‘なふたうん新聞・ふ~ず新聞・も~やっこカフェ・ナゴヤFTユースチー夢’ カテゴリーのアーカイブ

■■■なふたうん新聞 106号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年8月1日

2018/08/01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 106号

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年8月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暑中お見舞い申し上げます。

 

7月の西日本の豪雨、下旬の台風の影響はいかがでしたか?

今回の台風進路はいつもと違う東から西への異例コース、これからどんな災害が起きるのか心配です。

環境問題は、わたしたちに果実や野菜を届けてくれるミツバチも警告しています。

稲武/野入 民家カフェ「風の庭」に咲いた蓮の花と蜜蜂→野入日記へ

蜜蜂は生態系のバロメーター、​そのミツバチの減少が問題の昨今、​受粉の働きの他、その蜜は殺菌効果他いろいろな効用があると「ひとさじのハチミツ」という本から知り、田舎くらしをはじめたゆっこりんは来春ニホンミツバチを飼うことを目標に巣箱づくりを開始しようと思っています。そのためにミツバチ飼育関係の本を読み、自然界のしくみを改めて考えさせられています。

生物の多様性

・オオスズメバチとニホンミツバチ

基本的にはオオスズメバチはニホンミツバチの絶対的な敵ではないという。オオカミとシカの関係と同じで、オオスズメバチがいないとニホンミツバチは飽和状態になるまで繁殖し食料がつきて共倒れすることになる。人がニホンミツバチの蜜を採取できるのはニホンミツバチの数が飽和状態になっていないからであり、それはオオスズメバチのお陰なのである。しかし…最近は人が自然を破壊し、ニホンミツバチから食料を奪い、死に追いやっている。また地球温暖化や農薬の被害なども深刻で体力の弱ったニホンミツバチはオオスズメバチに一掃される恐れがある。

 

「我が家にミツバチがやってきた~ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道~」高文研 久志冨士男著より

 

・オオカミとシカ

日本のオオカミが1905年に絶滅して以来はや一世紀。天敵不在で増えすぎたシカによる森林・田畑の被害の声は、日本各地で絶えることがない。

「オオカミを放つ」例として

ドイツ・ベルリン市西郊の田園地帯ではオオカミが生息、アメリカでは23年前よりイエロストーン国立公園でのオオカミ導入により生態系が回復している事例などを紹介する講演を開催している団体があります。一般社団法人日本オオカミ協会。

増え過ぎたシカやイノシシの制御はオオカミの役割とは日本でのオオカミ復活を目指して1993年に設立。

現在の対処療法、狩猟・駆除、侵入防止柵、ジビエなど等で防ぎきれない。ハンターの高齢化、ネット張りの作業やその保守管理なども大変。頂点捕獲者の復活は様々な生態系の保全に貢献する。

 

オオカミは人に対しては臆病で人目には触れない。人を襲う事は稀。「赤ずきん」などの童話は本当のことではない。日本にいたオオカミはハイイロオオカミで、日本につれてきても外来種にはならないと訴えています。「フォレスト・コールNo22」2018年7月号より

 

日本の森を守ること、共生を考える時ですね。

★今年は10月27日(土)に中部大学鶴舞キャンパスで講演会開催予定

 

環境問題はいろいろな角度から見て考える必要があります。半分田舎くらしを始めたゆっこりんはシカやサルの被害にも会い、里山暮らしのなやみが続きます。共存の仕方を学びたいこの頃です。

 

■・・・これからの企画・・・

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 ・なふたうん8月の定例会

  • 「も~やっこカフェ」8月はお休み。次回は9月8日(土)の予定

無料・マイカップ持参

近況を話あったり、フェアトレード関係の情報共有します。

どなたでも参加OK,要連絡〈変更の場合もあり〉

  • 「フェアトレード寺子屋」~ナゴヤFTユースチー夢(ム)の勉強会~

8月28日(土)10時5分~11時半

無料・マイカップ持参・要連絡〈変更の場合もあり〉

 

【「なふたうん」では、WSの講師を派遣します。フェアトレードが楽しくわかる  「なふたうん」オリジナルのワークショップは、小学校・中学校・高校~生涯学習センターなどで100回以上開催】

連絡先:フェアトレード・ショップ風”s 正文館店huzu@huzu.jp

 

 ・・・これからの企画・・・フェアトレード・ショップ風“s正文館店

・8月21日~26日まで「ネパリバザーロ展」 国内フェアトレードコスメなども紹介

ミティーラ絵画展も引き続き店内展示しています。

 

■・・・これからの企画・・・稲武/野入の民家カフェ「風の庭」にて

・9月11日(火)の予定 10時15分~スロー・シネマin風の庭

サティシュクマールの「今ここにある未来」お茶付き700円

定員:8名(3名以上で開催) (土・日・月営業)臨時休業あり

 

■・・・7月の報告・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 ☆7月3日 椙山女学園大学 フェアトレードサークル・レザミーにて

「チョコレートの来た道」参加型ワークショップ開催17名参加

7月3日椙山女学園フェアトレード・サークル”レザミー”勉強会17名参加:椙山女学園にて

 

 

☆7月9日名古屋外国語大学「現代国際学特殊講義C-1」学生65名+12名(一般聴講)77名参加 http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20001

☆7月14日 も~やっこカフェ6人参加   http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20009

 

☆7月15日~31日(月曜日は定休日)12~18時 ネパール『ミティーラアート展』開催

同時開催:生産者の紹介

7月15日~31日 ネパール『ミティーラアート展』開催:フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

ミティラー画の歴史は、3000年前にまでさかのぼります。この絵はもともと祭礼や結婚の儀式の際に床や壁に描かれ、描き手は女性に限られます。連綿と続く歴史の中で母から娘へと伝承され、近年になって紙に描かれるようになりました。独特の平面書きの手法に、ネパールの人々の暮らしが伝わる、なにかしらホットする絵画展示。

 

☆9月からの学祭、フェアトレード出店 各学校バザー準備はじまる

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20024

 

☆名古屋市立大学 滝子キャンパス 生協畑の山店にフェアトレード・コーナー設置

名古屋市立大学 滝子キャンパス 生協畑の山店にフェアトレード・コーナー設置

 

=====フェアトレードショップ風“s 正文館店と「風の庭」夏の休みのお知らせ=====

フェアトレード・ショップ風“s正文館店のお盆休みは8月11~15日

稲武/野入 民家カフェ「風の庭」 8月4日と26・27日(貸切)はお休み

お盆11・12・13日は営業します。

~街と自然をつなぐ拠点~稲武/野入(豊田市)古民家カフェ「風の庭」フェアトレード豆&自家焙煎

珈琲店オープン   http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19794  土日月営業

 

:::::名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の連絡先:::::::::

 

フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店内

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F

052-932-7373  T&F (月休み、12~18時営業)土井ゆきこhuzu@huzu.jp

                             ☆

フェアトレード・ショップ風”sHP  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 HP  http://www.nagoya-fairtrade.net/

 

7月14日も~やっこカフェ6人参加:フェアトレード・ショップ風”s正文館にて店

2018/07/15
来年の「フェアトレード・タウン名古屋を 動かす!元気な若者たちのスピーチが6月17日開催されました。http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19868
その反省と来年にむけての思いを語り合った2時間の「も~やっこカフェ」
クラウドファンディングとか、連日開催とか….積極的な意見や
横けん&なみちゃんの若い二人の意見が引き出せなかったなぁ〜という反省などあり。
来年2019年の開催は6月第3の土曜に決まりそうです。

■■■なふたうん新聞 105号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年7月1日

2018/07/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 105号

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年7月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアトレードは「どう生きるか」の出発または通過点

 

フェアトレードとの様々な出会いと進む道

・小さいころ父の赴任地メキシコでみた貧困の状況を見ていたことで、一般企業からフェアトレード団体で働き始めた女性

 

・中学生の時、牧師さんの話からネパールの子どもらは学校にも通えない現実を知って、社会人になってから学校をつくる団体を立ち上げたけれど、学校があっても経済的に通うことの出来ない親たちの貧しさ、その経済力をつける仕事づくり、結果フェアトレード団体の仕事を始めた女性

 

 

・子育て一生懸命で世界のことはつゆ知らずで暮らしていたある日知った、バナナやエビが東南アジアの人々の暮らしや健康を犠牲にしての価格で食卓にのぼっていることを知ってフェアトレード・ショップを立ち上げた人=ゆっこりんです。

 

他にこんな人も…..

・高校性の時、日本の繁栄がアジアの犠牲の上にあると知って、その道に入り、人助をしたくて人権を学び始めたが 国連の人権理事会の傍聴をしているうちに、途上国支援のつもりが、今や、日本のことがほっとけなくて日本にきて活動。秘密保護法や共謀罪、日本の表現の自由の現状を国際社会に伝えてきた、 イギリス在住で国際人権基準の研究者になり5月上旬にオランダの大学で日本の人権に関するシンポに参加。6月には再度人権理事会のためにジュネーブに行く女性。

 

いろんな場所、年代、人それぞれに出会った場面や話で人生の方向が見えてくることがあります。フェアトレードも環境・人権・平和など生活に直結する多くの問題を解決する一つの方法であり、それはフェアトレード・タウン運動で世界と地域をつなげ、一人一人の本当の豊かさや幸せを探し求めるキッカケとなります。

 

6月17日名古屋国際センターにて「フェアトレード・タウン名古屋を動かす! 元気な若者たちのスピーチ」を開催、なふたうんメンバーも10人が参加して約50名で交流や勉強をしました。長崎・大阪・横浜からの学生も参加。この日1日の講座でフェアトレードって奥深いと感じたようです。

 

最後のメッセージに「自分なりの目標をもち、自分を律して、自立して、“健康・学校や会社・家庭・地域と世界”など暮らしのバランスを心がけ、仲間と支え助け合い、社会の一員として生きる。

おかげ様”という思いを持って、世界や地域と“生かされる命”の自分とつながる“フェアトレード”は平和への道」という話でしめくくりました。

 

根をはって大きな木にな~~~れ!

以下は最後に葉っぱの形に「あなたにとってフェアトレードは?」の答えをみなさんが書きしるしたものです。

 

★フェアトレード・ショップ風“s正文館店のお盆休みは8月11~15日

 

■・・・これからの企画・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 なふたうん7月の定例会(8月はお休み)

  • 「も~やっこカフェ」 7月14日(土)10時5分~12時

無料・マイカップ持参

近況を話あったり、フェアトレード関係の情報共有します。

どなたでも参加OK,要連絡〈変更の場合もあり〉

  • 「フェアトレード寺子屋」~ナゴヤFTユースチー夢の勉強会~ 

7月はお休み

次回は8月25日(土)10時5分~11時半「フェアトレードや活動をうまく広めるには?~SNSの有効活用をみんなで考えよう!~」

無料・マイカップ持参・要連絡〈変更の場合もあり〉

  ふ~ず新聞11号発行 自然派化粧品クーネ特集 見てね!

http://huzu.jp/media/3389/

・7月3日 椙山女学園大学 フェアトレードサークル・レザミーにて

「チョコレートの来た道」参加型ワークショップ開催

【「なふたうん」では、WSの講師派遣します。フェアトレードが楽しくわかる  「なふたうん」オリジナルのワークショップは、小学校・中学校・高校~生涯学習センターなどで100回以上開催】

★7月15日~31日(月曜日は定休日)12~18時 ネパール『ミティーラアート展』開催

ミティラー画の歴史は、3000年前にまでさかのぼります。この絵はもともと祭礼や結婚の儀式の際に床や壁に描かれ、描き手は女性に限られます。連綿と続く歴史の中で母から娘へと伝承され、近年になって紙に描かれるようになりました。独特の平面書きの手法に、ネパールの人々の暮らしが伝わる、なにかしらホットする絵画を展示販売します。

場所:フェアトレード・ショップ風”s 正文館店にて(地下鉄高岳駅1番出口から歩5分

☆ソウルがフェアトレード・シティに!  7月5日~7日式典

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19900

 

■・・・6月の報告・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

☆6月9日 も~やっこカフェ 8人参加

☆6月17日第3回フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19868

☆6月23日 フェアトレード寺子屋~ナゴヤFTユースチー夢勉強会

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=1990

 

土井ゆきこ執筆書籍3冊(①~③)、5月15日発売のフェアトレードの本④紹介

①「持続可能な生き方をデザインしよう~世界・宇宙・未来を通じていまを生きる意味を考えるESD実践額」髙野雅夫編著 明石書店 (2600円+税)

②「フェアトレード・タウンの本”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」日本フェアトレード・フォーラム渡辺龍也編著 新評論(2500円+税)

 

③「希望の名古屋圏は可能か」 塩見治人他編 風媒社(2000円+税)

④フェアトレードのビジネスモデルの新たな展開~SDGs時代に向けて

長坂寿久編著 明石書店(2600円+税)

★4冊ともフェアトレード・ショップ風”s 正文館店にて取扱中。

 

       =====稲武/野入「風の庭」夏の休みのお知らせ=====

8月4・5・6日と26・27日(貸切)はお休み、お盆11・12・13日は営業

~街と自然をつなぐ拠点~

稲武/野入(豊田市)”どんぐりの湯”から車で5分

古民家カフェ「風の庭」フェアトレード豆&自家焙煎珈琲店

  http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19794  土日月(10~17時)営業

 

:::名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の連絡先:::

 フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店内

​〒461-0015 名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F​

052-932-7373  T&F(月休み、12~18時営業)土井ゆきこhuzu■huzu.jp (■は@)

☆フェアトレード・ショップ風”sHP  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 HP  http://www.nagoya-fairtrade.net/

 

ふ~ず新聞 11号 夏 クーネ化粧品特集

2018/07/02

ふ~ず新聞 11号 夏 クーネ化粧品特集

フェアトレード・ショップ正文館店は2016年6月1日に現在の東区東片端町49正文館書店本店2Fに移転、今年で3年目をむかえ、1996年以来23年目になります。

 ふ~ず新聞 2018夏号(2018.7発行第一版) (1)

7月11日~16日まで松坂屋にフェアトレード団体のネパリバザーロが出店します。今回はスパイスの特集だそうですが、フェアトレード・ショップ風”s正文館店では化粧品「クーネ」を取り扱っています。

6月23日(土)フェアトレード寺子屋~ナゴヤFTユースチー夢勉強会~3名参加:フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2018/07/02

毎月第4土曜日10時5分~ナゴヤFTユースチー夢勉強会のフェアトレード寺子屋が、フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて開催。

今回は「フェアトレード生産者を知ろうの会」でした。

クラフトエイドのカタログを見てアジアの民族の方の手仕事や歴史を学び

その後今までの風”s新聞を全て紹介し、気になる記事を2つ読んでもらって内容&感想を発表。

最後に、ナゴヤFTユースチー夢のバナー作りで、針と糸でちくちくして終わりました。

以下感想です☆

・フェアトレード商品の裏側には元々興味があったが、団体や組織ベースでしか理解していなかった。今回の講義を通してより深みの個人ベースでも理解できたら自分が商品を購入する際にまた別の感情が生まれるのではないかと思った。(社会人・男性)

・生産者×FTを考えたことで、実際に消費者に会ってみたいという欲が沸々と出てきました!もっともっと調べてみたいなぁと思いました。(生産者のバックグラウンドなど)(10代・女性)

・生産者と消費者の距離感を解消し、「無感心」から「好き」に変換させたい。
例えば商品に「ジョージさん(仮)のおいしいコーヒー」などPOPを書くなどがあるとわかりやすい。(大学生・男性)

以上、案内人はくらら(笠原綾乃)さんでした!

6月9日も~やっこカフェ8人参加:フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

2018/06/11

■■■なふたうん新聞 104号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年6月1日

2018/06/01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 104号

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年6月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。

《映画から学ぶ》6月….

夕暮れにたどる我が家、マンション住まいも多く今はそのイメージも違ってきていますが、我が家が他の知らない人が住んでいたら、どんな思いがしますか? 家族の物語がある住まいに、見ず知らずの人が我が家のように暮らしている。譲り渡したわけではなく、身の危険を感じて離れざるを得なく、他国で70年、イスラエル建国70年はパレスチナの人たちの難民になった歴史。世代も変わり2~3日で帰れると思っていた人はこの世を去ると言う年月、、そんなパレスチナの難民の人達と、パレスチナ自治区ガザの人々。5月14日の難民が故郷に帰る権利を求める抗議デモで若者たちが犠牲になっていく。

 

新作映画「ガザの美容室」を見ました。(6月23日より名演小劇場で公開)

コンクリート壁で囲まれ”巨大な監獄”と呼ばれたガザでは悲惨な生活を強いられている。

そんなガザでの美容室を舞台にした女性達のドラマ。今までとは違うパレスチナの描き方でした。

 

監督は、あえてイスラエルの占領状態として描くのではなく日常生活を描く中で、普段マスコミではあまり流されていないパレスチナ内のファタハとハマスの対立の抗争が会話のなかで、いくつかの検問所、4時間にもわたる詰問を受け通らねばならぬと話が登場。閉じ込められた美容室の外ではハマスとマフィアの銃撃戦。

 

男たちの戦う世界の他に、日常生活=夫婦の問題、親子の問題、嫁姑の問題、宗教のこと、1日数時間の電力や若者の6割以上の失業などの問題もかかえながらも、武器で戦わない日常生活を続けるもうひとつの戦いがその一場面「ガザの美容室」のなかで繰り広げられている。

 

「世界の人々は、パレスチナ人が苦しみを語ることを期待している….」男性の映画監督は語る。映画の最後にお母さんに捧ぐというメッセージがありました。

まさに女性への思いがつまった映画でした。監督のお母さんはどんな生活を息子に見せたのでしょうか?

 

この描きかたは、原爆の恐ろしさを伝える手法として映画「父と暮らせば」のように焼けただれる皮膚や、死体でうずまる川を描くのではなく内面からみせる原爆の悲惨さをみて、是非みなさんに見てほしい、平和を考えようと、私は10年以上前に「あいち平和映画祭」をたちあげたいきさつを思いだしました。1回目以降はこの映画祭には関わっていませんが引き継がれていいます。(6月17日ウィルあいちで「あいち平和映画祭」あり)

★6月24日(日)なごや国際オーガニック映画祭プレ企画 映画「武蔵野」上映

江戸時代から300年以上に亘り継承される平地林と農地が一体となった循環農業を記録したドキュメンタリー映画。地味な映画ですが。現代社会に生きる私たちが人間らしさを取り戻したいとの願いにヒントとなるような作品です

ゆっこりんの見たパレスチナの映画は、他に「オマールの壁」「ルート181」「パラダイス・ナウ」「ジェニンジェニン」「沈黙を破る」「もう一人の息子」「壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び」など…。

 

世界中の女性よたちがれ~~、日本の女性議員を増やそう!

★6月30日お話会「女性議員が増えると何かいいことあるの?」東区フェアトレード・ショップオゾンの2Fにて開催 http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19815

 

☆世界とつながるフェアトレード産品☆

パレスチナ・オリーブhttp://www.paleoli.org/のオリーブオイルや石鹸、手刺繍雑貨などパレスチナとつながるフェアトレード産品を是非お手元に。風“sにて取扱しています。

 

■・・・これからの企画・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 

★6月の「なふたうん」企画のお知らせ

第3回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ

      どなたで参加できます! 特に学校の先生方、行政の方見にきて下さい!

どなたで参加できます! 特に学校の先生方、行政の方見にきて下さい!
【日時】 2018年6月17日(日) 13時~17時30分 (受付12時30分~)

【場所】 名古屋国際センター 5階 第一会議室 (名古屋市中村区那古野一丁目47-1
【参加費】  小中高校生300円、大学生500円、大人800円 (当日参加は+200円)
【定員】  50名(先着順) マイカップ持参
【申込み・問合せ先】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2721d96a566513

【ホームページ】 http://www.nagoya-fairtrade.net/ 
【主催】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
【共催・後援】 名古屋国際センター共催、名古屋市後援(予定)

・なふたうん6月の定例会

  • 「も~やっこカフェ」 6月9日(土)10時5分~12時ごろ

無料・マイカップ持参

近況を話あったり、フェアトレード関係の情報共有します。

どなたでも参加OK,要連絡〈変更の場合もあり〉

  • 第54回フェアトレード入門講座最小人数3名にて開催
    6月10日(日)10時5分~11時半
    会費:700円(マイカップ持参)
    定員:7名まで(要予約)
    講師:穴倉綾乃
  • 「フェアトレード寺子屋」~ナゴヤFTユースチー夢(ム)の勉強会~

6月23日(土)10時5分~11時半

無料・マイカップ持参・要連絡〈変更の場合もあり〉

 

■・・・5月の報告・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 ☆5月18~20日フェアトレード団体ピープルツリーの団体紹介と展示販売

☆5月26日 5月フェアトレード月間企画 「豆乃木」杉山世子さん講演 18名参加

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19820

 

土井ゆきこ執筆書籍3冊(①~③)、5月15日発売のフェアトレードの本④紹介

 

①「持続可能な生き方をデザインしよう~世界・宇宙・未来を通じていまを生きる意味を考えるESD実践額」髙野雅夫編著 明石書店 (2600円+税)

〈普通の主婦がフェアトレードの店を始め、フェアトレード・タウン運動に取り組む〉

として13ページ土井担当。映画「おだやかな革命」(6月9日より今池シネマテークで上映)の石徹白洋品店の人のインタビュー記事も掲載されています。

 

②「フェアトレード・タウンの本”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」

日本フェアトレード・フォーラム渡辺龍也編著 新評論(2500円+税)

全国での12人による共著で、現場の運動・活動の様子や様々な工夫・成果・課題など生の情報が掲載されています。土井ゆきこも32ページ担当。

「フェアトレードタウン”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」の本がいよいよ3月初旬新評論から出版! 

街ぐるみでフェアトレードをすすめるフェアトレード・タウン運動、2005年に初めて知りましたが私にとっては遠い世界のことでした。でも歩き初めました。それは、大きなきっかけと、とてもちいさなきっかけがありました。「できない」と思い込み自分で蓋をしていたのですが、その蓋があいたのはとても小さな出来事でした。

③ 「希望の名古屋圏は可能か」 塩見治人他編 風媒社(2000円+税)

希望学とは?第3編地域文化の創生の〔生活〕のなかで

〈名古屋をフェアトレード・タウンに!〉―これまでの目標、実績、将来展望―10ページ寄稿

 ④フェアトレードのビジネスモデルの新たな展開~SDGs時代に向けて

長坂寿久編著 明石書店(2600円+税)

 

4冊ともフェアトレード・ショップ風”s 正文館店にて取扱中。

                =====お・し・ら・せ=====

~街と自然をつなぐ拠点~稲武/野入(豊田市)古民家カフェ「風の庭」フェアトレード豆&自家焙煎

珈琲店オープン   http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19794  土日月営業

 

:::::名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の連絡先:::::::::

 

フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店内

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F

052-932-7373  T&F (月休み、12~18時営業)土井ゆきこhuzu@huzu.jp

                             ☆

フェアトレード・ショップ風”sHP  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 HP  http://www.nagoya-fairtrade.net/

なふたうん新聞 103号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown2018年5月1日

2018/05/01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 103号

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年5月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月のみどり・ミドリ・緑・新緑の季節に~人と人との間に感動を呼ぶ音楽の話3話~

「エル・システマ」ベネズエラ

3月29日中日新聞、中日春秋より

『現代における最悪の病は、誰からも求められず、見捨てられているという感情だ」と言ったのは、マザー・テレサだ。この現代の病を、音楽の力で癒やそうとした人がいる。先日、七十八歳で逝った南米ベネズエラのホセ・アントニオ・アブレウさんだ

 

▽ベネズエラでは、多くの子どもたちが貧しい地区で暮らし、誰からも期待されず、自らも何の希望も持てぬまま、非行に走っていた。そんな子どもたちのために彼はオーケストラをつくったのだ

 

▽無料で誰でも学べる「エル・システマ」という音楽教育の仕組みを国中に広め、とにかく子どもに楽器を持たせ、合奏させた

 

▽下手でもいい。ちょっと弾けるようになった子が、できない子を教える。音楽が響き出せば、たとえ拙くとも、子どもたちはそこに自分が必要とされる場所を見いだす。そういう試みだ

 

▽そうして生まれた音は世界を驚かせた。心の底から音楽を楽しみ、生きがいを見いだした子どもらが奏でる新鮮な調べは、超一流の音楽家たちをも魅了し、そのオケ「シモン・ボリバル交響楽団」は、欧米で最も切符が取りにくいオケの一つとなった

 

▽二十世紀を代表する名指揮者フルトベングラーは「感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ」と語ったそうだが、アブレウさんは、人と人とを音楽でつなぐことで、感動の調べを世界に響かせたのだ。」以上 中日春秋より

 

ピースボート(PB*)は、このベネズエラ青少年オーケストラの音楽を使った教育システム「エル・システマ」との交流は2006年から交流し、今までに届けた楽器は400台を超える活動をしている。私も2008年PB乗船の時本当はベネズエラで会えるはずだったが予定の変更が多々あり寄港できなかった。2014年PB乗船の時は南アフリカの音楽グループが乗船。一緒にうたい踊りました。PBはこのグループにも楽器を寄贈しています。

*「ピースボート」=国際交流を目的として設立された日本の非政府組織、もしくは、その団体が主催している船舶旅行の名称で世界各地をめぐる「地球一周の船旅」を企画。

 

アフリカン・ユース・アンサンブル」南アフリカ

12月5日はネルソン・マンデラさんの命日  『貧困は自然のものではなく 人間が生み出したものだから 貧困は人類の手で克服し根絶できます』

南アフリカ共和国の首都・ヨハネスブルク近郊の「旧黒人居住区」ソウェトを中心に活動する音楽グループ。南アフリカが まだ、アパルトヘイト(人種隔離政策)の下にあった1984年に設立され、子どもたちにクラシックや民族音楽を教えています。

 

設立から 20年以上が経ち、現在は世界で活躍するプロの演奏家を輩出するほど、実力のある音楽グループとなりましたが、設立当初からの目的は「子どもたち に夢を与えること」。南アフリカでは、根強い差別や貧しさから、無気力になったり、犯罪に走ってしまったりする若者が少なくありません。新しいことを学ぶ 場や目標があれば、夢をもって生きることができる――そんな思いからアフリカン・ユース・アンサンブルは設立されました。

 

「カント・スール」ボリビア

2001年ごろボリビアからフェアトレード団体の第三世界ショップが、フォルクローレのグループ「カント・スール」を招聘。フェアトレード・ショップ風”sも名古屋に彼等を招聘してコンサートを開催。民族楽器のタルカを日本の小学生に伝授しコンサートで一緒に披露もしました。

今でもフォルクローレ、特にサンポーニャの楽器が大好きです。カント・スール(南の風という意味)もまた、ボリビアの貧しい子どもらが貧困ゆえに麻薬や非行に走らないように音楽を教えているグループでした。

 

音楽、歌、踊り、は世界の共通語であり、人である原点に戻れる文化だと思います。ゆっこりん記

 

■ フェアトレード・ショップ風”s 正文館店のGW営業と臨時休業のお知らせ

5月1日~8日は営業(7日月曜日も営業土井担当12~18時)

9日(水)~16日(水)まで正文館空調工事のため休みで風”sもお休みです。

 

■・・・これからの企画・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 

★5月の「なふたうん」企画のお知らせ

・5月18日~20日 風”s 4月の展示会~参加無料 

 2018 ピープルツリーNEWカタログより展示販売、ピープルツリーの前身、グローバル・ビレッジの名でカタログを発行していたころの創刊号~活動し始めた頃の珍しいカタログ展示

 

1996年創業の風”s企画ならではこその展示、懐かしさとピープル・ツリーの初心をのぞいてみませんか? 他ピープル・ツリーのスタディーツアーに参加して:土井ゆきこの話他DVD上映

 

・5月26日(土)  5月のフェアトレード月間企画 愛知県国際交流協会にて

講演「フェアトレードがしたいわけではない!?」

~フェアトレード・マヤビニックコーヒーが生み出す「人ともの」のステキな連鎖~

現場とつながる本当のフェアトレードとは?

話:杉山世子(はままつフェアトレードタウン・ネットワーク代表 株式会社豆乃木代表取締役)

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19628

 

5月12日の第2土曜日は、名古屋TV塔で

「世界フェアトレード・デー・なごや2018コーヒー・サミット」もあります。

楽しんでくださいね。

 

・なふたうん定例会、5月FT月間内はお休みです。

  • 「も~やっこカフェ」 5月FT月間中はお休み。次回は6月9日(土)
  • 「フェアトレード寺子屋」~ナゴヤFTユースチー夢(ム)の勉強会~

5月FT月間中はお休み、次回は6月23日(土)

6月

 第3回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ

6月17日(日)第3回★フェアトレード・タウン名古屋を動かす!元気な若者たちのスピーチ 於:名古屋国際センター

どなたで参加できます! 特に学校の先生方、行政の方見にきて下さい!
【日時】 2018年6月17日(日) 13時~17時30分 (受付12時30分~)

【場所】 名古屋国際センター 5階 第一会議室 (名古屋市中村区那古野一丁目47-1
【参加費】  小中高校生300円、大学生500円、大人800円 (当日参加は+200円)
【定員】  50名(先着順) マイカップ持参
【申込み・問合せ先】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2721d96a566513
【ホームページ】 http://www.nagoya-fairtrade.net/ 
【主催】 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
【共催・後援】 名古屋国際センター共催、名古屋市後援(予定)

 

■・・・4月の報告・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

 ☆4月7日     「も~やっこカフェ」

4月15日  フェアトレードコーヒー生豆焙煎教室(稲武/どんぐり工房)

4月15日稲武どんぐり工房でフェアトレード珈琲の生豆焙煎教室12名参加

 ☆4月28日     「フェアトレード寺子屋」ナゴヤFTユースチー夢勉強会

 ☆4月27日~29日 SVAクラフト春の新カタログ展示会&

29日は、絵本ワークショップ開催5名参加

4月28日SVA絵本ワークショップ 5名の参加 フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて

 

 

:::::::::名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の連絡先:::::::::

 

フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店内

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F

052-932-7373  T&F (月休み、12~18時営業)土井ゆきこhuzu@huzu.jp

                             ☆

フェアトレード・ショップ風”sHP  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 HP  http://www.nagoya-fairtrade.net/

 

■■■なふたうん新聞 102号 Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年4月6日

2018/04/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 102号

Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown■■■2018年4月6日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 土井ゆきこ(ゆっこりん)です。

 

桜が散り、木々の新しい緑の芽生えが嬉しい季節です。みなさま新年度の始まりはいかがおすごしでしょうか?

 

緑の鮮やかさが目に染むように、5月3日の憲法記念日をまえに、なぜか私たちを今まで守って来てくれた憲法が心にしみ込んできます。いままで空気のように、きれいな水のように、あってあたりまえの世界にいたのだと思う機会を得ました。

 

3月31日「オーバービーさんを偲ぶ会」で、改めて世界中の人びとが願う日本の平和憲法が私たちの暮らしにあったと思った。奇跡のように…。とはいえ実は、第2次大戦後、昭和20年(1945)10月に首相に就任した幣原(しではら)喜重郎さん初め戦争の悲惨さを経験した人々、戦争を永久に追放することを誓う人々から生まれた憲法がとても愛おしく思われたのです。

 

借り物である地球……核兵器で地球を破滅させないために……

 

この地球は借り物、先祖から受け継いだ借り物、子孫に受け継ぐ借り物、私たちの肉体も借り物、肉体が土に帰っても魂は人の心に生き続ける。地球時間からみれば、一人の人間の命はまばたく瞬間ほど。そのまばたきをどう生きるか。

 

チャールズ・オーバービー(1926~2017)さんの生き方……

彼はモンタナ(アメリカ)の田舎で学校教育は充分受けられなかった両親のもとに生まれた。空を飛びたいとあこがれ、唯一の道は空軍に志願することであった。訓練を受け、ヨーロッパ戦線に派遣された。

 

そのご褒美に大学に行く事ができ、次ぎに朝鮮戦争が始まった。召集されたので応召するのは義務であった。沖縄の嘉手納基地からB29を操縦して爆撃をした。炎の下に何が起きているのか想像することはその時はできなかった。

 

地上での肉弾戦はやっていないがそれでも心を病んでいた(心的外傷後ストレス障害PTSD)。爆弾の下の世界を想像するのです。子どもを抱えて逃げ惑う人びとのことを….。それ故に研究に没頭することで自分を癒やした。工学部の博士号をとり、人文科学を専攻し、国際的な博士号を取得。

 

そんな彼の転機は、中部大学の交換教授として日本に来ることになり、事前勉強のつもりでオハイオ大学の市民講座で「日本はどういう国か」を学んだ。そして日本の憲法九条について教えられた。彼の人生を変えた。

 

戦争はどの戦争も「防衛戦争」として始まる。「攻められる」という恐怖で「攻める」のが心理。核兵器の悲惨さを知っている日本国憲法は「核の灰の中から、不死鳥のように生まれたのが九条。『核兵器の時代に、もはやどの戦争にも勝者はない』という思想を表現している。」と言う。

 

米兵パイロットとして参戦し、こころを病み、出会った九条の理念をアメリカから世界へ広める活動をしたオハイオ大名誉教授のオーバービーさんを偲び、あらためて日本国憲法が国家に対して戦争を非合法としたことを学びました。彼の思いが人の心に生き続けていきます。

 

フェアトレードは生き方をもとめ、究極、平和な世界を望みます。

 

ノルウェーの平和学者ヨハン・ガルトゥング博士の言う「積極的平和」は戦争の原因となる貧困・格差など社会的構造をなくすことで、現在では平和学の対象領域は広がり、貧困・飢餓に加えて

抑圧・開発・ジェンダー・コミュニティ・ノーマイライセーション・異文化教育など含みます。

(3月31日お話はたかだ洋子さん、資料は杉本てる子さんより)

 

フェアトレード・タウンの本出版のおしらせ

日本フェアトレード・フォーラム渡辺龍也編著 新評論より2700円(税込み)

「フェアトレード・タウンの本”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」

全国での12人による共著で、現場の運動・活動の様子や様々な工夫・成果・課題など生の情報が掲載されています。ゆっこりんも32ページ担当しました。7年越しです。

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19541

お申込は、フェアトレード・ショップ正文館店 風”s 土井まで。風”s店頭でも販売中!

 

 フェアトレード・ショップ風”s 正文館店のGW営業と臨時休業のお知らせ

5月1日~8日は営業(7日月曜日も営業12~18時)

9日(水)~16日(水)まで正文館空調工事のため休みで風”sもお休みです。

 

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会・・・これからの企画これからの企画・・・

 

★4月の「なふたうん」定例会のお知らせ

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19631

会場:フェアトレード・ショップ風”s正文館店【無料】

  • 「も~やっこカフェ」 4月14日(土)11時~12時半
  • 「フェアトレード寺子屋」~第12回ナゴヤFTユースチー夢の勉強会~4月22日(土)朝

 

★★4月27日~29日 風”s 4月の展示会~参加無料  2018 NEWカタログより展示販売

SVAクラフトエイドのこどもたち(絵本ワークショップ開催=会費700円)

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19662

 

★★5月18日~20日 風”s 4月の展示会~参加無料  2018 NEWカタログより展示販売

ピープル・ツリーのスタディーツアーに参加して。。。 土井ゆきこの話他DVD上映

 

★★5月26日(土)  5月のフェアトレード月間企画 愛知県国際交流協会にて

5月26日講演「フェアトレードがしたいわけではない!?」

~フェアトレード・マヤビニックコーヒーが生み出す「人ともの」のステキな連鎖~

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19628

 

 

■・・・3月の報告・・・名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会

☆3月10日  天白子ども食堂にて、フェアトレードチョコづくり

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19626

☆3月11日     「も~やっこカフェ」

☆3月23・24日 納屋橋夜市フェアトレード出店

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19643

☆3月25日     「フェアトレード寺子屋」

☆3月23日~25日 シャプラニール春の新カタログ展示会&

25日は、ノクシカタワークショップ開催 5名参加

http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19658

 

■フェアトレード・タウンの本の感想

http://huzu.jp/goods/3071/

(0405 FT関係ショップ店主男性)

細かく情報が載っておりましたので、フェアトレードタウンのことがよく分かりました! つづく

(0323 山のハム工房女性)

本、届きました。 爽やかな本!と言う第一印象。 つづく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■なふたうん新聞 102号■■■2018年4月6日でした~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::ワンコインサポーター募集! 生涯会費500円:::::::::

特典:なふたうん独自の企画100円引き・毎月のなふたうん新聞メール配信

 

:::::::::名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)の連絡先:::::::::

フェアトレード・ショップ風(ふ~ず)”s正文館(しょうぶんかん)店内

​〒461-0015 名古屋市東区東片端町49​ ​正文館書店本店2F​

052-932-7373  T&F (月休み、12~18時営業)土井ゆきこhuzu@huzu.jp

フェアトレード・ショップ風”sHP  http://huzu.jp/

名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会 HP  http://www.nagoya-fairtrade.net/

 

なふたうん新聞101号  2018年3月1日

2018/03/04
なふたうん新聞101号
Nagoya  Fair TradeTown  Campaign →NAFTown

                        2018年3月1日発行101号

さんかんしおん
三寒四温
「三日間ぐらい寒い日が続き次の四日間ぐらいが暖かく、これがくりかえされること」
リズムカルに、なんだか春がくるような感じしませんか?

進んでは後退し、また進む。
春へのあゆみが一歩一歩始まるようです。
どのようなセンサーで草木の芽や花は春を告げるのでしょか?
人生も進んでは後退し、いい日のためにまた進む。
日々の暮らしも歩く速度ですごし、春を待ちたいものです。

山里にいて、木立越しに仰ぎみる青空は、やさしい気持ちにしてくれます。
梅や桃の梢の芽の膨らみ始めに目がとまると、やっぱりやさしい気持ちになります。
この季節の自然はやさしい気持ちをもたらすようです。
冬の厳しさのあとの安らぎでしょうか…..。

3月は別れの季節、出会いの季節「Hello Goodbye」ですね。
巡り合わせで生涯何人の人と出会い、また別れるのでしょうか?
鮮明に覚えている顔や姿、会いたいな~そんな思いになるのもこの頃です。

春は種まき、でも田中優さんは、4月から日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?と問いかけます。
主要農産物の種を守ってきた「主要農作物種子法」が2018年の今年から廃止されて、種は入手が困難になっていく。
種は遺伝子組み換えのものに入れ替わり、それから育てた作物しか選べなくなる。

そんな農業の大事なことが通過していく国会。
3月17日伏見の鯱城ホールにて13時開演ドキュメンタリー映画『種子(たね)―みんなのもの?それとも企業の所有物?』会費700円開催

あれもこれも気になることばかり、なんだかいい方向には一向に向いていかない。
でもあきらめないことが大切だよね。
知ったことは伝えて行く。
出来る事は行動する、いい日のために。そ
んな新しい春がスタート!!

★フェアトレードタウンの本出版のおしらせ★
日本フェアトレード・フォーラム渡辺龍也編著 新評論より2700円(税込み)
「フェアトレードタウンの本”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」
全国での12人による共著で、現場の運動・活動の様子や様々な工夫・成果・課題など生の情報が掲載されています。ゆっこりんも32ページ担当しました。7年越しです。
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19541
お申込は、フェアトレード・ショップ正文館店 風”s 土井まで。

*************************
★春新カタログ展示会3月23~25日シャプラニール」in風”s店内★
 フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
052-932-7373  T&F

(月休み、12~18時営業)

フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ
090-8566-2638
……名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会、これからの企画……

■□■「も~やっこカフェ」
3月10日(土)11時~12時半《次回は4月14日(土)の予定》
会費:無料(マイカップ持参)
どなたでも参加できます。
お茶を飲みながら、フェアトレード他の情報交換
近況など語り合いながら交流します。(要連絡)

■□■「フェアトレード寺子屋」~第11回ナゴヤFTユースチー夢の勉強会~
3月24日(土)10時5分~11時半《次回は4月28日(土)の予定》
テーマ:次回お知らせ予定
会費:無料(マイカップ持参)
定員:7名まで(要予約)
講師:穴倉綾乃

■□■3月23日~25日(日)
シャプラニール春の新カタログ展示会&ノクシカタワークショップ開催
フェアトレード・ショップ風”s正文館店にて
「2018年シャプラニール春の展示会」
特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会は
バングラデシュ・ネパール・インドなど南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動開始から45年たつ老舗NGOです。
この春の新しいカタログから商品紹介と民族衣装試着、生産者DVD上映など開催します。
詳細はこちらから
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19591

■□■「チャールズ・オーバービーさんを偲ぶ会」
日本の九条をこころから愛し、発信してみえたオーバービーさんが
享年91歳で昨年秋に他界されました。
オーバービーさんを知る人も知らない人も集って
九条の行方を、オーバービーさんの意思を学んでみましょう。
【日時】 2018年3月31日(日)10:00~12:00
【語り手】 高田洋子
オーバービーさんの日本へのメッセージの翻訳を
してサポート
【場所】 フェアトレード・ショップオゾン2F
JR大曽根南口西へ3分すぐ左
【参加費】 500円(フェアートレードコーヒーを提供します。要マイカップ。)
【定員】 15名
オゾン憲法カフェ共催
【申込】 フェアトレード・ショップ風”s 土井ゆきこ
huzu@huzu.jp

■□■第54回「フェアトレード入門講座」最小人数3名にて開催
4月8日(日)10時5分~11時半《次回は6月10日(日)の予定
会費:700円(マイカップ持参)
定員:7名まで(要予約)
講師:穴倉綾乃

■□■4月27日(金)~29日(日) フェアトレード・ショップ風“sにて
SVAクラフトエイド新カタログ展示会と絵本のワークショップ

======5月はフェアトレード月間======

■□■5月26日(土)講演会     愛知県国際交流協会(AIA)にて
「フェアトレードがしたいわけではない!?
~フェアトレード・マヤビニックコーヒーが生み出す素敵な 連鎖~」
(仮題) 講演:杉山世子(豆乃木代表)

■□■5月18日(金)~20日(日)  フェアトレード・ショップ風“sにて
ピープルツリー新カタログ展示会
スタディーツアーの話とDVD上映

=======以下申込先=======
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
​〒461-0015 名古屋市東区東片端町49

​正文館書店本店2F​
052-932-7373  T&F(月休み、12~18時営業)
フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ
090-8566-2638
http://www.nagoya-fairtrade.n

■■■■イベント報告■■■■
■■1月17日授業の椙山女学園高校2年生より感想文が届きました。
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19548■■2月5日愛知県立熱田高校フェアトレードの授業:講師土井ゆきこ
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19512■■「フェアトレードタウン”誰も置き去りにしない”公正と共生のまちづくり」の本がいよいよ3月初旬新評論から出版!
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19541■■2月6日緑区名古屋市立相原小学校5年生80人「チョコレートの来た道」案内人:土井ゆきこ
http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=19567

なふたうんHP
なふたうんFacebook
  ワンコインサポーターの皆さんに特典のお知らせ!
「なふたうん」独自企画で予約時申請時は100円引き
予約の際に、ワンコインサポーターであることをお知らせください
また、当日ワンコインサポーターになって頂いた方、当日100円引きます。
ワンコインサポーターも募集中です!
500円の申込みで、なふたうんの活動報告、企画案内などをお知らせいたします。
ただいま240名! お申し込みは下記へ
店目標230店舗を達成いたしました!!これからもよろしくお願い申し上げます。
フェアトレード・ショップ風”s(ふ~ず)正文館店
​〒461-0015 名古屋市東区東片端町49

正文館書店本店2F​
052-932-7373  T&F

(月休み、12~18時営業)

フェアトレード・ショップ風”s  http://huzu.jp/
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん) 土井ゆきこ
090-8566-2638
Search