模な農家に吸収され、地域の自給的な農は姿を消し、農山村の人口の多くが都会へ流れ出ました。今や、田畑は単一の換金作物を大量生産する工場のよう。 効率化の先端にあるはずの先進国の農業は「十のエネルギーを投入して一を得る」という不効率の極みにあります。

それが私たちの時代です。かっていのちをはぐくみ、幸せな社会と幸せな人生の基盤を築くはずの農的な営みが、人類の未来をおびやかすものへと変貌してしまったのです。

そんな時代にあって、自然農とは何を意味するのでしょう?それは、こんがらがった糸をほどくように、農耕という営みの大もとへと辿り直すことにちがいありません。耕さない、肥料も農薬も使わない、動力機械も使わない、虫や草や鳥を敵としない….。 そんなふうに余計なものをひとつずつ引き算していけば、しまいには、農の原形が浮かび上がるはずです。人間と大地とのあるべき関係がそこに姿を現すでしょう。

農業を超えて、川口由一さんの物語はすべての人に開かれています。それは、人が人として生きる意味を、人がひとつのいのちとして生きる意味を、そして人が個々の自分を生きるということの意味を語ってくれます。

世界はいよいよ曲がり角です。 今こそ、川口さんお言葉に耳を傾け、その生き方に溢れている美しさや愉しさに触れてください。そこには、大転換期を幸せに生きるための智恵が詰まっています。』

 

 【日時】
2013年6月9日(日)15時~17時  ③川口由一
【場所】 民家カフェ 白壁もやい「風の家」 名古屋市東区白壁1-30 052-951-5757 【会費】各1000円
(当日1300円当日参加はできない場合もあり)フェアトレードのお茶お菓子付き
 【定員】要予約 各12名(定員になり次第締め切り)【申込】
052-962-5557 土井ゆきこhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/ba9f28ba246130
 【主催】
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会・白壁もやい「風の家」
 ★予告映画
6月30日10時~『パワー・トゥ・ザ・ピープル』には、オランダで再生可能エネルギー普及に
取り組む活動家などを紹介する、私たちに勇気や力を与えてくれるドキュメンタリー
★お願い 映画館ではないのでちょっと明るめのシネマカフェです。
***************************************
フェアトレード・ショップ風”s内
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 土井ゆきこ
090-8566-2638
052-962-5557(休館日のみ休み)
〒461-0016名古屋東区上竪杉町1ウィルあいち1F
http://www.nagoya-fairtrade.net/
huzu■huzu.jp (■は@に)

今、見よう! 「六ヶ所村ラプソディ-」 again  6月9日(日)10時~

2013/06/06

 第5回 スロ-・シネマ・カフェ(SCC)

六ヶ所村ラプソディー

鎌仲ひとみ監督「六ヶ所村ラプソディ-」は2006年の映画。日本の原発54基の使用済み核燃料を処分する施設が

 六ヶ所村の高台、一番景色のいいところに建てられた。風下に村がある。

大きな波寄せる海をバックに流れる
津軽三味線の音がこころに響きます。
過疎に暮らす人の心の音のように私のこころに響きます。
今、もう一度! 初めての人も、是非見て欲しい。
日本の構造がわかります。沖縄・水俣・福島の構図が……。

【日時】 6月9日(日)10時~12時45分(上映時間は2時間、あとでティ-タイム)
【場所】 民家カフェ 白壁もやい「風の家」 名古屋市東区白壁1-30 電話052(951)5757
【会費】各1000円
(当日1300円当日参加はできない場合もあり)フェアトレードのお茶お菓子付き【定員】要予約 各12名(定員になり次第締め切り)

【申込】052-962-5557 土井ゆきこhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/ba9f28ba246130

 以下映画より少しメモした言葉
疎外された人々がいる。

チェルノブイリのようにはしたくない! と語っていた人がいる。

戦争とはちがって、地球規模で汚染される。

子どもの故郷、原風景を考える。

中立は無い。反対か賛成。中立の怖さを知ろう! それは容認。

知らなかった? 知らないふりをする?

動けばそれだけ変わっていく、確かめながら行動。

村人がいかに翻弄されたか…..

努力しないと守れない。

権力とお金の世界。

100万年も放射能のゴミを眠らせる

例えば、地雷の上に家をつくり、安全にしているからだいじょうぶと言われても
平穏には暮らせない。

排水が安全というなら、3Km先まで配管して汚水を海へ流さなくて
岸へすぐに流せばいい。工事費がかかるだけだ。

 

なふたうん新聞  43号           2013年6月2日 

2013/06/02

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なふたうん新聞  43号           2013年6月2日

Nagoya Fair Trade town→NAFTown
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

            名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 発行

5月のフェアトレード月間、楽しんで、また、学んで頂けたでしょうか?

取材もたくさんありました。

中日新聞Risa は1~3面に渡ってフェアトレード特集、中部経済新聞・中日新聞は2回掲載・スターキャット・名古屋テレビ・西区のフリーペーパー冊子の見開きカラー記事など。

今年1月に発足したフェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)が動きはじめました。

5月のフェアトレード月間企画のスケジュール表を作成、また初めてのニュースレターとして『惣』を発行。テーマは「フェアトレード雑貨でピクニック」。風“sにあります。

またお隣の韓国の首都ソウル市では市長とフェアトレード団体の代表とフェアトレード・タウンを誕生させた、立て役者のブルースさんの立ち会いのもと5月12日フェアトレードタウン宣言をしました。

来年の名古屋のフェアトレード月間はさらに充実し、楽しみ、買い物もし、勉強もするフェアトレード月間企画を今から準備したいと思っています。

ゆっくりSlow、簡素Simpleに、暮らしを続けSustainableて、土Soilとつながり、心Soulを耕し、「おかげさま」という関係性の社会Societyに暮らしたいですね。

━━━━━ 6月なふたうんイベント告知 ━━━━━

———————————————————————-

 6月1日(土) 第19回チクチクプロジェクト

———————————————————————- 

時間:10時〜12時  次回は7月6日(土)

場所:ウィルあいち1F 交流サロン

参加費:なし(参加予定の方はご連絡くださいね。変更等お知らせのため)

———————————————————————-

 6月1日(土) 愛知中学校 国際理解教育参加型ワークショップ

         「チョコレートの来た道」 

———————————————————————- 

今年で3回目の愛知中学校での出前授業です。

———————————————————————-

 6月8日(土)『フェアトレードと平和への道』 お話し 土井ゆきこ

———————————————————————- 

時間:13時〜15時

場所:東区白壁 もやい 古民家カフェ『風の家』 052-951-5557

定員:15名

参加費:500円+別途ワンドリンク注文要

http://m.facebook.com/BaiBimoyaiFengnoJia?id=160961074070857&_rdr

申込先:KSY.aichi@gmail.com
(お名前、ご連絡先、フェアトレードと平和への道参加申込の旨を入力願います)

———————————————————————-

 6月8日(土)〜9日(日)

 第4・5回 スロ-・シネマ・カフェ (DVD上映会) 

———————————————————————- 

①   「サティシュ・クマ-ルの今、ここにある未来」

② 「六ヶ所村ラプソディ-」

②   「川口由一の自然農というしあわせwith辻信一」

ナマケモノ倶楽部発信の自主上映ムーブメント始動!~スロ-・シネマ・カフェ
カフェで、集会室で、地域で、劇場で、
みんなで観る。感じたことを隣の人と話してみる。
その「場」を共有することで生まれる「つながり」が、新しい時代を創るSCC.

サティシュ・クマール(Satish Kumar
思想家。インド生まれ。
E.F. シューマッハとガンジーの思想を引き継ぎ、 イギリス南西部にスモール・スクールと
シューマッハ・カレッジを創設。 エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」 編集長を務めながら、世界中で講演を行う

六カ所村ラプソディ-
あれから2年、事故がいまだ収束しないまま、これから日本の原発はどこへ向かうのか。
私たち自身と、こどもたちを被ばくから守りたいと願う人に向けて作った
『内部被ばくを生き抜く』、 未来のエネルギーについて考える 『ミツバチの羽音と地球の回転』の鎌仲ひとみ監督が、 核燃サイクルという日本のエネルギー政策の根幹にするどく切り込んだ
ドキュメンタリー『六ヶ所村ラプソディー』 もう一度上映です。

川口由一の自然農というしあわせwith辻信一
自然農とは何を意味するのでしょう? それは、こんがらがった糸をほどくように、農耕という
営みの大もとへと辿り直すことにちがいありません。 耕さない、肥料も農薬も使わない、動力機械も使わない、 虫や草や鳥を敵としない・・・。そんなふうに余計なものを ひとつずつ引き算していけば、しまいには、農の原形が 浮かび上がるはずです。人間と大地とのあるべき関係が
そこに再び姿を現すでしょう。

【日時】
①2013年6月8日(土)16時~18時 サテイシュ・クマ-ル
②2013年6月9日(日)10時~12時45分 六カ所村ラプソディ-
③2013年6月9日(日)15時~17時 川口由一

【場所】 民家カフェ 白壁もやい「風の家」 名古屋市東区白壁1-30  052-951-5757

【会費】 1000円(当日1300円当日参加はできない場合もあり)フェアトレードのお茶お菓子付き

【定員】 要予約 各12名(定員になり次第締め切り)

【申込】 052-962-5557 土井ゆきこ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba9f28ba246130

  ———————————————————————-

 6月9日(日) も~やっこカフェ 

———————————————————————-  

【時間】13時~14時半 ワンドリンク代要 参加はどなたでもOK(要連絡)

毎月1回、東区の民家カフェ 白壁もやい「風の家」にて第2土または日に開催

「なふたうん」にまたフェアトレードに興味のある方の参加お待ちしています。

———————————————————————-

 6月15日(土)、29日(土)、7月13日(土)

 8期なごや環境大学国際理解教育ワ-クショップ「楽しく学ぶフェアトレード」 

———————————————————————-  

【会場】 ウィルあいち セミナ-ル-ム
【主催】名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(052-962-5557)
【会費】 1500円(3回) / 定員20名
【申込】要予約  https://ssl.form-mailer.jp/fms/ea7cb8b6152487

貧困とは何かにはじまり、世界の問題を考え、身近な問題を考え、自らの生活に引き寄せ、行動につなげてゆくための

国際理解教育によるワークショップ。

フェアトレードって何? ワ-クショップって何?

と思う人も参加下さい!

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会オリジナル参加型ワ-クショップです。

ワ-クショップとは、対等な立場で参加型の学びあいの場をもちます。

一人の人間として尊重され、多様なものに触れ、気づき、心が動くことで価値観は育ちます。

———————————————————————-

 6月15日  2013年 NPO法人日本BPW連合会名古屋大会http://www.bpw-japan.jp/japanese/index.html

基調講演 『ESDとフェアトレード~持続可能な未来を拓くフェアトレード~』———————————————————————- 

場 所: 名鉄グランドホテル/名古屋市中村区名駅1-2-4

一般の方の参加も可能だそうです。申し込みiris@bpw-japan.np (定員なり次第締め切り)無料
13:00 開会式 【柏の間】・開会挨拶 ・理事長挨拶

13:15~ 基調講演
・『ESDとフェアトレード~持続可能な未来を拓くフェアトレード~』
・講師 土井ゆきこ氏 (フェアトレード名古屋ネットワーク代表)
14:55~ ヤングスピーチコンテスト 【柏の間】 ・テーマ「私と仕事」
15:40~17:40 ワークショップ(分科会)「BPWはNPOとして何をめざすのか」
・第1分科会 「ビジネスに女性の活力を」 【柏の間 A】
・第2分科会 「NPOにおける若い女性のリーダーシップ」 【柏の間 B】
・第3分科会 「NPO法人としてのBPWの今後の活動」 【桂の間】

———————————————————————-

 6月15日(土) 中区矢場町 ランの館 フェアトレード・バザー出店 11~15

———————————————————————-  

———————————————————————-

 6月22日(土)聖霊中学高等学校 土曜セミナー 午前中

国際理解教育参加型ワークショップ「チョコレートの来た道」 ———————————————————————  

———————————————————————-

予告:フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)第4回定例会

10~12時 愛知県国際交流協会にて

———————————————————————  

━━━━━ 5月フェアトレード月間のイベント報告 ━━━━━

5月11日(土)

世界フェアトレード・デー・なごや2013 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会も出店

●5月12日(日)国際理解教育 参加型ワ-クショップ「チョコレ-トの来た道」

今回で32回目になる、国際理解教育 参加型ワークショップ 親子で参加の「チョコレートの来た道」子どもさんも2歳から11歳まで、18名の親子さんが参加http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10285

5月16日(木)

5月16日 民家カフェ 白壁もやい「風の家」にて 「フェアトレードで朝ごはんキャンペーン」参加

朝食からフェアトレードを考えてもらい、積極的にフェアトレード食材を取り入れてもらおうと、世界的に広がっているフェアトレードの朝ごはんキャンペーン。

5月18日(土)

講演とワ-クショップ「おどるゴリラ?しゃべるゴリラ? ~ゴリラの住む森から 持続可能な未来への伝言~」

親子さんか含めて31名参加ゴリラダンスに惹かれてきた人、ゴリラ語に惹かれてきた人、アフリカ大好きで来た人、みんなで踊りました。

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10392

5月19日(日)講演&交流会「人生を変えた女性たち 〜フェアトレードShe石けんを通じて〜」

NGOシャプラニール、元バングラデシュ駐在員の菅原伸忠さんのお話&交流会 42名の参加http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10374

5月25日(土)

講演会「フェアトレードの可能性」 パレスチナオリ-ブ代表 皆川万葉

5月フェアトレード月間、締めくくりは、今年2013年4月に仙台から甲府に事務所を移した、パレスチナオリーブの代表、皆川万葉さんをお招きして、名古屋国際センター(NIC)5階 第一会議にて55名の参加のもと「フェアトレードの可能性~理不尽な世界で楽しく前向きに生きる~」と題して講演会を開催しました。

http://www.nagoya-fairtrade.net/?cat=7

5月フェアトレード月間中、展示は市内3カ所で開催

5月2日(木)~5月28日(日) 展示「フェアトレードで伝えるESD(持続可能な開発のための教育)」

【場所】    エコパル名古屋13F(名古屋市中区栄1丁目)http://www.ecopal.city.nagoya.jp/【内容】ESD、持続可能な開発のための教育は未来を創る人を育むこと。地球の限りある資源を上手に使って、今を生きる人も、未来を生きる人も公正に暮らせる社会をつくりだす力を育むこと。フェアトレードとは深い繋がりをもっています。フェアトレードとは何か? ESDとは何か? そのつながりは? についての展示。

5月9日(水)~5月19日(日) 展示「フェアトレードをもっと知って欲しい展」~フェアトレード現場生産者さんの物語~

【場所】    ウィルあいち1F展示室(名古屋市東区上竪杉町1)

【内容】 バングラデシュの女性達の作った香り豊かな石けん「Sheせっけん」紹介展示。  働く女性達は、様々な苦難をかかえ、以前は売春をしていました。孤独と差別の闇から、仲間とともに石けんをつくり、収入を得ることで自信や誇りをもてるようになった笑顔も展示しました。

5月14日(火)~5月31日(金) 「ゴリラとフェアトレードの展示」

【場所】    あいち国際交流プラザ1F

【内容】 絶滅危惧種のゴリラと、フェアトレードの関係は?

森に住むゴリラは人と遺伝子が2%しか違わない仲間です。森が消えていくスピードは?

そしてその速さに関わる人間の暮らしを問い、森を育て守るフェアトレードの展示をしました。

■■■ワンコインサポーターも募集中です!!■■■


500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたしま
す。ただいま169名! 目指すお店の数と同数の228人、もちろんそれ以上も目指します!よろしく
お願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(なふたうん)

なふたうんブログ*http://www.nagoya-fairtrade.net /

facebook*http://www.facebook.com/nagoya.fairtrade

フェア・トレードショップ 風”s(ふ〜ず)内

 土井ゆきこ052-962-5557(T&F)(休館日のみ休み)huzu■huzu.jp(■は@に変えて)

★月曜日も営業しています

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月1日 第19回ちくちくプロジェクト 再開! 11名の参加 ウィルあいちにて

2013/06/01

昨年9月以来のちくちくプロジェクト、学生さんたちも5名参加。フェアトレードのバナーを作っています。

ウィルあいちにて

ウィルあいちにて

手作りはとても大切な時間です。針を持つ時間のある人は少ないのではないでしょうか?

フェアトレードは人の手をかけることで仕事を創りだします。

その手仕事の大切さを、みんなで体験しています。ほんの少しのアップリケに2時間という時間があっという間に過ぎました。

大変さと同時に手仕事のぬくもりも感じる時間です。

次回第20回は7月6日(土)10時~12時 ウィルあいち1F交流サロンにて 無料

どなたでも参加OK!

 

6月1日 愛知中学で「チョコレートの来た道」国際理解教育参加型ワークショップ開催 通算33回目

2013/06/01

「チョコレートの来た道」国際理解教育参加型ワークショップ開催 【通算34回目】

愛知中学での授業受け持ちは、今年で3回目の参加。

昨年はおとなしい生徒さんでしたが、今年は賑やかだったそうですが、「チョコを知らない子どもの」手記を読みはじめるとシ~ンという様子。

後日アンケートなど紹介します。36名の参加  中学一年生

6月8日 テーマ:『フェアトレードと平和への道』 講師:土井ゆきこ 主催:これからの世界をよくする会(KSY)

2013/06/01
「これからの世界をよくする会(KSY)」は、私たちの日々の行動が世の中のさまざまな問題と繋がっていることを有識者のお話を通して理解し、日々の生活を見直す場を目指して発足しました。
 今回は『フェアトレードと平和への道』をテーマに、土井ゆきこさんを講師にお迎えします。
 土井さんのお話を聞いたのち、参加者全員で座談会を行います。
テーマ:『フェアトレードと平和への道』
講師:土井ゆきこ さん
参加費:500円+別途ワンドリンク注文要
場所:東区白壁 もやい 古民家カフェ『風の家』 052-951-5557
申込先:KSY.aichi@gmail.com (お名前、ご連絡先、フェアトレードと平和への道参加申込の旨を入力願います)
定員:15名
土井ゆきこさん・・・フェアトレードショップ風’s(ウィルあいち1F)オーナー。2009年6月に「名古屋をフェアトレードタウンにしよう会」を立ち上げる。ワークショップや国内外からお客様を招いたフェアトレード講演会を多数行うなど、フェアトレードの推進に向けて勢力的に活動している。
※フェアトレードタウンとは?
発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを旨とした「公平貿易証明」がなされた商品(フェアトレード製品)の利用を促進しているとして、公正貿易証明団体から認定された都市。
 フェアトレードを切り口として、環境問題や人権問題などの社会問題をみんなで考えてみませんか?
 ご参加、お待ちしております。
主催…………………….~( C・>
KSY[これからの世界を良くする会]
Kitaoku Junko
Shinomiya Masahiro
Yamada Kunie
ホームページ

…………………….~( C・>

同日同場所 民家カフェ 白壁もやい「風の家」 http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=10323
16時~18時 スロー・シネマ・カフェ 開催

サティシュ・クマール(Satish Kumar)の今、ここにある未来」会費1000円(フェアトレードのお茶とお菓子付き)

【申込】 052-962-5557 土井ゆきこ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba9f28ba246130
【主催】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会・白壁もやい「風の家」
Search
Archive

You are currently browsing the 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 ブログアーカイブ for 6月, 2013.