‘2009/11’ カテゴリーのアーカイブ

国際カレッジ2009「フェアトレード入門講座」

2009/11/28

2日で学べる!「国際協力カレッジ2009」
~NGO・フェアトレード・国際機関・JICA・青年海外協力隊~
と題して行われた講座の4時限目「フェアトレード入門講座」を
担当しました。若い人たち30名近く参加。初めてフェアトレードを聞いたという人も含めての参加ですが、かなり聞いた事はあり、多少は理解しているという人達の参加でした。

名刺交換中!
★はじめに、A4に「私の長所」「生きたい国」「仕事」「フェアトレード商品の好きなもの」と真ん中に自分のマークを書いて5分間互いに自己紹介して回りました。5人の人と名刺交換した人もたくさんみえ、かなり積極的な方たちの参加でした。

★4つのコーナーにテーマにそって集まる、また赤・青・緑の色紙で三択するなどのウォーミングアップのあと30分ほどフェアトレードの世界や日本での成りたちや、どんな商品があるか、またどんな特徴があるか、認証や提携マークなどを話し、質問を頂きました。

★今日も出会いがありました!
ある会社の方が、仲間と環境の映画を見てフェアトレードのコーヒーを飲むなどの集いを計画しているということです。そしてそれらの動きを会社CSR(企業の社会的責任)の動きにして行きたいとのこと。嬉しいです。
企業も本来社会に貢献するのが有るべき姿と言われています。フェアトレード団体はCSRの最たるものではないかと長坂先生(「日本のフェアトレード」の著者)は言ってみえました。

★看護学を教えてみえる先生ともお話ができました。
「次世代への影響を考えながら、自分の今の生活を見直す。
胎児の健康、次へと続く命を守るために重要なことです。母子保健を教えています。
教員として、微力ながらも本日教わったこと知ったことを、伝えたいと思います。私も先日同じようなこと言いました。あの時は食生活でしたが。」と振り返りシートに記されていました。

★他の振り返りシート紹介します。
「安いモノを買うコトが自分だけでなく、未来の子供達に迷惑をかけている視点が新鮮でした。ついつい安いモノに手が出てしまう自分のイシキを変えて行くコトが大事で、どうやっていくか考えます」

「久しぶりに、世界と自分との関わりについて考えることができた。同じ関心を持つ人に出会うコトができた。ありがとうございました。」

「あまり国際協力といきごまず、日々の買い物にフェアトレードを自然に取り入れてみようと思いました。
作った人のことを考えてモノを大事に使うようにになり、フェアトレードすごく時代に合っている再確認しました。どうもありがとうございました。」

他の紹介も機会を見てします。
話す機会を頂くごとにもっと勉強しなければ!と思います。それと参加者を眠らせないためのセミナーも受けたのに、やっぱり眠っている人が見えました。

私自身、30分も座って話しを聞いていたら確実に寝ます。でもいつか講演で、「寝てもいいですよ。ここにいるということが大事です」とキヨ・ササキ・モンローさんは言いました。随分私と内容は違う話ですが、そんな考え方もあるのだと今でも、自分が眠ってしまった時には思いだします。
眠りのコンサートというのもありました。実際気持ちよく私は寝て、演奏者が終わって拍手にお辞儀しているところで、拍手の音で目が覚めました。今は亡き宮下さんのコンサートでした。

「名古屋市は環境都市」なんですね~

2009/11/27

今日は、名古屋市の環境都市推進課におじゃまして4人の方とお話をしてきました。「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」の思いを話し資料も届けてきました。ESDの話も含め、教育に携わる人への環境教育が大切だということも話題になり、一つ一つ行動を積み重ねて行くことも大切と課長さんは話されました。

名古屋市は、環境都市宣言を数年前にしたということですが、私はあまり意識がなく、「そうですか……」という感じです。それは市民の意識のもりあがりから生まれた宣言ではなかったのかも?しれません。18年と聞いたけれど….と思い、HPで調べていたら環境都市の情報は見つからず、健康都市の宣言のことが書いてありました。

健康都市宣言「そうなの~……」とまた思いました。食は生きる基本だからとても大切なことだと思いますが、果たしてどれだけの市民がこの宣言をしているということを意識をしているでしょうか?

行政に関心のあまり無い私だったのです。でも、今は違います。やっぱり一緒になってやっていかなければ変化はないという思いです。一人一人の認識と行動がなければ、社会の変化はない。もっと行政とつながりましょう!

個人でも「○○宣言」といってから行動する手もあります。
目標は「名古屋をフェアトレード・タウンにすること」、でもその目標点=宣言そのものではなく、その過程を大切に思っています。

目標にむかって、世界の事に目を向け、環境問題がいかに差し迫った問題であるか、いかに人権侵害をしながら私たちの生活が成り立っているかを知ることから生活を変え、買い物から環境も人権も守る事が可能だということを、フェアトレードを通じて伝えて行きたい。

「コーヒー」一つとっても、森林を破壊するコーヒーか、生産効率は悪いけれど生物多様性の森で大切に育てられたコーヒーか選ぶのは消費者一人一人の行動です。

市民の思いが熟した時に初めて

★「フェアトレード・タウン名古屋」★

と宣言しましょう! それまで月が何度も欠けては満ちるように、繰り返し繰り返し、ひたひたと運動を起こし、まん丸の満月が空に輝くようにある日宣言する日を夢に描きます!

千成小学校にて 国際理解教育ワークショップ「チョコレートの来た道」

2009/11/26

名古屋市中村区の千成小学校6年先生73名参加、「チョコレートの来た道」のワークショップからフェアトレードのことをお話する機会を得ました。

このワークショップのねらいは、
(1)チョコレートがどこで、どのようにして作られているか知り、南北格差の問題に目を向ける
(2)チョコレートが大量生産される裏側に、児童労働の問題があることを知る。
(3)世界の現状を踏まえ、自分たちができることを考える。

★アイスブレーキングで、わいわいはじめ、5人グループを15作り、チョコレートの材料ができるところ、食べている国を地図のうえで確認して、作っている国と食べている国の違いを考えました。

★チョコレートができる過程も、木のなっている写真、カカオの実の写真、チョコの原型のようなもの等の写真で流れを考えました。

★「チョコレートを知らない子どもたち」の話をして、新聞に掲載されたカカオ農場で働く子の写真をみせました。その写真の男の子(カカオの実を取りだしている)の名前をコート君(コートボジワールから取りました)としてみんなが彼あてに呼びかけ手紙を書きました。
FT絵本

★フェアトレードの絵本「お買い物ちょっと考えてみて」をみんなで読み回ししました。
「ねえ、みんな何かを買う時に、だれが作ってくれたのか、考えた事ある?」から始まるこの本は、ピープル・ツリーの代表サフィア・ミニさんの長男ジェロームが7歳の時、途上国の子どもたちやその家族、そして彼自身の家族について感じるところを言葉にしました。葉翔明さんの美しい絵と、南インドのストリートチルドレン達の描いた絵が対照的にならび、この世界から搾取をなくす為に、何ができるかを問いかけている絵本です。その彼も今は高校生くらいになっていると思います。

★最後に、南米の先住民に伝わるお話「私にできること」というクリキンディという”はち鳥”の話を読み、みんなでそれぞれで「私にきること」を書きました。

以下はみんなが書いた手紙から
「コート君へ、チョコ食べた事がないなら送ってあげるよ~」という子どもらしい心つかいや、「….こんなつらいことを子どもがして、チョコが作られるなんて….。大人ってひきょうだよね……。」と奴隷を解放してと願うという子。
「学校へも行かずにがんばってくれている子がいるなんて知りませんでした。私と同じくらいの年の子どもがはたらいているなんて…..。だからこれからは、できることからはじめてみます。だからまっててね。にこにこマーク」みんな一様に驚いた様子が手紙からうかがえます。

世界に目をむけることが、足下の暮らしを見直す事になります。きっと今晩はお家で今日聞いたこと話しているでしょう!
FTチョコS
                        フェアトレードのチョコレート

・フェアトレードを選んで買うこと
・作った人の事思いうかべ、感謝して食べること
・兄弟や家族、友達に話すこと
などみんなが書いてくれました! みんな2時間しっかり学びました。

「地球を落とさないゲーム」は結構盛りあがりました。ビーチボールの地球をぽ~ん、ぽ~んとみんなで数を数えながら打ち上げます。協力しあわないと落ちてしまいます。

さ~、未来に責任ある私たちのできることは???

コート君への手紙ははこちらから

私にできることはこちらから

11月14日「フェアトレード・タウンで街おこし!」のアンケート

2009/11/26

11月14日フェアトレード・ラベルジャパン事務局長中島佳織さんの講演とフォルクローレのアンケートをUPしました。http://www.gaianokai.org/kikakuhoukokuitirann.html

サフィア・ミニーさんと話してきました。

2009/11/25

昨晩11月24日はピープルツリーの表参道店でケニアのフェアトレードの生産者団体メル・ハーブの二人の話を聞きました。ハーブティ-やジャムを作っている団体です。内容は後日風”sのHP「風のたより」で報告する予定です。

今日25日はピープルツリーの展示会がありました。来年の秋冬の予約注文をするための会です。ちょうど一年前の展示会で、全国の小売店十数店が集まり、フェアトレード・タウンのことを話し会いました。みんなで「タウンにしたい!」と手をあげようと呼びかけられ、私は「そうか~、手を挙げることなら私にもできる….」と思いました。こころと思いがぱっと開きました。

それからが、求めれば与えられるように、次々と情報が届き、勉強にもでかけ、どんどん動いて行く私がいました。ちょうど一年たって大きく変化していることを今日改めて感じました。
コミュニティがあればこそ広がるフェアトレード。いかにコミュニティの復活が地域でできるかが鍵だと思います。
そしてじわりじわり一人一人に手渡されるフェアトレードをイメージしています。

代表、サフィア・ミニーさんとは7月30日中学生の娘さんナタリーさんと一緒に講演した、バングラデシュの衣料品産業の話を聞いた時以来でした。
ナタリーさんは、10数年前赤ちゃんの時に名古屋に来たことを思い、私は月日の流れを思い感慨深いものがあります。この時サフィアさんの夫も一緒に4人で取った写真は私のいままで仕事を続けてきた記念です。

今回、6月7日以来動いている名古屋の話もしました。「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」を応援してくださるということです。

「小学校で国際理解ワークショップ」

2009/11/23

11月26日千成小学校で国際理解教育のワークショップを行います。
~チョコレートの来た道~を6年生のみんなと一緒に考えてきます。

ねらいは、(1)チョコレートがどこで、どのようにして作られているか知り、南北格差の問題に目を向ける
(2)チョコレートが大量生産される裏側に、児童労働の問題があることを知る。
(3)世界の現状を踏まえ、自分たちができることを考える。

★児童労働は2億1800万人と言われています。ただし、子どもの仕事と児童労働とは違います。以下はhttp://www.huzu.jp/html/tayori_144.htmlより
■子どもの仕事=Child work
 子どもの年齢や成長の度合いに見合っていて、子どもの健康的な成長を助ける仕事、責任感や技能を身につけられる仕事をさします。
■児童労働=Child labour
 世界の子どもが7人に1人が働いています。
 教育や遊びなどの機会を奪うような仕事、子どもの体や心の健康的な発達をさまたげるような仕事をさします。

バレンタイン企画「子どもたちに伝えるフェアトレード」

2009/11/22

バレンタイン企画「子どもたちに伝えるフェアトレード」
大人も思わず楽しめる ワークショップ ~チョコレートの来た道~

★日時 2010年1月23日(土)14時~16時
★会場 ウィルあいち2Fセミナールーム3 名古屋市東区上竪杉町1 名城線市役所駅2番出口東へ徒歩10分
★参加費 親子ペア1200円・大人のみ1000円・子どものみ(小学生~中学生)500円 当日は+300円
フェアトレードのお話サロン
(フェアトレードチョコ付き・大人にはマイカップお持ちの方にコーヒー)
★定員 30名(要申し込み)
★要申込 052-962-5557(T&F)(月休み) フェア・トレードショップ風”s内 huzu@huzu.jp (@は半角@にして下さい)
★主催 GAIAの会・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 
★内容 世界で最も愛されているお菓子、チョコレート。 美味しいチョコレートは、どこからきたの? 美味しいチョコレートに隠されている涙とは? 子どもたちに、つながる世界、つながる命のことをフェアトレードを通      じて伝えたい企画です。
フェアトレードの美味しいチョコレートを試食しながらティータイム。 大人の方はマイカップを、お子様はお茶をご持参くださいね。 フェアトレードのコーヒーとチョコで世界のみんなの幸せを願う ティータイムです。

予告
★第48回フェアトレード入門講座
 1月9日(土)10時~11時半予定
 定員5名 要申し込み 500円
 マイカップ持参
★1月31日(日)9時~12時半
  国際理解ワークショップ
  「名古屋をフェアトレード・タウンにしよまい」その1   定員30名 要申込 500円
         次回その2は 2月21日(土)
★5月15日「日本のフェアトレード」著者長坂先生講演  フォルクローレのコンサートもあります。
フェア・トレードとは、対等なパートナーシップにより、発展途上国の人々が自立できることを目指した貿易です。
GAIAの会・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会は、バレンタイン企画としてチョコレートから世界の平和を考えたいと思っています。

*****************************************
GAIA(がいあ)の会/名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
フェア・トレードショップ 風”s(ふ~ず) 内 土井ゆきこ
052-962-5557(T&F)(月休み)
http://www.huzu.jp/  huzu@huzu.jp (@は半角@にして下さい)

「フェアトレードってな~に?~高い?安い?モノの価値~

2009/11/21

「あいち労働学校」の講座に呼んで頂きました。愛知県労働者学習協議会が開く働く人の為の学校です。いろんな職業の人たちと学び、語り合って楽しい学校にしようとよびかけています。103期だそうです。20数名の参加、18時半開始。熱田区の労働会館本館にて。
今回は「フェアトレードってな~に? ~高い? 安い? モノの価値?」という題で
チョコレートにまつわる児童労働の話、その関連でインドのアクセサリーを作る工場で働く子ども達の話、フェアトレードの特徴やマークの話をしました。そのあと、フェアトレードの紅茶やお菓子を食べ飲みしながら3つのグループに分かれて40分ほど討論。

・フェアトレードの情報が少ない。どこで買える?
・フェアトレードは特別な活動のイメージを持っていた。
・本当は安く買えるのに、高く買っているというイメージだった。
・本当に適正な賃金が支払われているのかな?
・いいと思ったものでないと買えない
・森の中で作ったコーヒーは本当に美味しい
・安い品のなかでフェアトレードの品は本来あるべき姿ではないか!
・大企業の華々しい光に,暗い陰を感じる

今日初めてフェアトレードに出会った人もいました。「名古屋をフェアトレード・タウンにしたい!」と話もしたら「生涯教育センターの講座でできると良いね」と助言をしてくださった方が見えた。

今年7月に東区生涯教育センターで招かれて講座を持ちました。緑・天白も大分以前に話をさせてもらったことはあるけど、一度お願いしてみようと思う。国際理解教育のワークショップで「貧困」問題から入って、「どうしたら良いか?」考えてみる。自分だったらその貧困からどう脱出できるか考えてみる。そんなワークショップあちこちで開いて見たい。

「商店街とフェアトレード」

2009/11/20

名古屋市西区円頓寺
http://www.kinsyachi.com/view_mall.cgi?m=v&d=04027
i-cafe 妙真寺 の町田さんから今朝電話を頂きました。名古屋をフェアトレード・タウンにするため、商店街とつながれないだろうかと相談をしたところ、商店街の会合に資料を持って行ってくださるということでお願いをしていました。

フェアトレードを扱う事で、他のものを排除しないか? なぜフェアトレードが商店街の町おこしになるのか? 確かにその答えはこれからで、今それを探っていく途上にあります。

私たちの生活は、地球上で深く世界とつながり、また様々な命のつながりの中で生かされています。フェアトレード(公正貿易)のチョコやコーヒーなどいろいろな品からつながる世界を見る事ができます。「顔の見える貿易」とも言われています。
たまたま先進国に生まれ、今、享受しているこの豊かさが、誰かをまたは何かを犠牲にしているとしたら、そして今私たちはそのことを知ったなら、考え、どのような世界が望ましいのか想像し、行動しなければならないでしょう。

★2000年に世界で始めてフェアトレード・タウンを宣言したイギリスの人口5千人の小さな街、ガースタングでの話……………
当初は一部の教会でフェアトレードのコーヒーを扱う程度でなかなかひろがりませんでした。
その活動を広めるなかで、フェアトレードは開発途上国の生産者だけの問題ではなく、地元の生産者もまた適正な価格を得られずにくろうしている現状に気づき、地域の商店街や会社を一軒一軒訪問し、途上国のフェアトレード商品と、地元の生産物の両方を応援してもらうよう説明して回った。
(フェアトレード・ラベル・ジャパン「フェアトレードを選ぼう!」のパンフレットより)

地域とのつながりなくしてフェアトレードが広がることはないことに私自身が今回の名古屋をフェアトレード・タウンにしたいと思いはじめ、初めて気づきました。
地域のいろいろな問題に取り組んでいる方々にも、世界とつながっている暮らしに思いを馳せ、その思いが循環し、世界と地域がつながって行きたいという思いから今回、名古屋をフェアトレード・タウンにしよまい!と呼びかています。
行政に、企業に、商店に、NGO・NPOに、学校に、市民の方に!

☆1日24000人が空腹で餓死しています。(ESD読本より)

「ESDって?!」

2009/11/20

今晩 EPO中部 にて(2009年11月19日)
「ESDの魅力お伝えします~未来社会をつくる教育実践~」
阿部 治氏(立教大学社会学部教授・特定非営利活動法人ESD-J代表理事)の話と、愛知県総合教育センターによるESDを取り入れた環境教育の在り方に関する研究の発表がありました。

ESDは「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」の略称です。
健全な自然生態系があって(生物の多様性と循環)、そのうえに健全な社会・公平な社会が築かれ、手段としてその社会を維持していくための経済がある。「環境」「社会」「経済」は、同じ重みではなく、健全な自然環境が 整って初めて、社会、経済と成り立っていく。日本は持続可能なビジョンが持てていないということです。確かに。

この会合に参加したきっかけは、名古屋をフェアトレード・タウンにするための助言を求めて話しをしていたNIED国際理解教育センターの伊沢令子さんに初めて聞いたことにはじまります。それまで全く知らず、この会合でそのことを述べたら、フェアトレードのことに関わる私が知らないことに驚かれました。伊沢令子さんには、2010年1月31日から始まる3回連続講座「名古屋をフェアトレード・タウンにする会」の為のワークショップのプログラム作りをして応援してくださいます。

ESDもフェアトレードも共通することはとてもあります。切り口が私はフェアトレードであることで、つまり真理は一つで、いろんな切り口があるということです。教育を主眼にしたESDも同じ方向を向いて動いているわけです。先生方の取り組みにおおいに期待し、連携していきたいと思います。
また今日主催のEPO中部所長の新海さんにも、「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」のアドバイザーを以前、お願いしたところ快く引き受けて頂きました。動けば動くほどにつながる日々です。

Search