‘イベント報告’ カテゴリーのアーカイブ

2月16日(土)エコラップ作ってみました!:豊田市野入町 民家カフェ「風の庭」にて

2019/02/17

基本ラップは使いたくない

使ってほしくない。

蓋のある容器に入れたり、野菜は新聞紙に包めばいい。

エコラップ講座が広がることで

すこしづつでも使う回数が減っていったらいいと思う。

この講座を開きながらプラスチック問題をしっかり考えていく機会にしたい。使用する蜜蝋のこと、フェアトレードのオーガニックコットンのこと、話題はいっぱい。

海は私達の命の根源。その海がマイクロプラスチックのスープだなんて信じられない!! 今から、今この時から土に帰る素材で暮らしていきませんか!

2月16日(土)エコラップ作ってみました!:豊田市野入町 民家カフェ「風の庭」にて

大人2人に子ども4人

環境問題にも関心のある若いお母さんの参加

蜜蝋・松脂を湯煎してホホバオイルも

 

クッキングシートの布の大きさに湯煎した蜜蝋をながす

 

布の上に蜜蝋を内側にしてのせ上からアイロンがけ

 

冷めたらはがす

【注意点】水で洗い、酢の物は避ける。冷凍にもむかない。

次回は4月に名古屋市中区で開催予定。会費は1500円で

フェアトレードのオーガニックコットン布23センチ四方使用して、で環境問題のこと話ながらフェアトレードのお茶お菓子を頂く予定です。

*************************
フェアトレード・ショップ風”s 正文館店(ふ~ず しょうぶんかんてん)
〒461-0015 名古屋市東区東片端町49正文館書店本店2F
052-932-7373 T&F(月休み、12~18時営業)
 HP : http://huzu.jp/ 
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)
090-8566-2638  huzu■huzu.jp  (■は@) 土井ゆきこ

 

2019年2月12日(火)「フェアトレードのスパイスと自然栽培の素材を使ってカレーを作ろう!」旭桃記念館 ちたゆたか主催

2019/02/17

知多の自然農の団体「ちたゆたか」さんと昨年のチョコに続き コラボ開催でした。

・参加者はお子さんも含めると20名弱。カレーだからか平日にも関わらず男性の参加も ちらほら。夫婦で参加のかたも。

・自然農のお野菜いっぱいの野菜カレーを2種類作りました。
大きな違いはココナッツミルクの有無です。
ネパリさんのカレーでトマトなしは初めてでしたが 美味しく出来ました。
その代わりドライトマトやドライいちじく、リンゴ!も 投入したりしました。

・自然農の団体さんらしく自分なら普段捨てているような 野菜のヘタや葉も栄養があると細かく刻まれていました。 ごぼうの先の毛も洗えば大丈夫みたいです。

・妊娠で市販のカレーを最近食べれなくなった方も
「このカレーは食べれました」と好評でした。

・小麦粉アレルギーの方や妊娠中の女性もこのカレーは食べられる!
と召し上がって頂いてので、良かったです!
・地域のケーブルテレビの取材も当日あり、 フェアトレードやフェアトレード・タウンの話をしたら 「全然しらなかった。勉強になりました」とのこと。

2019年2月12日(火) 旭桃記念館 ちたゆたか主催

「フェアトレードのスパイスと自然栽培の素材を使ってカレーを作ろう!」講座

 案内人:角田真吾(名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会)

参加者感想

 

・市販のカレールーの油とかがいやになってきていたので、全く別物の本物カレーとの出会いはうれしかった!! 体にもうれしい効能あるスパイスをもっと食生活に取り入れてみようと思いました。(女性)

 

・スパイスから作るカレーに興味があって、思ったより簡単に出来るんだって思いました。(女性)

 

・スパイスからのカレーはほとんど作ったことがなかったので、どんな風か楽しみでした。途中、水分が多すぎたかな!?と思ったけど、最後とっても美味しくできて良かったです。たくさんの野菜が食べれて良かったです。ありがとうございました♥(女性)

 

・いつもスパイスは粉末のものを使っていましたが、ホールで使うと香りが全然違ってびっくりしました。香り高く、とてもおいしいカレーができて幸せでした。そしてカレーの包容力のすごさ(笑)どんな野菜を入れてもスパイスがまるーく包みこんでくれました。スパイスをもっといろいろ取り入れてみたいです。フェアトレードへの関心も高まりました。ありがとうございました。(女性)

 

・フェアトレードの事を知らなかったので、くわしく話が聞けて、すごく勉強になりました。調理実習も色々な野菜がカレーに合う事がわかり、美味しく楽しく、とてもいい時間をすごすことが出来ました。(男性)

 

・現在、売る側の方に偏って、責任が大きくあると考えられているかと思います。しかし買う側にも責任があると考えるのも必要だと思います。特に生産において、どのような労働力を使用しているか、知らせる義務、知る義務があると思います。そうすることにより、これまで価格、品質、だけの基準で販売、購入をしていた価値観を変化させ、もう一つ新しい価値観が加わると思います。歴史を振り返った時、いたる所で同じ様な構造があるかと思います。もうそろそろ新しい価値観を知ることが必要だと今日来て感じました。(男性)

 

・午前中のお話はうかがえずじまいでしたが、地元農家、零細の生産者さんを応援することは元来の日本人の生き方であり、自給率を上げることにつながると、たくさんの方に思い出してほしいです。 たくさんの方に、美味しい野菜を感じて、知って頂けたのでしたら幸いです。(男性)

2月10日(日) フェアトレード寺小屋 3名参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2019/02/11

2月フェアトレード寺子屋は
「バングラデシュの生産者〜伝統技術ノクシカタを見てみよう〜」

バングラデシュ🇧🇩と言えば日本とそっくりな国旗ですよね🌟本当に日本の日の丸を参考にしているのです!

そんな日本との関わりをもつバングラデシュには、とっても素敵な伝統技術、ノクシカタ刺繍があります!母から娘へつなぐ、女性たちの仕事です。

【日時】
偶数月の第2日曜 10時5分〜フェアトレード寺子屋
(奇数月は フェアトレード入門講座)

2月3日(土)手仕事DAY「ノクシカタ刺繍」:フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2019/02/11

2月3日(日)

手仕事DAY「ノクシカタ刺繍」感想

 

久しぶりに手芸をしました。バングラデシュの手仕事から、日本の着物文化・戦時中の刺し子の意味まで手芸をすることは文化をつなげること、母から子への愛をつなげることだなと感じられる2時間でした。(30代・女性)

 

人と一緒におしゃべりをしながら作業をするのはとっても楽しかったです。(女性)

 

縫い方は単純でも、それでも縫い手によって個性が出るのがたった四人でも分かった!そして、あーだこーだ言って刺繍をしながら話すのは楽しい!日曜の朝に心がほぐれました~~。(20代・女性)

2月3日 みんなでカカオから”本物”のチョコづくり 5名参加

2019/02/11
2/3(日) 13:30〜16:00@ウィルあいち料理スタジオ(名古屋市東区上竪杉町1)
主催:コーヒー同好会
★みんなでカカオから”本物”のチョコづくり
『私もチョコ職人弟子入り!』ワークショップ(http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=14950
         私もチョコ職人 弟子入り!!
                  ゆるいバージョン。
フェアトレードのカカオマス、ココアバターからみんなでチョコをワイワイ作って
贅沢カフェタイムしました~~~~!

感想

・初!本物のホットココアに感動!スパイスが体によさそうで冬にぴったりでした。手仕事でやることの大切さや、チョコ作りを通じて自然の恵み&歴史を、手・香り・味など五感で感じられたことがとっても良かったです!ココナッツミルクチョコレート&ドライパイン最高!くろちゃんのコーヒーもとってもおいしかったです!香りに癒されました!!(20代女性)

 

・チョコレートになるまでの工程がとても大変だということが実感できました。一粒一粒味わって食べたいものだなぁと思いました。(40代女性)

 

・カカオニブをはじめて食べました。思ったよりマズくはなかったけどチョコの味とはほど遠いかな・・・。ふだん何気なくチョコレートを食べていたけど、こんなに工程があるとは知らなかった。また、チョコレートは買ったりもらったりするものだけど、手作りをするのが楽しかった!もっと生産者の方にも還元される仕組みがふえたらいいなぁと思う。コーヒーもおいしかった!(30代女性)

 

・おいしいチョコありがとうございました。寝かして食べるのも楽しみです。チョコレートの作り方がよく分かり、大切に食べないと・・・と思いました。(30代女性)

 

・カカオニブから作ったスパイスのドリンクがおいしかったです。チョコレートは、日々の疲れをとってくれる私にとってなくてはならないものなので、チョコレートができるまでの工程を知れて、チョコレートのおいしさの秘密がわかりました。人に環境にやさしいチョコレートが流通してほしいです。2月のさむい季節にあたたかい気持ちになりました。(30代女性)

2019年1月19日も~やっこシネマカフェ  4人参加

2019/02/11

スロー・シネマカフェとは

カフェで、集会室で、地域で、劇場で。
みんなで観る。感じたことを隣の人と話してみる。
その「場」を共有することで生まれる「つながり」が、新しい時代を創る!
あなたも自分の暮らす、働く、集う地域を拠点に、世界に一つの「スロー・シネマ・カフェ」を開いてみませんか?

ということで開催してきました。

なふたうんの企画としてはすでに20数回、かって東区の民家カフェ「風の家」で開催してきましたが、昨年からオープンした稲武/野入の民家カフェ「風の庭」にて「スロー・シネマカフェ in 風の庭」で新たに再開し3回開催。

そして今年からフェアトレード・ショップ正文館店にて、「も~やっこ・スロー・シネマカフェ」は本日新スタート。隔月の奇数月の第3土曜日午前中にて開催予定。

第1回もーやっこシネマ
記念すべき第1回目は、サティシュ・クマールの『今、ここにいる未来』 4名参加(+ファシ岡本)
上映後の交流タイムより...
・「時間は無限にある」のに、ないように思わされている。時間は買うものになってしまっている(労働時間など)。
・「怒りを堆肥に」というメッセージが身にしみた。
・情報む無限になっている。人間を助けるための機械化が、人間の仕事を奪い、今後AIへ。今よりどんなに忙しくなるのか。
・「結果をすぐ求める」。プロセスを楽しむという視点が斬新だった。
・数多ある社会問題に対し、「食べること」から始めるというのが響いた。30回噛むとパンが胃にくっつく感じも分かる。
・「歩くこと」を大切にしたい。
・観るのは2回目だが、その時々で響くメッセージが違うことが分かった。何度でも観たい!
以上。
もーやっこシネマ今後の予定
2019年
3月 川口由一「自然農というしあわせ」
5月 ファン・デグォン「Life is Peace」
7月 「カンタ!ティモール」
9月 「タシデレ!」祈りはブータンの空に
11月 スラックとプラチャー「音もなく慈愛は世界にみちて」
2020年
1月 ヴァンダナ・シヴァ「いのちの種を抱きしめて」
2月 プランイート

2019年1月13日「チョコレートの来た道(109回)」参加型ワ-クショップ 25名参加 一宮にて

2019/01/15

1月13日で15回目の「食と健康」の講座。今回は初めて海外の話にもなりました。勿論フェアトレードの製品は

農薬や化学肥料を使用しない、遺伝子組み換えも使用しないということで健康にはいい、そして作っている人、生産者のことも考えて健康をまもるし、地球の体もまもる、つまり持続可能な暮らしになるわけです。

会場は、デイケアで日頃使われている会場でしたので、参加者も中高年のかたが多く、なかには和室もあるので赤ちゃんを連れたお母さんや、若い人もちらほら参加の25名の参加でした。

アイスブレーキングは、A4の用紙に①私の好きな時間②私の好きな食べ物、飲み物、お菓子③今きなること④行ってみたい国を書き、その名刺を持ち、みなさんで互いに自己紹介し合いました。

フェアトレードもそれほどは知られていないようで、参加型ワークショップも始めてのなかでの1時間半と、

後半はフェアトレードのコーヒーとチョコで交流タイムという1日でした。

振り返りシートより(一部紹介)

*もし自分が貧困の状況にいたら、どうやってその状況から脱する?」と言われて、いい考えが見つかりませんでした。貧困の原因を作ってしまった先進国の私たちがフェアトレードをはじめ子どもたちが教育を受けることのできる環境を整えることが必要だと思いました。その一歩は私にできることをすること。フェアトレードの商品に関心を示すことですね。そして主人にも話をしようと思います。(30代女性)

*児童労働のことはYou Tubeなど見て知っていて、フェアトレードチョコも頂く事はあります。私自身自然栽培をして、こちらにも野菜をもってきているのはこのような世界がかわってほしいという願いがあるからです。自宅でGMや薬、その他、食事会(オーガニックな)をかねた勉強会を不定期に行っています。私自身アルバイト生活で貧しいです。今日は応えんしたいと思って参加しました。お金の流れのこと多くの人に知ってもらおうと考えています。(50代女性)

*自分がいかにちっぽけか。まざまざ感じさせられました。(自分のことしか考えていない)70代女性

*美味しいコーヒー・チョコレートごちそうさまでした。とっても美味しかったです。”フェアトレード”は言葉として聞き、チョコレートも二~三度購入はしたものも、その葉池にある諸々の事までははっきり知りませんでした。驚くと同時に同じ人と生まれあまりにも差があり気持が苦しくなります。普段恵まれた生活をする中で突然そのような状況に落ち入った場合どう脱出する?!と問われ…..本当に考え込んでしまいますネ! でもお話を聞き活動内容もとても心強いと思いました。明るい未来!が来ます様…..

*普段、チョコレートやコーヒー、インド綿など、楽しんだり。使ったりしていたものが、児童労働など貧困の問題の上に成り立っていることを知り、複雑な心境です。これからは買う時、その背景を考えてから選択していきます。フェアトレードについて教えていただきどうもありがとうございました。(40代女性)

*毎日何も考えずに食べていたチョコレート、飲んでいた珈琲が発展途上国の子どもたちによるふとうな児童労働によるものとは思いもせず、心が痛みます….。これから自分が出来る事を考えたいと思います。まずは酢入ること、知ってもらうこと、話すこと、広めて行動していきたい。(50代女性)


日付:2019/1/13()

時間:13:30-15:30

テーマ:チョコレートの来た道

~みんなが大好きなチョコ、甘いけれど苦い話とフェアトレード~

場所:井上内科クリニック デイケアほほえみ

住所:愛知県一宮市開明字東沼85

TEL0586-64-0003

2019年1月12日 なふたうん自主勉強会 4人参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2019/01/15

一人の医師の勇気ある行動が世界を動かし4万人以上の性暴力被害女性を治療した。コンゴ人婦人科医デニ・ムクウェゲ医師のことを映像をみながら現実起きていることを学びました。

2019年1月6日山羊革しおりワークショップ 7名参加

2019/01/15
②1月6日「新春!塗り初め 山羊革しおりづくりWS」@風”s正文館店内   参加者7名
参加者のほとんどが山羊革商品を普段より愛用!でも製作工程は知らないと参加くださいました。
一つの商品からみえる、その土地の歴史。クロームなめしを行っている地域の環境被害。
手間はかかるけれど環境に優しい工程でつくられた植物性タンニンなめしの革。その質感を実際に触れながら、
生産者の方が使っているのと同じ布筆を使い、自分だけのしおりに仕上げました。みんな違ってみんないい!
<感想>口頭のみ。難しかった。生産者さんの気持ちが分かった。など。

2019年1月5日「チョコレートの来た道」108回目 参加型ワークショップ 6名参加

2019/01/15
①1月5日「チョコレートの来た道WS」@ウィルあいち あいちNPO交流プラザ小会議室
参加者6名
フェアトレードに興味があり、今後なにか行動がしたいという方を中心に集まってくださいました
年明け早々の開催で申し訳ないという思いがあったので「2019年、良いスタートをきれた」という感想を頂きうれしかったです。
日々の生活に流されてしまいがちですが、無関心にならないよう皆さんと刺激を与えあう一年にしたいと思います。
■振り返りシート
*いつもお店で何気なく見ているチョコレート、そのチョコレートから考える世界の事。自分の目線の狭さを感じて、何かここにいる意味があるのかな?と考える良い時間でした。話を聞くのも、行動しているということなのかなと思えました。(女性)

*文化的暴力、構造的暴力、直接的暴力があることを知り、私たちは文化的暴力(無関心とか)でひそかに関わっていることが分かりました。児童労働にもひそかに関わっているので買い物とかで気をつけたいと思います。(男性)

 

*”フェアトレード”という活動の背景に、平和の問題、貧困、環境など様々な事が繋がっていることが分かった。しかし、たくさんの事を一人で考えたり大きなアクションは起こせないので、まずは半径1mから行動しようと思う。お買い物は地元のものを、又はフェアトレードのものを選びたい。(女性)

 

*児童労働、子供兵士(訂正=児童労働)が世界に1億人以上もいること、よく食べられているチョコが児童労働でつくられたかも知れないものであることが衝撃的でした。また、コスタリカの平和憲法の「軍隊より教育を」の発想はすばらしいと思いました。日本も平和憲法で誇りを持っていたけど、コスタリカほど国家予算を教育(平和面)に回しているのかと疑問に思いました(軍事費を日本は結構かけていると聞いたことがあるため)(女性)

 

*今日は2019年の第一土曜にとても勉強になるワークショップに参加出来て本当にうれしいです。良いスタートを切れた気がします。私は会社でフェアトレード商品を作って行きたいと思っていますが、今日のお話の事を引用してプレゼンに挑みたいと思います。Think Globally, Act locallyも大切で、世界のことを考えながら商品は日本の人達が必要とするものを開発などしたいと思います。文化的暴力のこともとても勉強になりました。なかなか日本では紛争地域のことを考えてほしいと言いづらさがあったのですが、「それは文化的暴力なんですョ」と言えるような気がしました。(女性)

 

*便利なあたりまえの生活ができる人は世界の約2割であることを普段時間に追われて生活していると忘れてしまうけれど、私たちの身近にあるものは誰かと繋がっていることを知って振り返ることはとても大切だと思います。障害のあるDNAによって村が守られた話は日本で知ってほしいと思う情報だなと、今日知れてよかったです。(女性)

Search