‘2011/08’ カテゴリーのアーカイブ

8月31日 中日新聞朝刊に紹介されました。

2011/08/31
8月31日中日新聞朝刊

8月31日中日新聞朝刊

8月29日 全国商工新聞(週間)に”なふたうん”の活動が掲載されました

2011/08/29

全国商工団体連合会発行の新聞に、業界の話題として、フェア・トレードが

まちづくりと一体で

生活から世界を変える

知って、選んで、伝えて

と8月29日の全国商工新聞に紹介されました。先日東京から来名された記者さんの取材を受けました。

全国商工新聞s

ご縁を頂いたのは、2009年にウィルあいちフェスタの参加団体への説明会や団体紹介のある会合で、愛知県婦人部協議会(県婦協)の事務局の人へ私がタウン運動のことを話した事がきっかけでした。

すぐに役員会合で土井を呼んでフェア・トレードの話をする機会を作って頂きました。10月はじめのことだったと思います。その後も会員の方が店にフェア・トレード産品を置くなどして、すこしづつ展開が始まっています。

記事のなかで県婦協会長の加藤三重子さんは”地域に喜ばれ、役立つ商売をどう継続させるかを話し合い、活動するなかでフェア・トレードに出合った。その理念は私たちが求めている要求と一致する”と話しています。

また自営のレストラン アラグサ にチョコレートやコーヒーを置いたところ、お客さんとも話が弾んだと話しています。

既存の商店の人たちの共感

買い物をする消費者との共感

世界に視野をむけている若い人との共感

フェアトレード・タウン運動は、新たなる分野の人たちを巻き込みながら、花びらや緑や星が、流れるように美しく、やさしく、ゆるやかに舞い込む、優しい台風の目になっていくといいな~と思っています。

この全国に配布される新聞が、どのような反響を得るのか楽しみです。

 

 

 

8月28日 第51回フェア・トレード入門講座 6名参加

2011/08/29

54回FT入門s

フェア・トレードを知ったばかりの人が三人含め、大学生二人も参加。次回は10月の予定。

振り返りシートより

・いいことではなく、当たり前のことだとわかりました。国が違ってもつながっている。広く考える事が大切。

・オーガニック商品は消費者だけでなく生産者にたいしても害のない安心できる商品だとわかったから、これからは進んでそういった商品を選んで買おうと思う。

・もっとフェア・トレードや世界に存在する深刻な問題について知りたくなった。知ったうえで、活動もしたい。商品を買うときにいろいろ考えるようにしたいと思いました。

・まだまだ世界の貧困や戦争などが消えない。人の心を変えていくためには、何をして生きて行けば良いのだろうかと、改めて考えさせられました。悲惨な現状をなくしたい

・本日の講座で、改めてフェア・トレードが日本・世界そして地球の事に、どれだけ貢献しているかを痛感し、まずは身の回り、そしてナゴヤから本当に日本全国にフェア・トレードを発進できるようにしていく事が大切で、一人一人の考えたを少しずつでも変えていくよう努力していきたい。

ちくちくプロジェクト 今日8月27日発進! 花や樹や鳥やクジラたちと

2011/08/27

福岡伸一著”動的平衡”に彼が翻訳した本のことが書いてありました。

”エレファントム”著ライアル・ワトソンは象のことをこのように述べています。

”象は太古の昔からずっとヒトを見守っていた。象たちはヒトの祖先が樹から降り、森林から草原に出てきたときも、そっと場所を譲ってくれたほどだった。南アフリカのクニシナには、かってたくさんの象が穏やかに生息していた。象たちは母系社会を形作って生活する。…..徹底的な象牙乱獲のターゲットとなっていった。開発の波も容赦なく草原と樹木を収奪し、そこに引かれた大規模な道路は象の生活圏を寸断していった。…三頭が確認されるだけになった。…たった一頭になった象。

このクニスナ最後の象は、人びとから”太母(メイトリアーク)”と呼ばれる雌だった。一世紀前500頭もいた象の群は、ついに一頭を残すのみになった。数年後アメリカにいるライアル・ワトソンのもとに、最後の母象が行方不明になったという情報がはいり急遽南アフリカへ向かった。

生涯母系家族を維持し、常にコミュニケーションを取り合って暮らして来た象が、たった一頭残された時、彼女は一体どこへ行くのだろうか? ワトソンにはある確信があった。

彼は、少年時代を過ごした南アフリカのある場所でかって象を見たことがあったのだ。

そこはクニスナ地区から国道を越え、森林地帯が終わるところ。そこでアフリカの台地は突然、崖となりその下の海面に垂直に落ち込む。切り立った壁の上から大海原が見渡せる。

はたして、ワタソンはその崖の上にたたずむメイトリアークを見た。そしてそ光景を次ぎのように書き記した。

”私は彼女に心を奪われていた。この偉大なる母が、生まれて初めての孤独を経験している。それを思うと胸が痛んだ。無数の老いた孤独が目の前に浮かび上がってきた。救いのない悲しみが私を押しつぶそうとしていた。

しかし、その瞬間、さらに驚くべき事がおこった。

空気に鼓動が戻ってきた。私はそれを感じ、徐々にその意味を理解した。

シロナガスクジラが海面に浮かび上がり、じっと岸の方を向いていた。潮を噴き出す穴までがはっきりと見えた。

太母は、この鯨に会いに来ていたのだ。海でもっとも大きな生き物と、陸でもっとも大きな生き物が、本の100ヤードの距離で向かい合っている。

そして間違いなく、意志を通じあわせている。超低周波音で語り合っている。大きな脳と長い寿命を持ち、わずかな子孫に大きな資源をつぎ込む苦労を理解するものたち。高度な社会の重要性と、その喜びを知るものたち。この美しい稀有な女性達は、ケープの海岸の垣根越しに、互いの苦労をわかちあっていた。

女同士で、太母同士で、種の終わりを目前に控えた生き残り同士で”

以上の内容には、以下の挿絵もありました。江戸時代の画家とワトソンの1990年後半の話とつながっている不思議…….。

 「若冲、最晩年の大作屏風 北陸の旧家で『象鯨図』発見」(東京新聞)
 *辻惟雄氏による鑑定内容の概略が記載されています。

 

ドキュメンタリー映画地球交響曲(ガイアシンフォニー)監督の龍村 仁さんのメッセージは、風”sにオープン当初の10数年前から貼ってきました。今日、それがハラリと落ちてきて、今日のちくちくプロジェクト発進の時にみんなに紹介しようと持参し以下がその一部です。

かって

人が花や樹や鳥やクジラたちと

本当に話が出来た時代がありました。

その頃

人は自分達の命が宇宙の大きな命の一部分であることを

誰もが知っていました。

太陽を敬い、

月を崇め、

風に尋ね、

火に祈り、

水に癒され、

土と共に笑う事が本当に活き活きと出来たのです。

ところが、

最近の科学技術のめざましい進歩と共に…….

とつづくわけですが、まさに失われたものの大きさを知る3・11でした。

くじらの海2s

葉 翔明さん絵・文による”クジラの海”を読んで今日のなふたうんのバナー

作成の第一段階下絵を描きました。

クジラの海3s

名古屋がフェア・トレード・タウンになったことをイメージして、左に月、クジラ、右に太陽、左奥の山々森林から流れ出る川、川下には町並み、名古屋城もみえます。画面一杯に手をつなぐ人と動物や鳥たち。桜の木も手前から名古屋城に伸び、花びらをたたえます。

ちくちくPs

この日に臨み、今日欠席の二人も下絵を提出してくれて、みんなで図案を考えました。今日の参加者5人は、思わずできあがっていくバナーの下絵に拍手を送りました。

みんなで、考え作り上げていく課程を今日も楽しく体験することができました。フェア・トレード・タウン運動はこのような積み重ね、つながりによって誕生してゆく道を歩いていくのかな~と感じた1日でした。

今後半年かけて、ちくちく縫って行きます。わたしたちの思いを縫い込んでいきます。花や、樹や、鳥や、クジラたちと話す事ができたらいいね~。

どうぞ水曜日午前中時間のとれる方はご参加下さい。次回は

9月28日(水)

10時~12時 

会費500円 

ご指導下さるのは、キルトネットワーク・ジャパンのメンバーの方。

場所は、ウィルあいち2F あいちNPO交流プラザ

申し込みは、052-962-5557 huzu■huzu.jp  ■は@にかえて 土井まで

中京大学 フェア・トレードサークル紹介 fairing

2011/08/27

 

8月6日 第5回 中京大学 金山まつり が開催され、以下の
ように報告がありました。
中京大学1s
・企画について
  …大学の文化会と金山の商店街の人たちが毎年合同で行う企画で、今年は初めて大
    学のサークルも一緒にすることができました。
    軽音楽部や和学部といった部活動の発表の他に、漫画『ドラゴン桜』の作者を招い
    たり、ミュージカルがあったり、JRや自衛隊の人たちがブースを出していたりしまし
    た。
中京大学2s
【fairingについて】
fairingは、国際協力、主にフェアトレードを中心として活動する中京大学のサークルです。
主な活動として、
 ・生協でのフェアトレード商品の販売
 ・10月末に行われる大学祭でのフェアトレードカフェの出展
 ・大学内におけるフリーペーパー等を使った広報活動
の3つがあります。
現在は、大学祭に向けて準備をしています。
 
【イベントについて】
・企画の名前
  …・fairingの出展内容について
  …風”sからの委託商品の販売を中心として、その他にもfairingのフリーペーパーや資
    料の配布をしました。
・参加メンバーについて
  …サークルのメンバーのうち、2年生が8人と、1年生が2人参加しました。
・感想について
  …商品を借りることで、ポップ作りが円滑に進んだ。
  …大学祭に向けた良い練習になった。
  …お客さんが大人の人が比較的多かったが、フェアトレードを知っている人が多かっ
    た。
  …売ることに集中しすぎていたので、もう少しフェアトレードを広めることに力を入れる
    べきだった。
  …コーヒーの加糖があればよかった。
  …外で行ったので、とても暑かったです。
★ 他これから学園祭・文化祭の花盛り
9月10日 向陽高校文化祭 向陽高校ボランティア部
9月13日 大府東高校 PTAの皆さん
9月 15・16日   金城学園祭 
9月 17・18日   南山中学・高校 小百合会
10月29・30日 愛知淑徳大学
11月3日 南山短期大学   など
      

明日8月27日 ちくちくプロジェクト発足 準備会開催

2011/08/26

どなたでも参加できます。申し込みは052-962-5557 土井ゆきこまで

ウィルあいち2F あいちNPOプラザ 14~15時くらいの予定 

■    ちくちくプロジェクト発足

秋から、名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(略称“なふたうん”)は、ちくちくプロジェクトを発足させます。NPO法人キルト・ネットワークジャパンの皆様の指導を受けながら平日水曜日午前中月1回の講座で“なふたうん”のバナーを約半年かけて作ります。1回500円の参加費で、どなたでも参加できます。(1回目は9月28日の予定)

 ■    “なふたうん“のキルト・バナー

 イメージは、宇宙を感じる 月

      大海を感じる 鯨

      大地を感じる 森・川・鳥・花

      身近な環境 街のシルエット

などとイメージしながら図案を皆さんと考えます。

 ■    フェア・トレードと手仕事

 フェア・トレードの雑貨や洋服は、手仕事の素晴らしさを教えてくれます。どんな人たちが、どんな思いで作ったのかしら?と想像をすることもフェア・トレードならではの楽しみです。

手のかかったものは不思議なことに、心に手をさしのべてくれるような思いにもなります。

 ■    繕いながら生きよう

 あなたは“ちくちく”する時間を持っていますか? 靴下の破れなどは日常茶飯事ですね。でも繕う時間はそうでもない。なにかバランスがとれない…..,消費の世界ですね。

 日々の生活もほころびて来ることがあるでしょう。こころや体がきしんでくることもあります。かなりのこと、こころも体も耐えてくれるようです。しかし、度が過ぎれば折れてしまうことも想像できます。しなやかさも大切だけど、ほころびに気をむけ繕う時間、振り返る時間、自然に身を置き癒す時間が必要と思います。

 短縮できない時間を、費やしながら、歩く速度で生きる。

それを“ちくちく”の世界から学びませんか? フェア・トレードの雑貨がいかに素晴らしいかも認識できるようになると思います。たくましく生きる途上国の女性達に思いを馳せながら共に生きましょう。

 

■    手仕事はこころの仕事

 

多分、手を無心に動かしている時は、無心の世界。無心の世界でこころを洗い、つましく生きる精神を養う。手縫いのみにあらず、織りや染めなど様々な手仕事が世界中で受け継がれています。フェア・トレードの産品で素晴らしい手仕事に出会えます。

名古屋市役所西庁舎地下出店2日目

2011/08/23

出店S

名古屋市役所西庁舎地下売店にフェア・トレード店オープン

2011/08/22

8月22日(月)~26日(金) 期間限定の出店ですが、フェア・トレードショップ風”s(ふ~ず)が、名古屋市役所西庁舎地下売店にフェア・トレード店オープンしました。10時~16時。

10月は24日(月)~28日(金)と、11月・12月まで各一週間の出店予定があります。

食堂の近くです。是非お立ち寄り下さい!

オーガニック映画祭とフェア・トレード

2011/08/21

2012年2月19日 ”なごや 国際オーガニック映画祭”開催します。

OC

フェア・トレード・タウン運動のなかで、大切な動きの一つに他の団体とつながるということです。今回は”なごや国際オーガニック映画祭”の発起人になり、また運営委員として関わっています。

「オーガニック(Organic)」の意味は、添加物を使わずに、化学肥料や農薬を使わない、といった意味になり、有機栽培で作られたものです。

持続可能な生産をめざすフェア・トレードはオーガニックをめざしています。

化学肥料や農薬をつかわないということは、大地や水を汚さないこと、そこで働く人や食べる人が健康でいられることですね。

2月19日の映画祭では、フェア・トレードのカフェもオープン予定です。一日だけのカフェでゆっくりして頂きたいと思います。

今日8月20日はキックオフ・ミーティングで、19名の人が集まりました。

実行委員長であるよしのさんの挨拶のあと、インタビューゲームで互いの交流をしました。そのあと委員会にはいり、いよいよスタートしました。

OC映画祭s

今朝の栄のオアシス21で開催されたオーガニックファーマーズ朝市村の、野菜を使って料理されたものを、みなさんで楽しみました。なすのハンバーグもありました。アフリカの料理もでてきました。オクラも湯がいておかかかけ、美味しかった!素材がいきています。

食事s

 

引き続いて実行委員を募集しています。次回は9月14日(水)18時半~ウィルあいちにて開催。

大地とつながる映画祭、あなたも参加しませんか?

自然と人・消費者と生産者・人と人、

命の続きを見失わないように、出会って、一緒に行動しよう!

みんなが幸せに生きる方法を大地と一緒に考えよう!

それぞれの命、それぞれが生まれてきてよかったと思う事ができる世界

植物も動物も人間も、大地も空気も水も、みんなそれぞれの命をつなげて回る地球

そんな事に気がつく映画祭になったらいいなと思います。

今、環境とエネルギーを考えるキルト&ポスター展 8月22日15時まで

2011/08/19

 

 

展示1s

展示2s

以下お知らせが送られてきました。ご案内します。

「原発に不安を感じるママの会」が、インターネット上の
「脱原発ポスター展」をプリントアウトし、各地で展示していただく
企画をはじめたところ、大好評です。
21日(日)に至っては、ラミネートポスター全58枚フル出動して
同時5箇所開催になりました!
ご協力くださった皆様、改めましてありがとうございます。
開催中ならびにこれからの予定を、以下掲載いたします。
http://www.geocities.jp/mama_huan/

NHK名古屋放送局1階での展示(!、最初で最後?)会場では、
環境ワークショップが行われていますので、お子様と参加がてら
是非見てみてください。

また、ポスター展以外の脱原発系イベントも掲載いたします。
参考にしてください。
——-
☆わたしの街の脱原発ポスター展(名古屋発)☆
貸出ポスター一覧 http://www.geocities.jp/mama_huan/58-1.pdf
           http://www.geocities.jp/mama_huan/58-2.pdf

【日時】8/9(火)-8/22(月)9:00~21:00
【場所】ウィルあいち 1階展示コーナー
【展示枚数】4枚
【主催等】愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地 http://bit.ly/oSd7mPl
  入場無料
  主催: GAIAの会 052-962-5557(風”sふ~ず内)

      名古屋をフェアトレードタウンにしよう会
  協力: NPO法人キルトネットワークジャパン・
        七世代先の子どもたちの未来を考る会
  チラシ:http://bit.ly/qvD3RW

【日時】8/16(火)-8 /22(月)9:00~21:00
【場所】名古屋YWCA 2階スペースhttp://bit.ly/iMOWT2
【展示枚数】13枚
【主催等】入場無料
  主催:原発に不安を感じるママの会
   http://www.geocities.jp/mama_huan/

【日時】 8/20(土)-8/26(金)
【場所】片浦中学校(神奈川県小田原市根府川41)
   http://event.iwj-beta.com/odawara/
【展示枚数】名古屋から28枚+仙台から60枚
【主催等】 神奈川県小田原にて開催される岩上安身IWJ小田原
   イベントにて、脱原発ポスター展事務局が教室1部屋を借りて、
   仙台の仲間のポスター60枚と共に計88枚の大展示会を行います。
  ・6.11100万人アクション完全中継プロジェクトmemorialイベント内
  ・問合せ:脱原発ポスター展事務局(秋山)
    http://nonukeart.org/

【日時】8/21(日)10:00~17:00
【場所】 NHK名古屋放送局1階「NHKこどもサマースクール2011」内
    環境ワークショップ・環境パネル展示イベント
   http://p.tl/7v4A
【展示枚数】5枚
【主催等】主催:アースネット・なごや
   問合せ:090-4867-0486(今井)

【日時】8/21(日)13:30~16:20
【場所】名古屋市 女性会館ホール(地下鉄 東別院駅 1番出口東へ 3分)
    http://bit.ly/nYZXLc
【展示枚数】8枚予定
【主催等】原発運転差止め判決を下した元裁判官 井戸謙一さんの講演会
   参加費 1,000円
   主催 「原発震災」講演実行委員会 西英子(052)808-3241
   http://bit.ly/nK8mAU

【日時】8/28(日)14:00-
【場所】 刈谷市産業振興センター7F小ホール(300席)
   http://bit.ly/ngBrf2
【展示枚数】20枚
【主催等】14:00~ 田中優さん講演    
     17:00~ 優さんに聞いてみようタイム
     http://bit.ly/nNJUnt
  ●参加費  900円 ※人数に限りがありますのでお早めに。
 (高校生以下500円 乳幼児無料☆お膝の上でお願いします。)
  ※ 一部を東日本大震災被災地への義援金にあてさせていただきます。
  ●お申込み・お問い合わせ  
  城内志津   TEL:090-3457-3699
       MAIL:sizuful-158@ezweb.ne.jp  
  磯貝 愛   TEL:080-1612-0637
  ●主催 田中優講演会実行委員会『そらとも』
  ●後援 刈谷市・刈谷市教育委員会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

8/19(金)19時から、9/19(月・祝)パレード打ち合わせ(名古屋・伏見)

 9月19日(月・祝)には、東京で大規模な脱原発の集会が予定されています。
 http://sayonara-nukes.org/
 それに合わせ、名古屋でも同じ日に脱原発パレードを行いたいと考えています。
  日程  9月19日(月・祝)
  会場  名古屋 白川公園(地下鉄伏見駅徒歩5分)
  集合  午後1時半
  出発  午後2時半
 主催: 『9.19さよなら原発inあいち』実行委員会
     メール:mirai.tokainet@gmail.com
     電話:050-3500-2887
      http://blog.goo.ne.jp/611aichi

 その準備のため、第3回目の実行委員会の開催を呼びかけます。こちらへの
 ご参加も合わせてよろしくお願いいたします。
  日時:8月 19日(金)19時から
  場所:なごやボランティア・NPOセンター 会議室
   名古屋市中区栄一丁目23番13号伏見ライフプラザ 12階
   http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/

——————————
いま、私たちにできること
~東日本大震災チャリティライブ in 垂井~
 日 時 : 2011年8月21日(日)  11:00~16:30
 会 場 : 朝倉運動公園 セミナーハウス
 (岐阜県不破郡垂井町宮代1984番地の4)
 入場料 : 前売り、当日券ともに 2,000円
 (チケットには、1,000円分の食券がつきます)
 (中学生以下のお子さんは無料で入場できます)
 主 催 : 西濃環境NPOネットワーク
 主 管 : NPO法人 泉京・垂井
 http://gifu-en-dukuri.blogspot.com/2011/08/blog-post.html
  ◎お問い合わせ先:NPO法人 泉京・垂井 事務所
  TEL:0584-23-3010
  E-Mail:info@sento-tarui.org
☆★☆★☆★☆★☆★プログラム★☆★☆★☆★☆★☆
 【ステージ】 11:30~12:30
 「エネルギーの未来を考える」
  進行:神田浩史(NPO法人 泉京・垂井)
 ゲスト:石井伸弘さん(かえるファーム)
     石井久美子さん(原発に不安を感じるママの会)
——————————————————–
電気をカエル計画ミーティングin三重

http://ameblo.jp/kaerukeikaku/
■日時   8月22日(月)  10:00~12:00
■場所   四日市市なやプラザ 会議室
      http://www.npo-naya.jp/guide/guide.html#map
      駐車場有、JR四日市駅より徒歩5分。
■内容   電力自由化の概略、どういった施設・事業所が対象となるのか
      電気をカエル計画の調査・提案の進め方、
      市民調査ボランティアの役割
■参加対象 脱原発・エネルギーシフトを実現したい方
       再生可能エネルギーの地産地消を実現したい方
       電力自由化に関心のある方
   再生可能エネルギーで地域経済を活性化したい方
■参加費  500円
■主催・申し込み かえるファーム
         岐阜県本巣郡北方町加茂185-24
         TEL・FAX 058-323-2534
         e-mail nobuhiro_141@yahoo.co.jp
http://tunagari.chu.jp/kaeru/index.html
————————————————
8/27(土)28(日)放射能測定センター・ボランティアスタッフ養成講座

未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター
ボランティアスタッフ養成講座

■日 程:2011年8月27日(土)および28日(日)(いずれかの半日)
■時 間:午前(10時~13時)、午後(14時~17時)
■場 所:株式会社名古屋生活クラブ
 名古屋市西区比良2-120 052-501-0251
*緊急連絡先:080-1257-4066(石田)
■ 講 師:大沼章子氏
■持ち物:筆記用具、ノート(マニュアルはこちらで用意しています)
■当日の内容:
 1)放射線(能)の基礎
 2)測定器の使い方の解説及び実習
 3)その他
■ボランティアスタッフ養成講座へお申し込みの方は、お名前、
 お電話番号、携帯番号、希望参加日(午前・午後の別)を
 お書き添えの上、以下までメール又はお電話ください。
 tnet_sokutei@ray.ocn.ne.jp
 052-501-0251(名古屋生活クラブ内)
 http://tokainet.wordpress.com/2011/08/08/v/
———————————————
~飯館村から避難している方のお話を聞く会~
■日時 8月29日(月曜日) 午前10:30―12:30
■場所 名古屋市緑区、南大高駅すぐ、南生協病院・・・1階「だんらん」横の和室
http://www.minami.or.jp/access/index.html
■ 内容 渡辺とみこさん40代の女性ほか2名の方が来てくれます。
原発事故後、ふるさとを離れなければならなかった方の
直接の声を聞き、私たちにできることを一緒に考えませんか?
■参加費 500円です。
■[申込み]おひさまマ~マ 安保成子 080-6925-5568まで
http://ameblo.jp/kodomonomirai2011/entry-10984620552.html
—————————————————–
9/3(土)自治体電力購入調査発表+原発シンポ(松本)

■日時 9月3日(土)13:00~9月4日(日)12:00
■場所 松本市大手公民館(住所:長野県松本市大手3丁目8-1 )
 http://bit.ly/qDofA4
■内容 第18回全国市民オンブズマン松本大会
 http://www.ombudsman.jp/taikai/
  13:15~14:00 「原発と情報公開」全体報告
   ・自治体電力購入調査報告
           ・原子力関係の情報公開請求途中経過
           ・原発と情報公開、見えてきたこと
           ・原発利益誘導によってゆがめられた地方財政
  15:00~16:00 記念講演「ドイツにおけるエネルギー転換と
               自治体の役割」(千葉恒久弁護士)
  16:00~17:30 パネルディスカッション
  「福島第一原発の事故から民主主義を考える
   -原子力発電という国策に対し住民自治の観点から何ができるか-」
     千葉恒久弁護士(東京 自然エネルギー)
     高橋利明弁護士(東京 利権、学者の責任)
     吉原 稔弁護士(滋賀 原発再稼動差止の仮処分について)
      コーディネーター 井上博夫岩手大教授(いわて)
 ■参加費 5,000円(約500ページの資料代込み)
      資料なしなら1,000円
 ■主催・申し込み 第18回全国市民オンブズマン松本大会実行委員会 
         松本市蟻ヶ崎3-4 E-103
          Tel 090-3534-9131  Fax 0263-33-5379 
          npo_nagano_com_lib@yahoo.co.jp
          http://www.ombudsman.jp/taikai/
          
—————————————–
9/10(土)原発という犠牲のシステム~フクシマの犠牲と「人間の責任」を問う

 ■日 時: 9月10日(土) 午後1時30分~4時30分
 ■場 所: 伏見ライフプラザ 12F 第1研修室
 (地下鉄 伏見駅 6番出口南へ5分 中消防署ビル)
 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/
  ■講 師: 高橋哲哉さん 東京大学大学院教授
 ■テーマ: 原発という犠牲のシステム
    ~フクシマの犠牲と「人間の責任」を問う
  ■主 催: 国民保護法制を考える会
 ■参加費: 1000円
 ■連絡先: 西英子(052)808-3241
 http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/32729271.html
———————————————

9/11 さよなら原発パレード・ぎふ

■日時 2011年9月11日(日)10時半集合 11時スタート 12時解散
■場所集合場所:金公園(岐阜駅から金華橋通りを徒歩10分)
コース:金公園→岐阜駅前→ドンキホーテ前→金公園
■主催:さよなら原発・ぎふ
■お問合せ:yonaragenpatu@yahoo.co.jp
 Tel: 058-323-2534(かえる農園)
 http://tunagari.chu.jp/genpatu/paredo.html
————————————————
9/11(日)脱原発を訴える四日市市民の集い&デモ

■日 時:9 月 11 日(日)16時:市民公園での集会、16時 30 分:デモ出発
■ 場 所: 市民公園⇒ ふれあいモール⇒ 一番街⇒ 諏訪新道⇒ 本町プラザ⇒
  中央道路北側(市役所前)⇒ 近鉄高架下⇒ 市民公園
■ 主 催:脱原発を訴える四日市市民の集い(代表:熊沢誠)
http://www.kumazawamakoto.com/
■備 考:
 □デモのかたち
  ・ご参加のみなさまはそれぞれに思いを伝えるプラカードや
   ゼッケンなどを自由にご用意 ください。
  ・服装もむろんご自由。奇抜なコスチュームも可。
  ・簡単な楽器・サウンドを用いての行進も可。気軽に楽しく参加できる
   パレード風のデモ 行進にしましょう。
 □この日こその気持ちを込めて、雨天でも決行としましょう。
 □解散後には、有志のみなさまで 1 時間ほどかんたんなコンパまたは
 会食の集いをもちま しょう。

———————————————————
9/11(日) 大名古屋大サウンドデモ!!!

主催:原発サヨナRiotGRRRL!!
詳細は決まり次第ブログにアップ
 http://d.hatena.ne.jp/riotgrrrl/
 http://twitter.com/#!/sayonaRiotGRRRL

———————————————
☆☆ 広瀬隆 怒りの講演のDVD上映会
子どもたちを救え! 福島原発事故と放射能汚染 ☆☆

企画・制作 たんぽぽ舎 108分(4月30日 豊島公会堂)
■日 時: 9月11日(日) 2回上映
 1回目 午後1時30分~3時20分
 2回目 午後3時30分~5時20分
■場 所: 伏見ライフプラザ 12F 第1研修室
(地下鉄 伏見駅 6番出口南へ5分 中消防署ビル)
■ 資料代 500円
■主 催: 国民保護法制を考える会
■連絡先 西英子(052)808-3241
——————————————–
9.19さよなら原発1000万人アクションinあいち

  日程  9月19日(月・祝)
  会場  名古屋 白川公園(地下鉄伏見駅徒歩5分)
  集合  午後1時半
  出発  午後2時半
 主催: 『9.19さよなら原発inあいち』実行委員会
     メール:mirai.tokainet@gmail.com
  電話:050-3500-2887
   http://blog.goo.ne.jp/611aichi
—————————————————–
上記以外のイベントは「脱原発系イベントカレンダー」で。
http://datugeninfo.web.fc2.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原発に不安を感じるママの会
 E-mail mama_huan@yahoo.co.jp 
 http://www.geocities.jp/mama_huan/ 
  ツイッター http://twitter.com/mama_huan
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Search