‘CSRとフェアトレード’ カテゴリーのアーカイブ

6月16日 第26回 職場でフェアトレード 三井住友海上火災名古屋ビルにて

2017/06/19

フェアトレード・コーヒー試飲は、キリマンジャロ

予約注文もありました。アフリカ工房のシアバター。これから夏の季節、キャンプに是非お供!

やけど・切り傷・虫さされなど皮膚のトラブルはおまかせ~~。

 

2月3日刈谷デンソーにて「スレイブ(奴隷)・フリー」チョコ販売

2017/02/06

CIMG1159デンソー20170203

刈谷のデンソー本社にて、昼の休憩時間を使っての「スレイブ(奴隷)・フリー」キャンペーンのチョコの販売をしました。以前は社員の人たちが出店しておおいにフェアトレードをもりあげてくださったことがありましたが、中心になった女性Kさんが退社されて、翌年は継続されたものの続かなかったようで、フェアトレード・ショップ風”s正文館店の出店となり、引き続きデンソーのみなさんにフェアトレードを紹介・販売しています。

Kさんは、大学時代にゼミでフェアトレードを勉強して、社会に入って職場で実践。そのご自分の道を求めて退社された。九鬼(くき)産業に入社したTさんという女性も、高校・大学とフェアトレードの活動をしていて、入社してから胡麻油の老舗の九鬼産業でフェアトレードを提案、企画会議に取り上げられ、5~6年前にはフェアトレードマークのついた胡麻が誕生。昨年からは胡麻油も誕生。 というようなわけで、フェアトレードを学生時代に学んだ若者たち特に女性たちが企業で活躍しています。

九鬼産業の胡麻・胡麻油は、フェアトレード・ショップ風”s正文館店で取り扱っています。

 

 

第25回 三井住友海上火災名古屋で「職場でフェアトレード」~スレイブ(奴隷)・フリーチョコ~

2017/01/20

中区にある三井住友海上名古屋ビルの地下に車で降りていくと、駐車場の係の人が「フェアトレードだね」と言う。そして受付簿に記入して下さったみたいで、許可書を持ってきてくださった。考えてみれば6年くらい通っているビルです。続けることは、こういうこと、駐車場の係の人が「フェアトレード」と言って下さるということ。一人一人に伝わっているということですね。最も、内容まではわからない可能性はありますが、言葉を知ってもらい、声に出すということはフェアトレードが広がる一歩だと思います。

第25回職場でフェアトレード三井住友海上名古屋ビル

第25回職場でフェアトレード三井住友海上名古屋ビル

本当は、会社のなかで「フェアトレード倶楽部」のようなグループができ、社内で勉強会したり、ワークショップをしたりすればもっと活気のある「職場でフェアトレード」になると思うのだけれど、なかなかそうは行かないようです。みんな厳しいにかもしれない、時間も…..。

でも年3~4回は14Fの食堂があるところで気持ちよく販売をさせて頂いています。ありがとうございます!!

-1CIMG1068

毎回、売上の一部を3・11依頼寄付をさせて頂いています。今回は2400円でした。

 

12月9日デンソー本社にて フェアトレード・チョコ販売 

2016/12/11

%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%99

 

デンソーさんとのおつきあいはかなり古くて10年以上前から、昼の休憩時間に近くの洋菓子の「パンドラ」さんと一緒に屋外や屋内で販売をさせて頂いていました。

その後、社員のなかで南山短期大学の関口ゼミでフェアトレードを学んだ女学生さんがデンソーに入社して、国際交流のボランティアに参加するなか、Xmas・バレンタイン・ホワイトデーとフェアトレードのチョコを社内で販売していましたが2年前に次ぎの道へ行くと言うことで退社。そのあとも1年はこの活動も受け継がれましたが昨年は無くなり、いままで10年以上続けてきたことで是非継承したいと御願いしたところ、総務部社会貢献推進室から快諾頂き休憩時間2時間、推進室の鈴木さんと一緒にPR販売しました。

デンソーの総務部社会貢献室鈴木さんと

デンソーの総務部社会貢献室鈴木さんと

 

 

広報ふくめ多大に協力してくださった鈴木さんは、「なふたうん」のもっとも古いメンバーのめぐり~さんと青春時代を過ごした高校時代ボート部のお仲間でした。めぐり~さんは、毎月は発行の「なふたうん新聞」編集を担当しています。嬉しい出会いと、デンソーのみなさんがとても好意的にフェアトレード・チョコを購入頂いて、土井ゆきこ自身は5~6年ぶりのデンソーでの販売で嬉しい一日でした。売上金の一部7500円も、学生さんたちのバザーでの売りあげ金の一部と一緒に「ネパリ・バザーロ」と「レスキュー・ストックヤード」に寄付をします。毎月一度風”s店頭でとりまとめて2カ所にわけて寄付をしています。2011年3・11以来続けています。

「ネパリ・バザーロ」の自然化粧品クーネは、ネパールとのフェアトレードの長いおつきあいを経験に、3・11以降東北での復興に力を注いでいるネパリバザーロが東北産とネーパール産の材料で開発しました。フェアトレード・ショップ風”s正文館店で販売しています。いかに普通の化粧品が添加物を上乗せをしているかこの化粧品で勉強しました。フェアトレードは学ことが多いです。

20161209112129%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc

 

 

9月15日第24回職場でフェアトレード~三井住友名古屋ビル14Fにて

2016/09/21

「チョコレートはまだ?」の声

「パレスチナオリーブの石けんよかった! 夫も私も皮膚が弱いけれど使って良かった」

との話、あいにくこの日はじさんせず、ごめんなさい。

次回は来年1月第三木曜日出店予定です。

「職場でフェアトレード!」 あなたの職場へフェアトレード出張販売します!第23回目三井住友名古屋でフェアトレード出店

2016/07/22

三井住友2=CIMG0193

 

2016年7月21日の三井住友名古屋ビル14F食堂前でのフェアトレード販売も23回目になりました。

ネパールカレー、ジンジャーなどのクッキー、エコブラックなど本当の美味しさにリピートしてくださるお客さまもあり嬉しいです。

 

三井住友2=CIMG0193

 

先日は、転勤になったけれどスリランカの紅茶が欲しいとフェアトレード・ショップ風”sの正文館店まできてくださった三井住友海上の人がみえました。嬉しいです。

刈谷のデンソーさんとも10年以上のおつきあいで長いのですが、まだまだ会社関係は少ないので是非「職場でフェアトレード!」希望の方はご連絡ください。

三井住友3=CIMG0194

 

売上げの一部を熊本のフェアトレード関係者に寄付します。

なふたうん新聞 2016年7月6日発行  81号

2016/07/06

なふたうんマーク


なふたうん新聞81号
Nagoya Fair Trade town→NAFTown

2016年7月6日
なふたうん新聞 2016年7月6日発行  81号クマノミ(熱帯魚)がいなくなった。姿を消した。
いそぎんちゃくとクマノミの共生が我が家の水槽で『共生』が崩れたのは今年春ごろから。
3つのいそぎんちゃくが順々に元気がなくなって小さくなって行った。
水槽のなかの世界でバランスが崩れたのだろう。
我が家の三男の大学時代、下宿で癒やしの役を果たしていたクマノミは10年以上は生きていたが今日姿を消した。
いままでいて当然のオレンジのシマシマのクマノミがいなくなった。「気がついたら、蜜蜂を見なくなった。」
そんな日がきたら4年後は人間の命もあぶないという。
農作物の1/3は蜜蜂の受粉のおかげで実を結ぶ。
イチゴ・スイカ・なす・タマネギ・アーモンド・コーヒー豆など多種類に及ぶ。メキシコのサパティスタ運動の研究をしている山本純一さん(慶応義塾大学名誉教授)の著書
「インターネットを武器にした〈ゲリラ〉 反グローバリズムとしてのサパティスタ運動」から
一部『共生』について引用します。

山本さんはメキシコのフェアトレード・コーヒー「マヤビニック」を日本での取引を始めた方で、
彼のブログのある箇所(フェアトレードに通じる)に共感して、
また5月9日に名古屋でお会いして話しを聞いてから興味がわき、著書を2冊読みました。
国内難民として豊ではある土地で暮らす、
しかし貧しいチアパスの人々のコーヒーがフェアトレードで日本へ届いているのでとても身近に感じながら読みました。

その貧しさや先住の民として虐げられた年月の背景には1992年のアメリカ大陸「発見」500年祭に対する抗議運動にもあるように、
苦渋の歴史のうえにスキーマスクをつけた顔のない〈ゲリラ〉が生まれ、
そのサパティスモの「共生の原理」は、普遍的なヒューマニティ、人間の尊厳であるという。
「尊厳」という価値感情、価値判断は、「権利」とか「平等」という社会的概念と違って、
自然と関係づけられ、尊厳は自然を畏怖、畏敬する感情、価値から生まれる。尊厳とは自然のあり方から人間が教えられたもの……とある。

自然の一部であるという生き方はどうしたらできるのだろうか?
自然の厳しさ、見事に調整された仕組みに触れる機会がない都会人に畏敬の念は生まれにくい。
自然の中へ、中へ、中へと願う。

8月9日10日は、念願の「若者のためのフェアトレード夏期集中講座」を開催します。
愛知県国際交流協会(AIA)との共催、17時~の部活動は「なふたうん」独自企画。
初日は、山本純一さんの「フェアトレードって何で必要なんだろう?」
2日目は、フェアトレード&エコショップオゾン杉本さんの「バナナボートに乗ったてるこさん」の話を聞きます。
ワークショップ・チョコ、カレーづくり、手刺繍、映画上映、ダンスなど手を使い、体を動かし、頭も回転させ、そして「こころ」を動かす2日間です! (土井ゆきこ)

ワンコインサポーターの皆さんに特典のお知らせ!
「なふたうん」独自企画で予約時申請時は100円引き
予約の際に、ワンコインサポーターであることをお知らせください。
また、当日ワンコインサポーターになって頂いた方、当日100円引きます。

□*■*7月9日(土)
も~やっこカフェ 10時~正文館2F
※変更する場合がありますので、参加の場合はご連絡ください。
も〜やっこカフェは、月に1回のみんなの交流の場
初めての方も、久しぶりに来る方も、近況を語りながら、ゆっくり話していければと思います。
是非ご参加ください。□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
8月9・10日(1泊2日)は念願の若者達へのフェアトレードの夏期集中講座も開催します!
ワークショップで楽しくまるっと2日間授業を展開します。フェアトレードという言葉は聞いたことあるけど、実際どういうものなんだろう?フェアトレード活動に長く携わってきた方々を講師にお招きして、お話を聞き ます。
講義のほかにも、楽しいワークショップや、フェアトレードチョコレートやネパールカレーづくりに挑戦!みんなで一緒に、手と頭と体を使って心を動か そう!
対象は 若者
同世代の人と一緒にわいわい学びながら、普段の生活をふりかえったり、将来のことを考えるきっかけにも。
フェアトレードについてよく知っているという方も、まだよく知らないという方も、楽しく学びのある2日間になるはず!<2日間連続講座>
【日 時】第1日目 2016年8月9日(火)10:00~17:00 / 第2日目 10日(水) 9:30~17:00
【会 場】ウィルあいち(名古屋市東区上竪杉町1)
【参加費】1,500円(各種材料費、昼食2回含む)
【定 員】原則2日間参加できる若者 30名(先着順)
【主 催】(公財)愛知県国際交流協会 ・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
【プログラム】
◆体験:フェアトレードチョコレート・ネパールカレーづくり、刺繍 など
◆参加型ワークショップ
◆講義:
「フェアトレードって何で必要なんだろう?」
講師:慶應義塾大学 名誉教授 山本 純一さん
「バナナボートに乗ったてるこさん」
講師:フェアトレード&エコショップオゾン 店長 杉本 皓子さん  ほか

8月9日は17時より部活や「19時~教えて! フェアトレード始めた訳? どんな生き方?」コーナーもあります。(なふたうん:主催)
詳しくは
8月9日10日「若者のためのフェアトレード夏期集中講座」
 宿泊申し込みは7月15日土井まで

【申込方法】
①お名前 ②年齢 ③所属(学校等) ④電話番号 ⑤メールアドレスまたはFAX番号 ⑥食物アレルギーの有無 ⑦保護者の緊急連絡先(高校生以下)
をご記入の上、メールまたはFAXにて、下記 [申込み・問合せ先] までお申込ください。
【申込・問い合わせ先】
公益財団法人愛知県国際交流協会 交流共生課 交流担当
〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-6-1
TEL:052-961-8746
FAX:052-961-8045
E-mail:koryu*aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

□*■*8月18日(木)
夏休み! 環境学習講座
参加型ワークショップ 「チョコレートの来た道」
【日 時】8月18日(木) 10:00~12:00
【会 場】あいち環境学習プラザ/ 名古屋市中区三の丸3-2-1 愛知県東大手庁舎1階
【内 容】みんなの大好きなチョコレート はどうやってできるのかな?
参加型ワークショップ、たのしく環境やフェアトレードのことが学べます。
【参加費】無料
【定 員】小学校高学年~中学生 20名(要申し込み)
【問い合わせ先】(愛知県環境部環境活動推進課 環境学習グループ
〒460-0001
名古屋市中区三の丸三丁目2番1号 東大手庁舎1階
あいち環境学習プラザ
電   話 052-972-9011
ファックス 052-972-9013
電子メール kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp

風”s新聞も発行しています。
イベント情報や生産者について
いろいろな情報が載っていますので、
気になる方は是非お店へ!
■■■■6月イベント報告■■■■
■フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店 21年めの新規開店ご案内
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16855■あいち環境プラザ展示コーナー(東大手庁舎1F) 6月6日~環境とフェアトレードの展示
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16893■6月8日  お話「カンボジアで胡椒栽培を始めたワケ」クラタペッパー代表倉田浩伸さん■6月9日 愛知県庁西庁舎10F売店にてフェアトレード試飲コーナー
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16880

■6月11日 小牧国際交流協会主催:国際理解講座フェアトレードってな・あ・に?「チョコレートの来た道」28名参加
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16853

■6月11日 ファトレードコーヒー焙煎教室9回目6名参加
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16848

■6月12日(日)「も~やっこカフェ」6名参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16900

■6月14日名古屋市立東白壁小学校PTAセミナー「チョコレートの来た道」34名参加
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16863

■ガーナのカカオ栽培の町 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2016年6月16日刊行
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16906

■6月22日名古屋市立名東高校にて「チョコレートの来た道」授業
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16917

■6月23日24日は、名古屋市西庁舎地下にフェアトレード・ショップ風”s出店
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=16922

■6月25日 名古屋文理大学の学生さん7人 フェアトレード・ショップ風”s正文館店へ

■7月2日 フェアトレード珈琲生豆焙煎教室 「シャカゴリ珈琲くぶ」■7月3日 デンソーハートフル祭り出店
なふたうんHP
なふたうんFacebook
ワンコインサポーターも募集中です!
500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたします。
ただいま223名! お申し込みは下記へ
店目標230店舗と同数目標にしています。よろしくお願い申し上げます。
名古屋をフェアトレードタウンにしよう会(なふたうん)なふたうんブログ*http://www.nagoya-fairtrade.net
facebook*http://www.facebook.com/nagoya.fairtrade

★フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店★ 21年目新規オープン!​
​​〒

​461-0015

 名古屋市東区東片端49正文館書店本店2F​

052-932-7373 

(月休み、12~18時営業)

フェアトレード・ショップ風
http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ

第22回 三井住友海上火災名古屋「職場でフェアトレード」

2016/04/25

1月21日第21回 「職場でフェアトレード」三井住友海上火災名古屋にて

2016/01/25

三井住友海上火災名古屋のビル14F食堂前にてフェアトレード出店今回で21回目。

駐車場の警備員さんもちょっと久しぶりでも覚えていてくださったようで嬉しい。

今回も以前住友海上火災にいた私に声をかけて下さった女性がいました。顔は見覚えがあっても、人も多かったのではっきり名前までは記憶になかったのが残念。

また毎回顔をだして下さるのが三男の高校時代の友達のお母さん。住友海上火災で一緒ではなかったけれど、三井住友が合併してできた会社になって会うことができた。そんな縁も頂きながら11時半~13時半まで試飲してもらいながら、2月20日の「遺伝子組換えルーレット」の映画を紹介しながらのフェアトレード展示販売でした。

チョコレート中心にみなさんに買って頂きました。

IMG_6537三井住友2

試飲は、メキシコのマヤビニックコーヒー

IMG_6536三井住友3

7月15日 第20回 職場でフェアトレード三井住友海上火災名古屋支店

2015/07/19

2015年7月15日(水) 11時半~13時半

第20回職場でフェアトレード三井住友海上火災名古屋ビルにて開催

“ネパールをフェアトレードで応援しよう!!” 価格表示は本体価格

1IMG_5447三井住友

2015 年 4 月 25 日(土)現地時間 11 時 56 分、ゴルカ郡(カトマンズより西へ 80km)を震源としたマグニチュード 7.8 の大地震は、死傷者 20,000 人を越える (6/14 現在)甚大な被害を引き起こしました。

 

日がたつにつれ、フェアトレードの重要性がましてきます。仕事づくりにつながるフェアトレード産品で、ネパールの人を応援してして行こう!

 

ミティーラアート (3600円~4100円 紙、布製)

文化も伝えるフェアトレード、「ミティーラ絵画」を紹介します。インドとネパールの国境に3000年前に栄えたといわれるミティーラ王国。そこには母から娘に伝えられた絵画の手法があり、土壁に描かれては消し、文化や生活を伝えてきました。

 

 

このすぐれた壁画の伝統は、1934年ビハール州を襲った地震の被災状況の調査に訪れたイギリスの行政官W.G.アーチャーのよって報じられていまたが、60年代後半、故インディラ・ガンジー首相ブレーンであったププル・ジャヤカール女史が、この地域の女性の

自立のために伝統壁画を紙に描くことを奨励したことから、    欧米諸国にも広く知られることとなりました。

絵画の一部分

紅茶 

(リーフ650円・ティーバッグ380円・マサラティー480円)

カンチャンチャンガ紅茶農園(KTE)のオーガニック紅茶

マサラティーは、紅茶リーフとマサラ(香辛料)が別袋なのでお好みで飲めるマサラティー。豆乳や牛乳でアイスにしてうれしいですね。

 

★コーヒー

(シリンゲ村コーヒー150850円・フェアトレードコーヒー200g950

ネパールの大自然の中で、大地のめぐみを受け、大切に育てられたコーヒーです。農薬や化学肥料を一切使っていないので、味わう人にとっても、作る人にとっても、安全で安心です。

★人気のマサラカレー 4皿分*2=540

ネパール・カレーのチキン、ベジタブル、シーフードがあり、チリペッパーなど個別に名っているのでお子様にも対応できます。夏野菜いっぱい食べられま~す!

 

試飲は、ネパールコーヒーホットです。 マイカップご持参くださいね。

 

他に

☀ 夏はオーガニックコットンのTシャツで汗を気持ち良く吸収しよう。

☀ 東ティモールのリキッドコーヒーもカフェオレにいい!

☀ 夏のアクセサリーも、貝・石など自然素材がきもちいい~。

Search